トルコリラ-ニュース

トルコリラ一時35円台に!ダウトオール首相退任報道で

更新日:

tryjpy35-davutoglu-500

僕は生きてます。

 

さて、つい昨日最安値を更新したトルコリラ。

なんか気になるなーと思いながら少し眠りも浅かったのだが、明け方4時頃目が覚めてスマホを見てみると・・・

tryjpy20160505

な、なんだこれ・・・

FX会社によってはスプレッドが開きすぎて正確な計測が出来ていなさそうだけど、僕の口座では底が35.866

ちなみに買いの底は35.924と記録されているのでほぼスプレッド拡大は無かったようだ。(時間で調整しているのかな)

スポンサーリンク

きっかけは首相退任報道

usdtry20160505

ドルトルコリラもライジング。ピークは2.9740

見た瞬間、ヘッジファンドのロスカット刈りか?と思ったのが第一印象だったのだが、それにしてはどうも戻りが鈍い。

どうやら3:30頃に現トルコ首相のアフメト・ダウトオール氏が5月中に退任すると報道された模様。この方、元々はエルドアン大統領の側近らしく、後任次第ではもう一波乱ありそう。

 

僕の口座の評価高

zandaka20160505

そ、そそそ想定内だ。ちょっと胃痛がするけどな。

運用実態で触れた建玉からドル円ショートを3枚追加しているので現在の保有は以下となる。

トルコリラ円ロング:45万通貨/平均39.049
ドル円ショート:14万通貨/平均109.854

GWでスワポが付いていないので、証拠金預託額は2,346,058円のまま。

トルコリラ円が35.866になった頃、ドル円は106.9円くらいだったので、その瞬間の評価残高を概算すると

トルコリラ円:-1,432,350円
ドル円:+413,560円

となり、瞬間評価残高は2,346,058-1,018,790で1,327,268円。上記ポジションの必要証拠金額は1,336,000円なので瞬間的に有効証拠金比率が100%を下回っていたことになる。

インヴァスト証券の場合、日々の取引終了持(毎日翌5:50/冬は6:50、金曜は50分前倒し)に100%割れしていなければ証拠金不足にはならないので、セーフだった。(120%割れのプレアラートは来たけど。)

とは言え、気を抜いてもいられないのでIPOの資金を動かそう。出金は5月9日月曜日だってさ。こういう辺りもしっかり把握しておくべきだね。

それまでに証拠金不足になったらとりあえず、ある現金動かすしかないな。

 

今が攻め時なのか?

昨日の記事でも書いた通り、まだまだ下落するかもしれないし、分からんよね。でも間違いないのは『今日買う人は昨日までに買った人よりも有利』ということ。

それをどう捉えるかは人それぞれ。

 

それにしても

ロスカットルールの管理ってホント大事だね。

これが有効比率100%で強制決済のFX会社だったら首飛んでたもんね。(そもそも仮にそうだったらIPO資金をどうこうなんてしないけど)

はーインヴァスト証券で良かったわー。(宣伝)口座開設は以下のバナーからどうぞ!!

トライオート

 

関連:トルコリラおすすめFX会社は?取引ルールとスワップポイントで比較!

レクタングル(大)

レクタングル(大)

-トルコリラ-ニュース

Copyright© もう、社畜しない。 , 2017 All Rights Reserved.