もう、社畜しない。

サラリーマンが副業で稼いで会社やめようとする話。主にトルコリラ・南アランドなどのスワップ。

寝てても僕に毎月10万円くれるトルコリラが凄い

      2017/08/19

rilasugoi-500

僕が今ゾッコンなトルコリラについて話をしたい。

毎月10万弱をお財布に入れてくれる可愛い奴だ。

スポンサーリンク

トルコリラとは

turkish-500

トルコリラって何かと言うと、トルコの通貨、リラのこと。ぼくはこれを持っている。もうちょっと言うとFXだ。

トルコという国は世界経済的には新興国という扱いだ。新興国というのは総じて金利が高い。例えばドコドコ国債の利回りが凄い、とか聞いたことがあるだろうか。

2017年5月現在、トルコの政策金利は8.0%(※)

これって凄い。

8%って言ったら、100万円を銀行に預けてたら年間8万円増える計算だ。(※厳密には政策金利と銀行の金利は異なる)

ちなみに日本の政策金利は長いこと0.1%。銀行の普通預金の金利は0.03%とか0.05%。100万円預ければ年間300円くらい増える計算だ。しょぼい。

※トルコの主要政策金利である一週間物レポ金利。2017年7月現在、事実上の市場金利はそれよりも高い10%超の水準(後期流動性貸出金利)で推移している。

追記:2016年1月29日に日銀からマイナス金利の導入が発表されたが、一般に「政策金利」と言われるは0.1%のままである。
また、これにより銀行の金利も軒並み低下した。今は300円増えるかも怪しい。

余談だけど

この記事(他にもいくつか)のURLは”rilasugoi“だけどリラのスペル正しくは”lira“だから騙されないように。

 

で、金利が高いからどうしたって?

さて、話を戻そう。

FXでトルコリラを買うと、保有している間はスワップポイントというものが付与される。僕が使っている証券会社では、日割りで1万トルコリラあたり1日100円程

例えば1トルコリラ=30円の時に、1万トルコリラを保有したとしよう。(ちなみに、FXは概ね1万通貨単位で扱われる。1000通貨単位の取引が可能な証券会社も多い。)

資金30万円でスワップポイントが1日100円、月に3,000円、年に36,500円。100万円に換算すれば年間12万円強だ。

銀行の普通預金に100万円を1年間入れても缶コーヒーさえ買えないこの時代に12%超の収益率。これはすごい。

スワップポイントとは

金利差調整分と呼ばれる2国間の金利差から得られる利益のこと。

注意事項

トルコリラのように高金利の通貨を買った場合収益を得られるが、逆の取引(トルコリラや南アランドなどを売って円を買う)や、円よりも金利の低い通貨(ユーロなど)を買うと、マイナスのスワップポイント(つまり、支払い)が発生することになる。

通貨の金利差の変動によっては、スワップポイントのプラスマイナスが逆転することもあるので注意。

なお、以下において特に明記しない場合は「トルコリラ円(TRY/JPY)・買い」のスワップポイントを示す。

 

更に、FXにはレバレッジというものがある。

国内証券会社の個人口座であれば、手持ち資金の25倍(レバレッジ25倍)まで買い付けができる。

つまり、1万トルコリラを保有するには30円×1通貨÷25で12,000円くらいあれば良い。

ただし、損失にも倍率が掛かるので、大きなレバレッジを掛けることは危険だ。

例えば1トルコリラ=30円の時に、30万円の資金で1万トルコリラを買ったとしよう。レバレッジは1倍だ。この後、1トルコリラ=25円まで変動したら口座の評価額は25万円になる。

次に、1トルコリラ=30円の時に、30万円の資金で10万トルコリラを買ったとする。レバレッジは10倍だ。ここで1トルコリラ=25円になると、資金は0円というかマイナス(実際には証券会社のルールに基づいてその手前で強制決済されるか、資金の追加『追証』の連絡が来る。)

レバレッジを高めて保有通貨数を増やせば受け取れるスワップポイントが増えるが、その分だけ為替変動によるリスクが高まる。

重要なのは、リスク管理さえしっかり行えば少ない資金でも大きなリターンを得られるということだ。

資金が何億もあれば安定した低利回りの投資でも充分生活できる。でも僕みたいに大した元手のない人間にとっては、これって凄く大事なこと。

 

結局どうするのか?

重要なのは、レバレッジ何倍かという指標ではなくて、どこまで耐えられるかという話だ。もちろんスワップポイントが変動する可能性もあるが、それを除けばどんなに評価金額が下がっても保有してさえいれば良い

僕は運用当初、200万の資金に対して30万通貨を保有していた。レバレッジでいうと約6倍だ。(※2016年1月当時。以下は2017年7月の水準で数値を更新している。)

 

僕が使っている証券会社はトルコリラ1万通貨に対して12,000円の証拠金を維持しなくてはいけないので、評価額が36万円(30×12,000)以下になってはいけない。

つまり、164万円の評価損を出した時点で強制決済か、追加の入金が必要になる。

逆に言えば、164万÷30万通貨≒5.46円までの下落に耐えられる。30円でトルコリラを買えば、24.54円くらいまで下落しても大丈夫

※証券会社によってロスカットルール等が異なるので、使用する証券会社のルールを確認のこと。

参考:トルコリラ、どこまで下落して大丈夫?ロスカットルールを確認しよう

 

トルコリラ最安値?

