もう、社畜しない。

サラリーマンが副業で稼いで会社やめようとする話。主にトルコリラ・南アランドなどのスワップ。

日銀はマネタリーベースから利回り曲線目標へ。結局イッテコイ・・・?

      2017/03/28

yieldcurve-500

9月21日、ダブルヘッダーの前段、日銀政策決定会合・『総括的検証』付き。

過去の傾向からして12:30頃かな~と思われていたが、なかなか発表されず。

痺れを切らして下を刈ったりしながらも、発表が遅い時は政策変更ありなどとのジンクスも相まって発表前に102円を超える盛り上がり。

usdjpy-20160921-1

グイグイ上がってるだろ・・? 発表前なんだぜ、これ・・・・

スポンサーリンク

検証の結果は『長短金利操作付き量的・質的金融緩和(QQE)』

金融市場調節目標をこれまでのマネタリーベースから利回り曲線へ変更

マイナス金利は深掘りせず、0.1%で維持

長期金利(10年国債金利)がゼロ%程度で推移するよう、長期国債の買い入れ(年間80兆ペース維持)

・・・など。

なんとなく分かったような、分からないような。そんな内容だが

usdjpy-20160921-2

市場は円売りで動いた。

※ヒロセ通商に水平線描写ツールが導入されたのは良いのだが、レートが隠れている・・・。102.40前後である。

 

・・・のだが。

この内容、『大きく動いた感』があり反射的に円売りとなったが、黒田総裁の会見等で内容がはっきりとしていくにつれて・・・

usdjpy-20160921-3

結局全戻しのイッテコイに。

先週頃から『利回り曲線(イールドカーブ)のスティープ化』というフレーズが飛び交っていた。

銀行にはまあまあ悪くないながらも「10年ゼロターゲットにスティープ化しても・・・」だとか「円安要素ではない」などの観測も強い模様。

国債買い入れ額を調整するとの点には「緩和縮小では」との声もあるが、黒田総裁は否定している。

日銀総裁会見「テーパリングではない」 -ロイター 2016年9月21日

日銀の黒田東彦総裁は21日の記者会見で、金融緩和の主たる目安を従来の量から金利にシフトしたことで、これまで年間80兆円を維持してきた国債買い入れ額が「上下する」と指摘した。

同時に「テーパリング(緩和縮小)ではない」とも述べ、金融緩和後退との疑念をけん制した。

 

黒田総裁は今回の新たな枠組みについてテーパリングとの解釈を明確に否定したが、これまで固定していた買い入れの量を減額できる状態にシフトさせたとの印象が強い。やはり年間80兆円を買い続けるのは限界にきているため、ターゲットを変更せざるを得なかったというのが本音ではないか。

今回、黒田総裁は、市場にテーパリングであるとの解釈を与えないように万全の注意を払いながら、80兆円の国債買い入れのペース目標を、事実上、有名無実化した。

http://jp.reuters.com/article/kuroda-boj-instant-views-idJPKCN11R0U1

 

南アランド強し

トルコリラは完全にドル円に引きずられる形で同じような動き。

usdjpy-20160921-3

tryjpy-20160921

上がドル円再掲、下がトルコリラ円。

完全に一致・・・

南アランドは

zarjpy-20160921

上げには反応し、下げには屈しない!強い!

 

その後・・・

usdjpy-20160921-4

抵抗虚しくドルは1ヶ月ぶりの100円台へ。

トルコリラも33円台である。

FOMCを前にしてここまで下落すると、100円割れが怖い。流石に抵抗が大きいとは思うのだが、しかし・・・


トルコリラおすすめFX会社!

9月のスワップポイント付与額第一位は、GMOクリック証券

スワップポイントだけでなく、高スワップポイント&スプレッド原則2.9銭原則固定、スワップポイント引き出し可と文句なしの高スペック!

GMOクリック証券

GMOクリック証券でトルコリラ買い下がり運用開始!

もう、社畜しない。限定タイアップ!

僕もメイン口座として使用しているFXプライムbyGMO

高スワップポイントだけでなく、約定力などの面でも信頼感が厚く、自信をもっておすすめできるFX会社。

更に、このブログから口座開設&翌月末までに新規3万通貨取引でキャッシュバック+3,000円の限定キャンペーン中!

もう、社畜しない。タイアップ用

FXプライムbyGMOトルコリラ取引条件を考える

僕がトルコリラ口座をFXプライム byGMOに変更した5つの理由。


トルコリラ円運用手法、それぞれの特徴とおすすめFX会社まとめ


 - ドル他全般-ニュース