トルコリラ-ニュース

トランプ・エルドアン両大統領会談は及び腰の仲良し会談で終了か。

投稿日:

日本時間の5月17日01:40頃から行われていたトランプ・エルドアン両大統領による会談。

トルコ的な注目はギュレン師の引き渡し・YPGへの武器提供撤回

果たして進展はあるのか・・・

スポンサーリンク

仲良し会談か。

米・トルコ首脳が会談、堅固な関係を強調 -ロイター 2017年5月17日

トルコのエルドアン大統領は16日、ホワイトハウスでトランプ米大統領と会談した。シリアで過激派組織「イスラム国」(IS)と戦うクルド人民兵組織に武器を供与する米政府の決定を巡り両国の緊張が高まっていたものの、両首脳は会談後の共同記者会見で両国の堅固な関係を強調した。

トランプ大統領は「米国とトルコはすばらしい関係を築いており、今後さらに良くなる」とし、「われわれの関係が打ち負かされることはない」と語った。

エルドアン大統領も両国の関係は「際立っている」と強調したうえで、今回の訪米が「歴史的な潮の変わり目」になるとした。

トルコがテロ組織とみなすクルド人民防衛隊(YPG)に米国が武器供与を決定したことについては、エルドアン大統領は米国を直接批判することは避けたものの、YPGに対する強硬な姿勢は崩さなかった。

「われわれの地域の将来にテロ組織が存在する余地はない」とし、YPGは「決して容認しない」と断言した。

エルドアン大統領は今回の会談前、トランプ大統領に武器供与を巡る決定の撤回を求める考えを示していた。

http://jp.reuters.com/article/usa-turkey-idJPKCN18C2NP

結局面と向かって強く言うことはなく、仲良く共同会見して終了。

米中首脳会談みたいに喧嘩別れじゃなくて何よりだけど、結局は声明もなく何も進まなかったということだろう。

まあ、仲良くやってこうや。程度。

 

トルコ工業に悪い知らせ

米商務省、日本とトルコの鉄筋にダンピング認定 -ロイター 2017年5月17日

米国のロス商務長官は16日、日本とトルコから輸出された鉄筋について、ダンピング(不当廉売)があったとする最終判断を下したと声明で明らかにした。

トルコ製の鉄筋については補助金行為の存在も認定した。

これにより、日本の鉄筋メーカーには206.43─209.46%の反ダンピング関税が適用される可能性がある。

また、トルコのメーカーには反ダンピング関税として5.39─8.17%、補助金に対する相殺関税として16.21%が適用される可能性がある。

ロス長官は声明で「外国製品が米国で不当に販売されることによって、鉄鋼のような重要産業が打撃を受ける状況を米政府はこれ以上静観できない」と述べた。

コマーシャル・メタルズ(CMC.N)やニューコア(NUE.N)などが参加する米業界団体の要請を受け、米政府はダンピング調査を実施。商務省は今年3月、城南製鋼所や共英製鋼(5440.T)など日本企業に209.46%、トルコ企業に5.29─7.07%の反ダンピング関税を適用する方針を仮決定していた。

台湾メーカーには3.48─29.47%の関税適用が仮決定されたが、最終判断は7月の見込み。

今後は、米国際貿易委員会(ITC)が、鉄筋の輸入で国内産業が損害を受けていると最終的に認定した場合、制裁関税が発動される。日本とトルコについての最終判断は6月、台湾については8月に予定されている。

http://jp.reuters.com/article/usa-steel-rebar-idJPKCN18D01J

ここのところ堅調なトルコ工業に水を差すような報道。5~7%程度の関税とは言えあまり好ましくはない。

とは言え、記事にある通りこのダンピング問題は少し前から表面化していたのもあり、直接的にトルコリラの値動きに影響を与えるようなものではないだろう。

ちなみに調べてみると、トルコは2016年に中国からアクリル繊維に対して反ダンピング関税を掛けられるということがあったようだ。

 

トルコリラのご様子

ドルトルコリラ(USD/TRY)15分

日中上下したが、結局3.55付近で落ち着く。

あの会談内容はトルコリラを買う理由にも売る理由にもならず、といったところか。

 

ドル円(USD/JPY)15分足

昨日の23持頃からドルだだ下がり・・・ではなく、円が大きく上昇。

ドル安ではなく円高だ。

 

結果、トルコリラ円(15分足)

ドルトルコリラはヨコヨコ、ドル円はだだ下がり。結果、トルコリラ円もだだ下がり

昨日やっと32円を超えたかと思えば、この状況。

6月利上げ観測が徐々に低下しているようだが、ドルから流れる先が円でなく新興国通貨にならないものか。


トルコリラおすすめFX会社!

最新のスワップポイント第一位は、くりっく365

かつては店頭FXと条件が大きく違ったが、今では他のFX会社と同じ感覚で取引できる。

どのFX会社を通してもスワップポイントやスプレッドは一律なのだが、iサイクル注文が扱える外為オンラインや、このブログから口座開設+5万円入金で5,000円のキャッシュバックされるタイアップ中の岡三オンライン証券辺りがお勧め!

岡三オンライン証券

くりっく365 

くりっく365ってナニ?店頭FXと取引所FXの違いは如何に。


もう、社畜しない。限定タイアップ!

僕もメイン口座として使用しているFXプライムbyGMO

高スワップポイントだけでなく、約定力などの面でも信頼感が厚く、自信をもっておすすめできるFX会社。

更に、このブログから口座開設&翌月末までに新規3万通貨取引でキャッシュバック+3,000円の限定キャンペーン中!

もう、社畜しない。タイアップ用

スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【FXプライム byGMO】

僕がトルコリラ口座をFXプライム byGMOに変更した5つの理由。


トルコリラ円運用手法、それぞれの特徴とおすすめFX会社まとめ


レクタングル(大)

レクタングル(大)

-トルコリラ-ニュース

Copyright© もう、社畜しない。 , 2017 All Rights Reserved.