もう、社畜しない。

サラリーマンが副業で稼いで会社やめようとする話。主にトルコリラ・南アランドなどのスワップ。

GMOクリック証券でトルコリラ円買い下がり運用開始!

      2017/08/08

4月の国民投票を終え、一大イベントが一服したのでトルコリラを買い増そうかと思いながらも買い時を見失っていた人も多いのではなかろうか。そう、僕のことだ。

そんな僕がこの度、僅かながらトルコリラを買い増した

何故今買ったか、メイン口座のFXプライム byGMOではなくGMOクリック証券で買った理由などを書いていきたい。

その後:トルコリラ買い下がり運用、下を厚く買って効率的?ハイリスク?

スポンサーリンク

押し目?反転?

国民投票終えたと思ったら、仏大統領選後に思いの外急上昇した・・・

ここで買ったら高値掴みになるかも・・・

下がった、けど今でいいのか?もっと下がるのでは?

買い時を見失っている人の多くは、こんなことを考えているのではないだろうか。実際僕も同じようなことを考えて迷っていた。

だが、この判断はアナリストにとってさえ難しいポイントで、簡単に的中するようなら今頃僕は余裕で億トレだろう。

7月に入り、31円の堅さを見せている

政策金利で示された中銀の堅固な姿勢

この辺りが個人的には大きなポイントだったのだが、最も重要なのは上がるかどうかの判断ではなく、買い方の問題だと思っている。

 

下がったら買い増せの精神

今回、僕は10万円を入金して1万通貨だけトルコリラを買った。

レバレッジにして3倍ちょっと。トルコリラ=23円を割ってもまだ耐えられるくらいの計算だ。

そして、ここから1円下がる毎に10万円入金&1万通貨買い増しをするつもりでいる。

ちなみに、8月1日に始めよう!と思って、日付が変わった後、成行で買うのも気が引けたので31.300と31.400にOCOを入れて寝た。

 

1円毎買い下がりシミュレーション

※平均レート×保有数量×4%で計算

上記は、トルコリラ円を31円スタートで1円下がる毎に10万円入金&1万通貨購入した場合のシミュレーション。

赤字のトルコリラ=11円のレートになるとロスカット。言い換えると、12円まで下落してもロスカットされない計算になる。これ凄くない?

12円まで下落した時の必要資金は200万円。20円までなら120万円、25円までなら70万円。

どこまでを想定するかはともかく、いざとなったらそのくらい資金用意できるよ!って方はこの買い方をしてみるといいかもしれない。

まあ、31円キープや上昇だと買い増せずに終わるのだが、無理に買わなきゃいけないものでもないしね。

そんなに下落しないだろうって人は30円以下の買いを厚くするなど、アレンジもどうぞ。

横這いだと面白みのない報告になるかもしれないが、順次公開していきたい。

 

GMOクリック証券を選んだ理由

メインと口座を分ける意味もあるのだが、やはり最大の理由はスワップポイント

8月1日のGMOクリック証券スワップポイント付与額は113円

※GMOクリック証券は翌営業日の付与予定額を事前に公表しているので、8月1日分=FXプライム byGMOの固定スワップ発表後に公表された最初の付与分である。

この数字を見て、GMOクリック証券は112円固定に対抗する意思ありだと僕は感じた。※個人の見解。

トルコリラ円スワップポイントランキング2017年8月版!

 

せっかく運用するならスワップポイントの高い証券会社で!

今スワップポイントで一番勢いがあるのはGMOクリック証券か。

7月の週間比較でも4週続けてトップだったので、その実績も大きい。

トルコリラスワップ週間比較、GMOクリック証券4連覇!【2017.7.24-28】

GMOクリック証券

 

GMOクリック証券、トルコリラ円のスプレッドを2.9pipsに縮小!

 

 - スワップ-全般