もう、社畜しない。

サラリーマンが副業で稼いで会社やめようとする話。主にトルコリラ・南アランドなどのスワップ。

2017年7月FOMC議事録、次回バランスシート縮小着手示唆・利上げ観測後退でドル下落。

      2017/08/25

8月17日03:00に発表された7月25-26日のFOMC議事録

北朝鮮によるグアム攻撃が一段落しつつあるこのタイミング。ドルの焦点は利上げとバランスシート縮小の行方に移るか・・・?

スポンサーリンク

やはり利上げ後退

FRB、インフレ鈍化懸念、動向注視で一致=FOMC議事要旨 -ロイター 2017年8月15日

米連邦準備理事会(FRB)が16日公表した7月25-26日の米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨によると、一部のメンバーは物価の弱含みが一時的であることが確認できるまで利上げを待つことを主張した。最近の緩慢なインフレ率に対する当局者の懸念が高まっている様子がみられた。

FRBは同会合で全会一致で金利の据え置きを決めた。声明では、4兆2000億ドル規模の米国債や住宅ローン担保証券(MBS)といった保有資産を縮小し始めることにますます前向きであることを示した。

一部の参加者は、インフレ率がFRBの目標に近づいていることを指標で確認できるまで利上げをしない方がよいと述べた。一方、利上げを待つことでインフレ率が目標を大幅に超えてしまい「逆転させるには犠牲を払うことになるだろう」とする者もいた。

FRBは過去2年間、1年に1回のペースで利上げを進めてきたが、失業率が低いことや緩やかな経済成長が続いていることを背景に今年は2回金利を引き上げた。年内にもう1回利上げする見通しを示している。

ただここ数カ月間は物価が弱含んでおり、FRBが利上げペースを弱める必要があるかもしれないとの懸念が浮上している。一部のFRB当局者は物価の弱含みが一時的だと主張している。

そのほか、FRBの保有資産を縮小し始める時期に差し掛かっているとのFRB当局者の意向が明らかになった。何名かは7月のFOMCで縮小開始時期を発表できるとの見方を示したが、「大半が次の会合まで決断を延ばすことを選んだ」とした。

FRB当局者は9月19-20日の次回会合で、2007-2009年の金融危機と景気後退期に買い入れた保有資産を縮小し始める旨を示唆している。

http://jp.reuters.com/article/fomc-minutes-idJPKCN1AW2SI

まとめると・・・

インフレ鈍化を見極めるまで利上げは見送るべき
9月会合でバランスシート縮小着手

という二点が今回示唆された主なポイント。

数ヶ月前は9月利上げ・12月バランスシート縮小着手というムードであったが、今や完全に逆転、9月バランスシート縮小着手・12月利上げあるかないかみたいな状況である。

一部によると、12月利上げ確率も40% → 35%まで低下とのことで、このまま年内利上げなんて無かったことになるパターンのような気がしている。

しかし利上げ後退はネガティブニュースだが、ある種予想された事態のような気も・・・?

 

これを受けて市場の反応

ドル円(USD/JPY)15分足

議事録を受け大きく下落。

東京時間にもう一段下落し、日中は110円割れの状態が続く。

半値戻しにはちょっと足りない感じの現状。もう一歩行けば全戻しもある?

 

ドルトルコリラ(USD/TRY)15分足

こちらも下落・・・なのだが、ドル円に比べ動きは控えめ。

すぐに戻した点と、20時からの動きがトルコリラ買いに転じているのが違うポイントか。

 

トルコリラ円(TRY/JPY)15分足

結果、円高優位でトルコリラ円も下落。せっかく昨晩31.4円台まで戻したのだが長くは続かず・・・

しかし31.2円辺りで踏みとどまる感じ、先週みたいな危うさは感じられない。

まずは20時からの上昇ムードで31.3円に乗せられるか見届けたい。

 

先日の失業率おまけ

サバフ紙 「雇用で記録」 -TRT 2017年8月17日

トルコは、レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領が2月7日に開始した「雇用動員」と政府が行った支援により、5月の雇用で歴史的な記録を打ち立てた。

トルコ統計局によって発表されたデータによると、失業率は5月に10.2パーセントとなり、この1年間の最低水準に後退した。

(略)

http://www.trt.net.tr/japanese/torukozhu-yao-ge-zhi-nomu-yu-niyusu/2017/08/16/torukozhu-yao-ge-zhi-nomu-yu-niyusu-2017nian-8yue-16ri-790965

2017年5月のトルコ失業率は1桁ならず。グアム攻撃様子見との報道で回復ムード!

先日中々良い結果を見せた失業率だが、その背景には政府の支援策もあったようで。

季節性を打ち負かし、6月も下落となるか・・・!?


トルコリラおすすめFX会社!

9月のスワップポイント付与額第一位は、GMOクリック証券

スワップポイントだけでなく、高スワップポイント&スプレッド原則2.9銭原則固定、スワップポイント引き出し可と文句なしの高スペック!

GMOクリック証券

GMOクリック証券でトルコリラ買い下がり運用開始!

もう、社畜しない。限定タイアップ!

僕もメイン口座として使用しているFXプライムbyGMO

高スワップポイントだけでなく、約定力などの面でも信頼感が厚く、自信をもっておすすめできるFX会社。

更に、このブログから口座開設&翌月末までに新規3万通貨取引でキャッシュバック+3,000円の限定キャンペーン中!

もう、社畜しない。タイアップ用

FXプライムbyGMOトルコリラ取引条件を考える

僕がトルコリラ口座をFXプライム byGMOに変更した5つの理由。


トルコリラ円運用手法、それぞれの特徴とおすすめFX会社まとめ


 - ドル他全般-ニュース