スワップ-FX会社

マネーパートナーズ、7月17日よりトルコリラ円100通貨単位取引可能に!

更新日:

去る5月8日よりトルコリラ円の取扱を開始したマネーパートナーズ

同社が提供するFXのサービス(コース)は2つあり、当初トルコリラ円の扱いはその一方、パートナーズFX(PFX)のみでの扱いだった。

しかしこの度、7月17日よりもう一方のパートナーズFX nanoでもトルコリラ円の取扱を開始とのこと。これにより、100通貨単位での取引が可能となる。

(この記事は速報につき、マネーパートナーズの取扱条件詳細については以下も参照。)

スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【マネーパートナーズ PFX / nano】

スポンサーリンク

マネーパートナーズのサービスおさらい

凄くざっくりした説明になるが、マネーパートナーズが提供しているFXのサービスは以下の二つ。

 

パートナーズFX(PFX)

元々トルコリラ円の扱いがあったサービス。

取引数量は1万通貨単位で、スリッページ・約定拒否無しが売り。

 

パートナーズFX nano

今回新たにトルコリラ円の扱いを開始するサービス。

100通貨単位の取引が出来ることが最大の特徴だが、PFXと違い追証がなく証拠金維持率100%を割り込むと即ロスカットとなる点に注意。

 

スプレッド・スワップポイントは?

さて、今回FX nanoでトルコリラ円の取扱が開始される訳だが、PFXとFX nanoはスプレッド・スワップポイントが異なる

その為、今回100通貨単位での取引が可能になるとは言ってもそのスペックは未だベールに包まれている。

しかしトルコリラに力を入れてきた同社だけに、その期待は高いだろう。

勿論、判明次第このブログでも取り上げたい。

 

PFXはスプレッド縮小キャンペーン中

更に、PFXはトルコリラ円のスプレッドを2.9pips→1.9pipsに縮小キャンペーン中!

※7月10日~8月1日のコアタイム10:00~28:00限定。

一時的とはいえ、セントラル短資FXの2.5pipsを下回り最狭スプレッドとなった。

セントラル短資FX、トルコリラのスプレッド・必要証拠金を縮小!スプレッドは最小2.5pips!

 

おまけ:メキシコペソ円も取扱い開始するよ

7月17日より、PFX、FX nano両方でメキシコペソ円の取扱も開始。

これらまとめて、マネパ上場10周年・10週連続キャンペーンの第4弾だそうだ。

 

まとめ

上記画像の通りである。

この夏、マネーパートナーズがアツい!

外国為替証拠金取引のマネーパートナーズ

 

レクタングル(大)

レクタングル(大)

-スワップ-FX会社

Copyright© もう、社畜しない。 , 2017 All Rights Reserved.