「 FX会社徹底比較 」 一覧

スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【セントラル短資FX】

スワップ運用の取引条件再整理、第六弾はセントラル短資FXのFXダイレクトプラス! グループとして合併前の前身から数えると実に100年超の歴史を誇る老舗金融機関である。略称はセン短。(セントラル短資FX ...

スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【サクソバンク証券】

スワップ運用の取引条件再整理、第五弾はサクソバンク証券。 金融庁に登録されている立派な国内FX会社なのだが、公式サイトなども何となく外資系の雰囲気があり、多少の取っつきにくさは否めない。 が、特に南ア ...

スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【SBI FXトレード】

スワップ運用の取引条件再整理、第四弾はSBIFXトレード! スワップポイントは全体的に高水準、そして何よりも1通貨単位での取引が出来ることが最大の特徴のFX会。 そんなSBI FXトレードの取扱条件に ...

スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【マネーパートナーズ PFX / nano】

スワップ運用の取引条件再整理、第三弾はマネーパートナーズ! トルコリラ円の取扱を開始したのは2017年5月と比較的遅めだが、かなりの高スペックで提供されている。 そんなマネーパートナーズの取扱条件につ ...

スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【FXプライム byGMO 選べる外貨】

トルコリラ・南アランドの取引条件の再整理、第二弾はFXプライムbyGMO! トルコリラ円のスプレッド4.8銭原則固定の恒常化、メキシコペソの取扱開始など、ワクワクする情報も多い中、そのスペックや特徴に ...

スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【ヒロセ通商 LION FX】

トルコリラ・南アランド(南アフリカランド)の取引条件について、このブログを書き始めた当初よりも各社スペックを改善してきている。 特に2017年5月頃から複数のFX会社がトルコリラの取り扱いを開始してか ...

ビザ相互停止によるトルコリラ急落、レート配信停止していた?

2017/10/10    

週初めの、米トルコ相互ビザ発給停止を受けてのトルコリラ急落騒動。 各社スプレッドも拡大し、ロスカットされてしまった方も多いようだが、どうにもFX会社によって底値はマチマチ。 気になった点があったので、 ...

Copyright© もう、社畜しない。 , 2018 All Rights Reserved.