もう、社畜しない。

サラリーマンが副業で稼いで会社やめようとする話。主にトルコリラ・南アランドなどのスワップ。

トルコリラスワップポイント一覧2016年9月版

      2017/08/25

swappoint-201609-500

今月も恒例、各社のトルコリラスワップポイント調査。

トルコリラ円とドル円の9月1日付与分スワップポイント、スプレッド、ドル円ポートフォリオを組んだ時の実質スワップを一覧にした。

上限金利の引き下げは6ヶ月連続となり、スワップポイントの低下が否めない。

また、いつも通り掲載しているFX会社はスワップポイントのみの引き出しが可能なFX会社である。

スポンサーリンク

スワップポイント・スプレッド一覧

swappoint-201609

2016年9月1日調べ。(付与カレンダーの関係でインヴァスト証券は9月2日分)
原則として、最新のスワップポイントを付与日数で割り、小数点以下を四捨五入したもの。

マネースクウェア・ジャパン(M2J)について、スプレッドは手数料を含めた金額(1万通貨以上の取引)。
『実質』はドル円ショートでリスクヘッジした場合の実質スワップ。『TRY/JPY買-(USD/JPY売/3)』。

 

第一位はインヴァスト証券!

8月に続いて2ヶ月連続でインヴァスト証券のトライオートがスワップポイント付与額・ドル円ショート時の実質スワップで一位に輝いた。

スプレッドも標準5.5pipsと非常に狭く、今からトルコリラを始めるならイチオシ。僕もこの会社を使っている。

トライオート

 

第二位はセントラル短資FX!

ドル円ヘッジ時の実質スワップポイントでは、セントラル短資FXFXダイレクトプラスが躍進して2位に!

トルコリラ単独のスワップポイントでは外為どっとコムと同率だが、ドル円ショートのマイナススワップが小さいことで差が生まれた。

スプレッドが広めなことが欠点。長期保有向けか。

FXダイレクトプラス

 

第三位は外為どっとコム!

第三位とはいえ、トルコリラ単体でのスワップは同率二位。

スプレッドはこちらの方が狭いので、トルコリラ単独で保有するならばこちらが有利か。

 

番外:ヒロセ通商

続く上限金利の引き下げにより各社軒並みスワップが低下する今、スワップポイント115円スプレッド4.9銭原則固定という圧倒的カタログスペックを誇るヒロセ通商の存在感は大きい。

スワップポイントのみの引き出しは不可トルコリラ円の必要証拠金が高めなどデメリットもあるものの、それを補えるだけの魅力はある。

ちなみに南アランドもスワップ固定キャンペーン始まったよ。

詳しくは以下の記事で紹介しているので、参考にして頂きたい。

固定スワップの強み。ヒロセ通商の取引条件を分析!

LIONFX

 

更に番外:マネースクウェア・ジャパン

最近僕が興味津々のトラリピで有名な会社だが、スワップスプレッドゼロキャンペーンをやっており、マイナススワップが小さいことも特徴。

マイナススワップが小さいということは・・そう、サヤ取りの売り口座に使えるということ。

インヴァスト証券の買いスワップポイントが75円、マネースクウェア・ジャパンの売りスワップポイントが53円。その差22円。まだサヤ取りは可能だろう。

マネースクウェア・ジャパン

 

 - トルコリラ-スワップポイント調査