2017年1月現在、1トルコリラ=30円付近で推移している。これは過去最安の水準だ。もちろん、今が絶対的に底値という訳ではないが。

トルコリラを保有するにあたって、どのくらい下落するかを見極める必要がある訳だが、最初は100万円に対して5万通貨(5万トルコリラ)くらいをお勧めする。僕の使っている証券会社の条件なら、1トルコリラ=30円の時に買って11円まで落ちてもロスカットは発生しない

そんなに落ちないと思うなら、10万通貨(10万トルコリラ)くらいでもいい。21円まで落ちてもまだまだ大丈夫だ。

 

以下に『100万円の資金で、1トルコリラ=30円の時に購入した場合』のスワップポイント付与額と、どこまでの下落に耐えられるかをまとめてみたので参考にして欲しい。

なお資金が200万なら取引数量・月間/年間スワップポイントを倍に、50万円なら半分にして見て頂ければいい。ロスカットレートは変わらない。

 

※スワップポイントやロスカットルールは証券会社によって異なる。上記画像は、先述の1万通貨100円に基いて計算している。また、1カ月=30日、1年=365日で計算し、ロスカットは1トルコリラのレート。端数を切り上げているので実際には数銭の余裕がある。収益率はトルコリラの相場変動を無視して計算。

20万通貨となると流石にロスカットの危険が高いのでお勧めできないが、10万通貨で年間36.5%、ほぼロスカットの心配がない5万通貨でも18.25%のスワップポイントが発生する。

もちろん、これに評価損益が加わってくるので元本は動かさない前提である。また、スワップポイントは変動する場合もあるので注意。

ああ、3000万くらい資金があれば150万通貨買って遊んで暮らせるのに。

 

誰にでも出来る。

トルコリラでスワポを得るのに、経済の凄い知識だとか、人並み外れたスキルだとか、何十万円のツールだとか、そういうものは必要ない。四六時中画面に張り付いてチャートと睨めっこする必要もない。

作業時間も殆ど掛からない。日々の作業と言ったら毎日スワポが付いてるのをムフフと眺める1分程度のお仕事くらいだ。

時間のないサラリーマンにも、経済知識のない僕らにも出来る。それがトルコリラの良いところ

追記:僕の運用の軌跡→トルコリラスワポ生活、開始から3ヶ月間の実態

 

追記:ドル円ショートとの併用でのリスク低減について

円高によってトルコリラ円のレートが押し下げられることへの対策として、ドル円のショート(ドル売り買い)との併用をお勧めしている。

トルコリラ安のリスクはあるもののリスク分散として非常に優秀、かつ、この方法であればトルコリラ円のレートをあまり気にせず、いつ始めても有利不利が少ないので是非一読頂きたい。

ドル円ショートでリスク分散

実際のポートフォリオ案

2016年6月、急激な円高で退場者が出る中、僕の口座はこの手法のお陰で平穏であった。

 

美味しい話ばかりではない

このように、トルコリラは非常に魅力的な投資だ。だが、トルコの政策金利が下がれば当然スワップポイントも下がるし、スーパー金融ショックが起きたりトルコが滅びて貨幣価値が完全になくなったりする可能性もゼロではない。

新興国通貨の金利が高いのはそれなりのリスクがあるからだ。これに生活を掛けるのはお勧めできない。

しかし、それを補って余りある魅力がある

他の投資と組み合わせたり、余裕資金で運用する分には非常に魅力的ではなかろうか。

※お約束ですが、投資は自己責任です。

 

ちなみに、これからトルコリラ始めるならば最高クラスのスワップポイントを提供しているFXプライムbyGMOがおすすめ。

もう、社畜しない。タイアップ用

僕自身もトルコリラ運用のメイン口座としている。

僕がトルコリラ口座をFXプライム byGMOに変更した5つの理由。

 

口座開設~取引までの流れは下記記事もご参照。

トルコリラスワップ運用スタートガイド【FXプライム byGMO スマホ編】

 

もうちょっと詳しく知りたい方には『これからトルコリラを始める人に、これだけは読んでおいて欲しい記事』で紹介している記事から読んで頂くのが良いと思う。

もしくは『トルコリラ円運用手法、それぞれの特徴とおすすめFX会社まとめ』辺りもご参考に。

また、書いている意味が分からないとかいう場合は、お問合せとかTwitterからの連絡は歓迎します。

 

それでは、素敵なトルコリラスワポ生活を!


トルコリラおすすめFX会社!

9月のスワップポイント付与額第一位は、GMOクリック証券

スワップポイントだけでなく、高スワップポイント&スプレッド原則2.9銭原則固定、スワップポイント引き出し可と文句なしの高スペック!

GMOクリック証券

GMOクリック証券でトルコリラ買い下がり運用開始!

もう、社畜しない。限定タイアップ!

僕もメイン口座として使用しているFXプライムbyGMO

高スワップポイントだけでなく、約定力などの面でも信頼感が厚く、自信をもっておすすめできるFX会社。

更に、このブログから口座開設&翌月末までに新規3万通貨取引でキャッシュバック+3,000円の限定キャンペーン中!

もう、社畜しない。タイアップ用

FXプライムbyGMOトルコリラ取引条件を考える

僕がトルコリラ口座をFXプライム byGMOに変更した5つの理由。


トルコリラ円運用手法、それぞれの特徴とおすすめFX会社まとめ


 - スワップ-全般