トルコリラ-運用実績

トルコリラ円買い下がり運用、2017年8月の実績!

投稿日:

2017年8月より開始した、GMOクリック証券でのトルコリラ円買い下がり運用。

8月を終えてどうだったか、一ヶ月を振り返る・・・のは月初に行っているので、口座状況など見て行きたい。

トルコリラスワポ生活、2017年8月を振り返る。

 

買い下がり運用とは?

トルコリラが一定額下がる毎に買い増す投資法。

僕は当面の間、1円下がる毎に10万円入金し、1万通貨の買い増しを予定している。

30円を割れるようなことがあれば更に厚く買っていきたいが・・・8月後半からは上昇ムードだったので、このまま行けば1万通貨のままかもしれない。

詳細は下記記事を参照。

GMOクリック証券でトルコリラ円買い下がり運用開始!

トルコリラ買い下がり運用、下を厚く買って効率的?ハイリスク?

スポンサーリンク

一ヶ月間のトルコリラ円値動き振り返り


8月1日に31.300円のポジション建てからスタート。

8月11日に31円を大きく割り込んだことを受け、30.000円に指値を入れたのだが・・・約定することはなく上昇してくれた。

このままのムードではただの1万通貨一本買い運用で終わってしまう。

どうせなら30円タッチしてから上昇してくれれば良かったのに。

 

30.000円指値

未だ取り消すことなく、無期限注文として残している。

一生約定することがないのか、それとも忘れた頃に約定するのか・・・

 

口座のご様子(9月1日現在)

10万円が、1ヶ月で9,172円の評価益+スワップポイント

月間収益率9.172%という驚異の結果・・・という冗談はさておき、評価損益を抜きにして月間4%弱のスワップポイントが付くというのは冷静に考えてデカいね。

なお、上記画像は9月1日0時過ぎのものだが、この記事を書いている時点(9月7日21時頃)と概ね同等のレートである。

 

維持率などなど

上の画像の数秒後に撮影したので、時価評価総額は若干違うよ。

また、余力からは30円指値の発注証拠金が差し引かれている。

 

この運用の今後

トルコリラの上昇は非常に好ましいのだが・・・このまま行くと、毎月ほぼ同じような画像を貼りつけて終わることになる。

お財布と相談しながら、ロットを倍(1円下がったら20万円・2万通貨)にすることも視野に入れていきたい!

 

GMOクリック証券で運用中!

この運用を行っているGMOクリック証券

スワップポイント付与額で争っているFXプライム byGMOの112円固定スワップポイントが終了し、9月のスワップポイント覇者となる・・・かもしれない。

スプレッドも2.9銭原則固定に縮小・スワップポイントの引き出し可と、その他の条件でも文句なし!

GMOクリック証券


GMOクリック証券、トルコリラ円のスプレッドを2.9銭原則固定に縮小!

 

レクタングル(大)

レクタングル(大)

-トルコリラ-運用実績

Copyright© もう、社畜しない。 , 2017 All Rights Reserved.