もう、社畜しない。

サラリーマンが副業で稼いで会社やめようとする話。主にトルコリラ・南アランドなどのスワップ。

ジャクソンホールを前にどうなる?ついにドルトルコリラ(USD/TRY)3.50割れ!

      2017/08/23

ここ数週間はドル円(USD/JPY)下落、ドルトルコリラ(USD/TRY)横這い、結果トルコリラ円(TRY/JPY)下落という状況が続いていたのだが・・・

今週末(6月24~26日)に開催されるジャクソンホールを前に色々な思惑が動いているよう。

スポンサーリンク

今日はチャートから先に

ドルトルコリラ(USD/TRY)15分足

ついに!ドルトルコリラ(USD/TRY)が3.50を割り込んだ!

3.50割れは6月29日以来、約2ヶ月ぶり。

6月安値=年初来安値が3.47辺りなので、ここを割り込むといよいよ本格的にトルコリラ上昇ムードか!?

 

ドル円(USD/JPY)15分足

しかしドル円は元気がないのである。

米韓合同軍事演習での北朝鮮緊張が再び高まるのも一因であろう・・・

 

結果、トルコリラ円(TRY/JPY)15分足

ドル円の元気がなくても、トルコリラの上昇で金曜の高値を超えようと奮闘中。

 

トルコリラ上昇要因

さて、ここでトルコリラが上昇したのは何故か。特に目立った指標もなし、報道もなし。

・ドル下落からの、遅れてトルコリラ買い戻し
・ドルもユーロも期待できない

この辺の理由もあるのだろうか・・・まあ、何にせよ上昇してくれたことは万々歳。喜んで受け入れよう。

 

ユーロも期待できない?

ECB総裁、ジャクソンホールで政策の手掛かり示さず=関係筋 -ロイター 2017年8月16日

欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は、米ワイオミング州ジャクソンホールで開かれる米カンザスシティー連銀主催の年次シンポジウムでの25日の講演で、金融政策に関する新たなメッセージは打ち出さない。関係筋が明らかにした。

ECBの報道官は、ダイナミックなグローバル経済の促進というシンポジウムのテーマに焦点を当てると説明した。

関係筋は、7月のECB理事会での合意に沿って総裁は政策に関する議論は秋まで控えたい意向と明らかにした。

ドラギ総裁のジャクソンホールでの発言がECBの資産買い入れ縮小に関する議論の実質的なスタートになるとの期待がここ数週間、市場で高まっていた。

しかし関係筋は「金融政策に関する重要な講演になるとの期待は間違いだ」と指摘した。

http://jp.reuters.com/article/ecb-policy-draghi-idJPKCN1AW0SP

ECBテーパリングの起点となるかと思いきや、事前に全力否定。期待してのユーロ上昇が反落する形に。

元々ジャクソンホールのシンポジウムは学術的な色も濃く、中銀が目先の金融政策について論ずるというのは2010年、当時のバーナンキFRB議長が金融政策について説明した事からの風潮だそうで。

これが先週16日(水)の出来事。

トルコとEUは切ってもきれない関係にあるので、ユーロの下落はトルコへの資金流入に繋がりやすい。

 

ちなみにジャクソンホール主なスケジュール

8月25日 23:00 イエレンFRB議長講演

8月26日 04:00 ドラギECB総裁講演

上記はいずれも日本時間。

メインイベントがクローズ直前というのは中々怖いものがあるが・・・何か元のシンポジウムに戻ろう的なムードもあるようで、大きな波乱はなく終わる方が濃厚か。

 

まずはドルトルコリラ(USD/TRY)3.47を目指して

・・・というか、3.50割れ定着が先なのだが。

ドル円が108円だと、トルコリラが32円を突破するにはドルトルコリラ(USD/TRY)3.375

その為にも、まずは淡々と3.47を割って反転ムード醸し出して欲しいね。


トルコリラおすすめFX会社!

9月のスワップポイント付与額第一位は、GMOクリック証券

スワップポイントだけでなく、高スワップポイント&スプレッド原則2.9銭原則固定、スワップポイント引き出し可と文句なしの高スペック!

GMOクリック証券

GMOクリック証券でトルコリラ買い下がり運用開始!

もう、社畜しない。限定タイアップ!

僕もメイン口座として使用しているFXプライムbyGMO

高スワップポイントだけでなく、約定力などの面でも信頼感が厚く、自信をもっておすすめできるFX会社。

更に、このブログから口座開設&翌月末までに新規3万通貨取引でキャッシュバック+3,000円の限定キャンペーン中!

もう、社畜しない。タイアップ用

FXプライムbyGMOトルコリラ取引条件を考える

僕がトルコリラ口座をFXプライム byGMOに変更した5つの理由。


トルコリラ円運用手法、それぞれの特徴とおすすめFX会社まとめ


 - ドル他全般-ニュース