もう、社畜しない。

サラリーマンが副業で稼いで会社やめようとする話。主にトルコリラ・南アランドなどのスワップ。

2017年4月雇用統計、良好な結果で6月利上げの地固めとなるか?

   

5月5日21:30に発表された4月の米雇用統計

先日のFOMCで6月の利上げが示唆され、それを固める内容となるかに注目が集まる。

2017年5月FOMC、6月利上げ示唆でドル上昇?トルコリラ円は32円が視野に!

スポンサーリンク

結果発表

5月5日 21:30 米4月非農業部門雇用者数変化

予想+19.0万人に対し、今回+21.1万人(前回+9.8万人)

5月5日 21:30 米4月失業率

予想4.6%に対し、今回4.4%(前回4.5%)

5月5日 21:30 米4月平均時給(前月比)

予想+0.3%に対し、今回+0.3%(前回+0.2%)

5月5日 21:30 米4月平均時給(前年比)

予想+2.7%に対し、今回+2.5%(前回+2.7%)

 

 

平均時給(前年比)こそ予想を下回ったものの、非農業部門雇用者数は良好。そして失業率が4.4%と非常に良い数字が出ている。

これは6月利上げは堅いか?

 

これを受けて市場の反応

ドル円(USD/JPY)15分足

FOMCで上げて113円トライするも届かず、そして今回の雇用統計で上げようとするも燃料不足?

なんか素直じゃないというか、違和感を感じる動き。凡そ結果は見えているとはいえ、日曜日のイベントを前に色々な思惑が混じっているということだろうか。

 

ドルトルコリラ(USD/TRY)15分足

意外にもこちらはトルコリラ買いで反応。

先日の消費者・生産者物価指数指標以降、少々トルコリラが下落傾向で再び3.55付近に戻ってしまったのでこの反応は有難いところ。

 

トルコリラ円(TRY/JPY)15分足

ドル円は乱高下しつつもヨコヨコ、対ドルでトルコリラ買いということでトルコリラ円は回復傾向。

一時31.3円付近まで下落したが、このまま31.6円辺りは維持して欲しいものだ。

32円台は週明けのお楽しみでいいよ。(フラグ?)

 

この後、時刻未定でS&P格付け発表

予定されているS&Pによる格付け発表。

現在、トルコはBB(ネガティブ)ということでジャンクの上から二番目に位置付けられている。

つまり、仮に1ノッチ格上げされてもまだジャンクのまま。しかも見通しはネガティブなのでその可能性は低め。

かなりポジティブに考えて、BB(ネガティブ)→BB(安定的)への見通し引き上げ程度ではなかろうか。

そんなS6Pの発表時間は未定。

個人的には直近2回と同じように、日本時間で土曜朝、NYクローズ直前に来る気がしている。正直やめて欲しいんだけどね、このパターン。

 

日曜は仏大統領選も控えているよ

5月7日はマクロン氏・ルペン氏の決戦投票

世論は完璧にマクロン氏圧勝ムード。多分そこは揺るがないだろうけど、織り込みすぎて事実売りによって荒れる可能性も。

トルコリラと言うよりは、円に気を付けておきたいところ。


トルコリラおすすめFX会社!

9月のスワップポイント付与額第一位は、GMOクリック証券

スワップポイントだけでなく、高スワップポイント&スプレッド原則2.9銭原則固定、スワップポイント引き出し可と文句なしの高スペック!

GMOクリック証券

GMOクリック証券でトルコリラ買い下がり運用開始!

もう、社畜しない。限定タイアップ!

僕もメイン口座として使用しているFXプライムbyGMO

高スワップポイントだけでなく、約定力などの面でも信頼感が厚く、自信をもっておすすめできるFX会社。

更に、このブログから口座開設&翌月末までに新規3万通貨取引でキャッシュバック+3,000円の限定キャンペーン中!

もう、社畜しない。タイアップ用

FXプライムbyGMOトルコリラ取引条件を考える

僕がトルコリラ口座をFXプライム byGMOに変更した5つの理由。


トルコリラ円運用手法、それぞれの特徴とおすすめFX会社まとめ


 - ドル他全般-指標