もう、社畜しない。

サラリーマンが副業で稼いで会社やめようとする話。主にトルコリラ・南アランドなどのスワップ。

トランプ大統領演説&ブレイナード理事講演効果?米3月利上げ観測でドル上昇!

      2017/04/09

先日公開されたFOMC議事録では利上げは比較的近くにとしながらも両面で捉えられる内容から疑問の声もあった米3月利上げ。

2017.1.31~2.1のFOMC議事録、米利上げは近い?が、ドル下落?からの・・・

ここに来て利上げの見込みが高まり、ドルが上昇してきている。

スポンサーリンク

トランプ大統領演説は概ね好評

3月1日11:00からトランプ大統領が就任後初めて議会で演説。波乱を呼ぶかと思いきや、内容は好感されドルは上昇。

トランプ氏の議会演説「大統領らしい」、信用市場大きく上昇 -ロイター 2017年3月2日

トランプ米大統領が2月28日に上下両院合同会議で行った演説は市場関係者の間で非常に「大統領らしかった」と評価され、1日の取引では信用市場が大きく上昇した。

トランプ氏の演説は論議を呼ぶことが多いが、今回の議会での演説の論調は落ち着いたもので、移民政策などを含む選挙公約について触れたものの、具体策には踏み込まなかった。こうしたことで市場心理はマイナスに振れなかったと指摘されている。

シュローダーのシニアポートフォリオ・マネジャー、リサ・ホーンビー氏は「トランプ氏の発言が分別があるように聞こえたこと、さらに市場が好意的に反応していたインフラ(投資)や税制改革に言及したことはプラスだった」と指摘。この日の取引ではダウ工業株30種.DJIが初めて2万1000ドル台に乗せるなど、株式市場は活況を呈した。

(略)

http://jp.reuters.com/article/trump-1mar-idJPKBN1685UU

こんなこと言ったら非常に失礼だが、別の記事で「1年で政策を投げ出すようには見えなかった」といったコメントがあってハードル低すぎだろと思ってしまった。

人間の心理って下から入って上げると凄く好印象を持つように出来てるんだよね。いわゆるヤンキー捨て猫効果。トランプ氏が戦略的にそれを行っているなら凄い。

 

超ハト派のブレイナード常任理事もタカ発言

3月2日08:00、ブレイナード常任理事が『金融政策と経済見通し』について講演。同理事はFRBの中でも最もハト派として知られ、2016年12月利上げに対しても直前までハト寄りの発言をしていたのだが・・・

世界経済の回復で「早期」利上げの準備整う=ブレイナード米FRB理事 -ロイター 2017年3月2日

米連邦準備理事会(FRB)のブレイナード理事は1日、世界経済の回復と堅調な米国経済は、FRBによる利上げが「早期に」適切となることを意味するとの見解を示した。ハーバード大学での講演で語った。

ブレイナード理事は「米経済は完全雇用に近づいており、インフレ率も目標に徐々に向かっている。海外の成長はよりしっかりしたものとなり、見通しに対するリスクは以前よりも均衡しつつある」と発言。

「成長の継続を踏まえると、追加的な緩和措置を段階的に取り除くことが早期に適切となる可能性が高い」と述べた。

中国経済の復調や欧州中央銀行(ECB)の債券買い入れが奏功していることに触れ、「ここ数年にわたり、利上げの重要な『制約要因』となっていた外部環境は以前よりも落ち着いた」と述べた。

このところ、FRB当局者からは、早ければ3月中旬の連邦公開市場委員会(FOMC)での利上げ決定を示唆する発言が相次いでいる。

ブレイナード理事は、過去2年にわたり欧州の問題や中国の成長鈍化が米国に悪影響が及ぼす可能性に懸念を示し、利上げにも慎重だった。だが今回、「早期の」利上げに言及したことで、3月の利上げ観測がさらに強まるとみられる。

(略)

http://jp.reuters.com/article/brainard-idJPKBN1685TV

なんとブレイナード理事から早期利上げを示唆する発言。これはほぼ確定では・・・?との声もある。

 

これを受けて市場の反応

ドル円(USD/JPY)

3月1日明け方からグイグイ上昇。ブレイナード理事の講演後には114円超え!(3月1日にもタッチはしているが。)

 

ドルトルコリラ(USD/TRY)

2月25日頃から上昇ペースではあるが、3月1日以降も変わらずドルが強くトルコリラが弱い

1週間前はこのまま3.50割れ行っちゃうんじゃね?くらいのノリだった気がしたが、気のせいだったか。

 

トルコリラ円(TRY/JPY)

結果としてトルコリラ円は相殺しつつもやや下落。再び31円の前後を彷徨う形に。

強弱関係としてはドル>>円>トルコリラといったところか。

 

ドル南アランド(USD/ZAR)

 

南アランド円(ZAR/JPY)

一方南アランドは堅調でこの中でも上げてきている。

先の強弱関係に追加するならばドル≒南アランド>>円>トルコリラになるだろうか。

 

ある程度は織り込み済みか

利上げ利上げとは言うものの、2016年12月の利上げ時点で『2017年は3回の利上げ』といった旨の内容が含まれていたので、ある程度は織り込まれていて10円とか動くほどのものではないだろう。

もしかしたら5円くらいは動くかも・・・?これだけ騒いで据え置きだったら逆に5円動きかねないか。


トルコリラおすすめFX会社!

9月のスワップポイント付与額第一位は、GMOクリック証券

スワップポイントだけでなく、高スワップポイント&スプレッド原則2.9銭原則固定、スワップポイント引き出し可と文句なしの高スペック!

GMOクリック証券

GMOクリック証券でトルコリラ買い下がり運用開始!

もう、社畜しない。限定タイアップ!

僕もメイン口座として使用しているFXプライムbyGMO

高スワップポイントだけでなく、約定力などの面でも信頼感が厚く、自信をもっておすすめできるFX会社。

更に、このブログから口座開設&翌月末までに新規3万通貨取引でキャッシュバック+3,000円の限定キャンペーン中!

もう、社畜しない。タイアップ用

FXプライムbyGMOトルコリラ取引条件を考える

僕がトルコリラ口座をFXプライム byGMOに変更した5つの理由。


トルコリラ円運用手法、それぞれの特徴とおすすめFX会社まとめ


 - ドル他全般-ニュース