もう、社畜しない。

サラリーマンが副業で稼いで会社やめようとする話。主にトルコリラ・南アランドなどのスワップ。

2017年7月のトルコ小売販売。安保理決議を経てトルコリラ32円を挟む動き。

   

9月12日16:00に発表された7月のトルコ小売販売

また、今朝の安保理決議なども併せて見ていこう。昨日のトルコ財務省現金残高もね。

スポンサーリンク

まずは安保理

国連安保理、北朝鮮の制裁決議を全会一致で採択 -ロイター 2017年9月12日

国連安全保障理事会は11日夕方(日本時間12日午前7時頃)、6回目の核実験を実施した北朝鮮に対して、全会一致で追加制裁決議案を採択した。

米国が当初提案した石油の全面禁輸や金正恩・労働党委員長の資産凍結などを含む草案は一部変更されたことから、米側が制裁に慎重な中国とロシアからの賛成を得るため、譲歩したとみられる。

同決議では、北朝鮮への原油と石油精製品の輸出を制限すると同時に、原油の現行輸出量を上限に、また石油精製品については年間200万バレルを上限とした。

また、採択された決議では、北朝鮮への天然ガス輸出を禁止した。北朝鮮からの繊維製品の輸入と、各国が北朝鮮労働者に新規に就労許可を与えることも禁じた

いっぽう、米国政府が当初の草案では、石油の全面禁輸、世界各国にある金正恩委員長の資産口座凍結、金委員長の海外渡航の禁止を盛り込んでいた。

しかし、今日の決議では、石油の全面禁輸から輸出量制限に変わり、金委員長に関する制裁もなくなった。北朝鮮の後ろ盾である中国とロシアに否決権を発動させないように、米国などが配慮した形となった。

 

また、世界各国にいる北朝鮮労働者の数は現在9万3000人とされている。各国が北朝鮮労働者に新規の労働許可を与えないことで、北朝鮮当局は年間5億ドル(約550億円)の収入を失うとみられる。

(略)

 

http://jp.reuters.com/article/idJP00093300_20170912_00620170912

昨日の時点で石油全面禁輸は否定されていたのだが、それにしても相当マイルドな制裁になった。

記事中にもあるように、結局は中国・ロシアが反対しない、つまり全世界一致の北朝鮮批判が採択されたという事実が重要なのだろう。

 

トルコ指標

9月11日 23:30 トルコ8月財務省現金残高

予想情報なし今回29.7億トルコリラ(前回-1.7億トルコリラ)

 

9月12日 16:00 トルコ7月小売販売(前月比)

予想+0.3%に対し、今回-1.3%(前回+0.3%)

9月12日 16:00 トルコ7月小売販売(前年比)

予想+1.7%に対し、今回+2.6%(前回+0.9%)

 

財務省現金残高はさておき、小売販売は前月比が予想の下、前年比が予想の上という時々発生する謎現象。

 

これを受けてトルコリラ

ドルトルコリラ(USD/TRY)15分足

指標を受けて、という訳ではなく17時前頃からトルコリラ売り。

これに明確な材料は不明。ドル上昇に釣られた様子でもなく、何らかのイベントがあったのか・・・

上昇の波形はともあれ、ドル回復と共にトルコリラもじわり下落したと考えれば妥当な位置である。

 

ドル円(USD/JPY)15分足

こちらは押し目もなく綺麗な上昇。

先週末に107円台に突入したかと思いきや、最早110円に回復しようとする勢いである。

 

トルコリラ円(TRY/JPY)15分足

こちらも32円台に乗せて良い雰囲気だったのだが、17時前の下落で再び31.9円に。

悲観するような下落の仕方には見えるないので、回復を期待したい。


トルコリラおすすめFX会社!

9月のスワップポイント付与額第一位は、GMOクリック証券

スワップポイントだけでなく、高スワップポイント&スプレッド原則2.9銭原則固定、スワップポイント引き出し可と文句なしの高スペック!

GMOクリック証券

GMOクリック証券でトルコリラ買い下がり運用開始!

もう、社畜しない。限定タイアップ!

僕もメイン口座として使用しているFXプライムbyGMO

高スワップポイントだけでなく、約定力などの面でも信頼感が厚く、自信をもっておすすめできるFX会社。

更に、このブログから口座開設&翌月末までに新規3万通貨取引でキャッシュバック+3,000円の限定キャンペーン中!

もう、社畜しない。タイアップ用

FXプライムbyGMOトルコリラ取引条件を考える

僕がトルコリラ口座をFXプライム byGMOに変更した5つの理由。


トルコリラ円運用手法、それぞれの特徴とおすすめFX会社まとめ


 - トルコリラ-指標