もう、社畜しない。

サラリーマンが副業で稼いで会社やめようとする話。主にトルコリラ・南アランドなどのスワップ。

S&P、トルコの格付け見通しをネガティブから安定的に引き上げ。

      2017/03/30

turkiye-sandp-bbstable-500

トルコのクーデターを受け、真っ先にS&Pがトルコをジャンク級に格下げし、続いてフィッチは見送り、ムーディーズは一度見送ってからの格下げ

と、主要三社のうち二社がトルコを『ジャンク級』としている現在の状況。

そんな中、S&Pがトルコの格付けを『BB Negative』から『BB Stable(安定的)』に変更したとの報道。(英語)

※正確に言うと『格付けはBBのまま、見通しをネガティブから安定的に引き上げ』

スポンサーリンク

Standard and Poor’s upgrades Turkey’s outlook to ‘stable’ from ‘negative’, rates BB  -DAILY SABAH 2016.11.5

Standard and Poor’s upgraded Turkey’s outlook to ‘stable’ from ‘negative’ on Friday. The credit rating agency rated the Turkish economy “BB.”

The agency also predicted that the state of emergency will continue at least until January 2017.

S&P said in the statement that it revised the Turkish economy’s outlook because the agency believes the policy makers of the country will continue to make crucial economic reforms.

http://www.dailysabah.com/economy/2016/11/04/standard-and-poors-upgrades-turkeys-outlook-to-stable-from-negative-rates-bb

政治はともかく経済は悪くないよ。と。

ここで大統領選を無事終えて、予想通りヒラリー、ややリスクオンに傾き、トルコリラ回復。そんなシナリオ。あるな。(あるか?)

 

非常事態宣言の行方

なお、同記事によるとトルコの非常事態宣言少なくとも2017年1月までは続くだろうとのこと。(上記青字箇所)

当初9月末に非常事態宣言が延長された際は1年以上なんて言われていた(というか、エルドアン大統領が示唆していた)ので、延長から約3カ月程度で終わるなら平和なものだろう。

しかし、エルドアン大統領はどうも死刑制度復活→ギュレン師逮捕→死刑と運ぼうとしているとの観測もあるので、ギュレン師問題の見通しが立つまでは非常事態宣言解除とは行かないのでは?とも思ってしまう。

なお取り締まり強化

先週のトルコリラ下落の一因でもあるが、今だにクーデター・ギュレン師関与疑いでの処分・拘束等は続いている模様。

トルコ、新たに1万人の公務員解雇 メディア取り締まりも強化 -ロイター 2016年10月31日

トルコ当局は29日、7月のクーデター未遂事件の首謀者とみなす米国在住のイスラム指導者ギュレン師やテロ組織との関連が疑われるとして、新たに1万人の公務員を解雇し、15以上のメディアを閉鎖したと官報で明らかにした。

クーデター未遂後の取り締まりで、10万人以上が解雇や停職処分を受け、3万7000人が逮捕された。エルドアン大統領は、ギュレン師の支持者を国の組織から一掃することが重要と述べている。

官報によると、今回解雇されたのは、研究者や教員、医療従事者、刑務所の看守、法医学の専門家など。閉鎖されたメディアも、7月以来160社近くとなった。

野党は、こうした動きこそクーデターだと批判。主要与党共和人民党(CHP)のセズギン・タンリクル氏は、「政府とエルドアン大統領が今していることは、法と民主主義に対する正にクーデターだ」とツイッター上に投稿された放送で述べた。

また、トルコの裁判所は30日、テロ組織のメンバーである可能性があるとして、クルド人が多数派を占める南東部ディヤルバクルの共同市長2人を、5日間の拘束の後、正式に逮捕した。情報筋が明らかにした。

http://jp.reuters.com/article/turkey-security-dismissals-idJPKBN12V0AF

この状況で本当に1月に収まるのだろうか。『少なくとも(at least)』ってことか。

とはいえ、上記述べた通り経済の方は堅調。政治が落ち着けばいよいよトルコリラの時代来る!かな!

フィッチがトルコをジャンクに引き下げ!S&Pも見通しをネガティブに!


トルコリラおすすめFX会社!

9月のスワップポイント付与額第一位は、GMOクリック証券

スワップポイントだけでなく、高スワップポイント&スプレッド原則2.9銭原則固定、スワップポイント引き出し可と文句なしの高スペック!

GMOクリック証券

GMOクリック証券でトルコリラ買い下がり運用開始!

もう、社畜しない。限定タイアップ!

僕もメイン口座として使用しているFXプライムbyGMO

高スワップポイントだけでなく、約定力などの面でも信頼感が厚く、自信をもっておすすめできるFX会社。

更に、このブログから口座開設&翌月末までに新規3万通貨取引でキャッシュバック+3,000円の限定キャンペーン中!

もう、社畜しない。タイアップ用

FXプライムbyGMOトルコリラ取引条件を考える

僕がトルコリラ口座をFXプライム byGMOに変更した5つの理由。


トルコリラ円運用手法、それぞれの特徴とおすすめFX会社まとめ


 - トルコリラ-ニュース