もう、社畜しない。

サラリーマンが副業で稼いで会社やめようとする話。主にトルコリラ・南アランドなどのスワップ。

トルコリラスワップポイント一覧2017年1月版

      2017/08/25

swappoint-201701-header

毎月恒例スワップポイント調査、2017年1月版。

各社年末年始の休みもあり、日を揃える為に1月4日付与分を月初として揃えた。(→1月27日分に更新済)

また、今までスワップポイントが同率の場合スプレッド等を考慮して順位付けしていたものを、『トルコリラ買いスワップポイント(円)-スプレッド(pips)』スコアとして算出し、それに基づいて評価することとした。

(現在はスワップポイント1円とスプレッド1pipsを等価としているが、バランスについては調整する可能性あり。)

なお、今まで通り掲載しているFX会社はスワップポイントのみの引き出しが可能なFX会社である。

ドル円ショートについて

円高への対策として、ドル円ショートでのリスクヘッジを行った場合、つまり『トルコリラ円ロング3:ドル円1』の割合でポジションを持った場合の、ドル円のマイナススワップを差し引いた実質的なスワップポイントを「ヘッジ時」欄に記載している。

しかし、ドル円のスワップポイントが大きくなっており、手放しにはお勧めできない。参考程度に。

スポンサーリンク

スワップポイント・スプレッド一覧

tryswappoint-20170127

2017年1月27日調べ。
原則として、1月27日付与分(もしくは最新の付与日)を付与日数で割り、小数点以下を四捨五入したもの。

マネースクウェア・ジャパン(M2J)について、スプレッドは手数料を含めた金額(1万通貨以上の取引)。
『ヘッジ時』はドル円ショートでリスクヘッジした場合の実質スワップ。『TRY/JPY買-(USD/JPY売/3)』で算出
『スコア』は『トルコリラ買いスワップポイント(円)-スプレッド(pips)』で算出。

 

第一位はセントラル短資FX!

各社スワップポイントが軒並み低下する中、セントラル短資FXのFXダイレクトプラス急落前の水準まで回復している!

ドル円マイナススワップが小さいことも魅力だが、それ以上に今回の急落でも最も下落幅が小さく、回復も早かったのはセントラル短資FXだ。

定期的にこういう事態が起き得るトルコリラにおいては、こういった点も重要になってくる!?

FXダイレクトプラス

 

第二位は外為どっとコム!

インヴァスト証券のスワップポイント低下により、外為どっとコムが繰り上げ二位に!

ここもまた、トルコリラ急落からほぼ回復している。

バランスの取れたFX会社ではあるのだが、2017年1月時点では抜きん出た部分に欠けるかもしれない。

 

第三位はインヴァスト証券!

月初第一位だったインヴァスト証券のトライオートだが、トルコリラ急落に伴い、スワップポイントが大きく低下してしまった。

参考:トルコリラ急落一服?各社スワップポイントも大きく変動!

とはいえ、トルコリラ円5.5pips・ドル円0.3pipsというスプレッドの狭さ長期的に見たスワップポイントの安定感・ロスカットの深さ等もあり、総合力は非常に高いFX会社。

スワップポイント低下からの回復が少々遅いのが気になる。早く回復してくれるといいのだが。

ちなみに、僕もメインで使っているFX会社なので、自信をもってお勧めできる。

僕がインヴァスト証券のトライオートを勧める6つの理由

トライオート

 

スワップポイントの安定感

スワポ狙いの投資というのは、基本的には長期投資になる。

そのため、今日はこのFX会社がスワップポイント高いからこっちを使う、明日はあっちにする、とはできない。

入出金の手間もあるし、ポジションを取り直せば全く同時に行ってもスプレッド分がコストとして発生してしまう。

そういった意味では、長期的に安定してスワップポイントが高いというのは非常に重要なこと。

以下は僕がスワップポイント一覧を調査し初めてからの月初次点での順位の推移だ。

swappoint-201701-average-2

1円の差でも差が付いたり、同率の場合にはスプレッド等で評価していたりと些か雑ではあるが、安定して上位にいるのはインヴァスト証券である。

今はスワップポイントが低下してしまっているが、過去の実績に基づく長い目で見れば魅力的だ。

 

番外:FXプライムbyGMO

tryswappoint-2-20170127

スワップポイントのみの引き出しは出来ないが、トルコリラのスワップポイントが低下傾向にある中、高スワップポイントを付与するFX会社の魅力も高まっている。

・・・のだが、その雄であったヒロセ通商もついにトルコリラ円のスワップポイント固定115円キャンペーンが終了してしまった。

参考:スワップポイント界に激震!?ついにヒロセ通商のトルコリラ円固定スワップポイントが終了!

 

そこで今、トルコリラ円のスワップポイント最高額を付与するのはFXプライムbyGMOである。

2016年10月からトルコリラ円の取り扱いを開始したニューフェイスだが、スワップポイント83円と最高額を付与している。

ヒロセ通商のように必要証拠金が高いこともなく、非常に使いやすいFX会社である。

FXプライムbyGMOでのトルコリラ取引条件を考える

もう、社畜しない。タイアップ用

 

今、この記事のバナー・リンクから口座開設して翌月末までに新規3万通貨以上の取引をすると限定でキャッシュバックキャンペーンが最大+3,000円になる!

注意事項等の詳細は移動先のページでもご確認を。

 

バックナンバー

1月4日付与分

swappoint-201701

swappoint-2-201701

 

1月12日付与分(トルコリラ急落臨時調査)

tryswap-20170112

 

1月13日付与分

tryswappoint-20170114

tryswappoint-2-20170114

 

1月20日付与分

tryswappoint-20170120

tryswappoint-2-20170120

 

 - トルコリラ-スワップポイント調査