もう、社畜しない。

サラリーマンが副業で稼いで会社やめようとする話。主にトルコリラ・南アランドなどのスワップ。

ドルペッグ制の香港ドルを利用してウハウハなるか?

      2017/03/30

swap-hkd-500

ペッグ制というものをご存知だろうか。

簡単に言うと、特定通貨とのレートを為替レートを固定する制度。かつて日本も1ドル=360円固定であったような、そんな制度。

今日のお話しは「ペッグ制導入している通貨でスワップ狙いしたらウハウハじゃね?」とかそんな危険な雰囲気がプンプンするお話

そんな話を先日Twitterでさせて頂いていたので、調べがてら記事にさせて頂いた。

スポンサーリンク

ペッグ制といえばスイスフランショック

さてペッグ制というとスイスフランショックが記憶に新しい。

ユーロ安/スイスフラン高への対策として、スイス政府が1ユーロ=1.2スイスフランを下限として無制限介入を行っていたのを「やっぱやーめた」によって阿鼻叫喚の地獄が引き起こされた事件。(1.2を背にユーロ買いスイスフラン売りをしていたプレイヤーが焼き尽くされた。)

つまりペッグ制に触れる上では、廃止の一声によって大暴落/暴騰を招くリスクを常に意識しなくてはいけない。

あとは約20年前のアジア通貨危機とか。Wikipedia読んでるだけで心臓縮む。

 

ペッグ制通貨

具体的にペッグ制を導入している通貨は何があるのだろか。

ペッグ制と言っても完全固定だったり、ある程度の変動を許容していたり、対ドルだったり対ユーロだったり色々あるのだが、一先ずその点は後程。

ペッグ制導入通貨

香港ドル(一定範囲内での変動を認めている)
エルサルバドル・コロン
パナマ・バルボア(硬貨のみ)
中東産油国(クウェートは2007年5月に撤退)
マカオ・パタカ(香港ドルペッグ:実質的なドルベッグ)
デンマーク・クローネ(ユーロペッグ、一定範囲で変動を認めている)

・・・など。多分他にもある。
(Wikipedia調べ)

この中で国内証券会社での取扱いなど、現実的なのは香港ドルデンマーククローネだろう。

今日は香港ドルについて調べたい。

 

香港ドルのペッグ制

さて、香港ドルのペッグ制はどのようなものかと言うと、1ドル=7.75~7.85香港ドルの範囲での固定。

2016年11月25日現在、USD/HKDは7.76付近であるので、7.75を背にロングするのであればほぼフルレバで戦うことができる。

 

肝心のスワップは?

では、USD/HKDでどれだけのスワップが付くのか。そこが問題だ。

USD/HKDのトレードが出来る証券会社は決して多くない。取引できるのは、例えばOANDA JAPANやヒロセ通商。

usdhkd-swappoint20161125

なんとスワップポイントはプラスにならず。

世の中そんなに甘くない。解散

ではあまりにアレなので。

トルコリラ同様、香港ドル円とドル円を組み合わせて疑似的にドル香港ドルの通貨ペアを作り上げたらどうか。

『香港ドル円7.75:ドル円1』の比率で対になるポジションを持てば良い訳だ。

香港ドル円であれば比較的取扱い会社も多く、選択肢が広がる。

hkdjpy-swappoint20161125

 

世の中そんなに甘くない。解散

 

(補足すると、香港ドル円ショートとドル円ロングの組み合わせがまだ現実的である。『実質』は『香港ドル円ショート7.75:ドル円ロング1』の比率でポジションを持った時の、ドル1万通貨あたりのスワップポイント。米利上げに伴いドル円のスワップが増加すればまだ可能性はあるかも・・・)

 

落としどころ

正直この記事、ロクにスワップポイントを調べもせず勢いだけで書き出した。

先に調べてたらここまで書いてないよね、普通。表作りながら「やべーな収集付くかなコレ」とか思ったね。

まあ、そんな美味い話あったらみんなやってるよね。うん。

なお、香港ドルについては基本的に香港ドル売り介入によって維持されているので、ペッグ制崩壊の瞬間に香港ドルは暴騰する公算が高い。

つまり香港ドルショートするということは・・・。うん。

 

よって、スワップポイントはやっぱりトルコリラ・南アランドで!!


トルコリラおすすめFX会社!

9月のスワップポイント付与額第一位は、GMOクリック証券

スワップポイントだけでなく、高スワップポイント&スプレッド原則2.9銭原則固定、スワップポイント引き出し可と文句なしの高スペック!

GMOクリック証券

GMOクリック証券でトルコリラ買い下がり運用開始!

もう、社畜しない。限定タイアップ!

僕もメイン口座として使用しているFXプライムbyGMO

高スワップポイントだけでなく、約定力などの面でも信頼感が厚く、自信をもっておすすめできるFX会社。

更に、このブログから口座開設&翌月末までに新規3万通貨取引でキャッシュバック+3,000円の限定キャンペーン中!

もう、社畜しない。タイアップ用

FXプライムbyGMOトルコリラ取引条件を考える

僕がトルコリラ口座をFXプライム byGMOに変更した5つの理由。


トルコリラ円運用手法、それぞれの特徴とおすすめFX会社まとめ



南アランドおすすめFX会社!

2017年8月の南アランドスワップ一位はGMOクリック証券!

スワップポイント付与額17円/1万通貨・日、スプレッド1.4銭原則固定と脅威の水準!

GMOクリック証券

参考:南アランドスワップポイントランキング2017年8月版


参考:改めて、トルコリラと南アランドを比較する。


 - スワップ-手法など