FX会社スペック

2019年7月トルコ利下げ後もFXプライムbyGMOだけが100円の高スワップを維持!

投稿日:2019年7月29日 更新日:

横這い

7月25日、トルコの政策金利が利下げされた。

これに伴い各社スワップポイントが低下しているが、その中でFXプライムbyGMOだけが唯一高スワップを維持している。

 

FXプライムbyGMOといえば、2017年頃まではトルコリラ円の高スワップを提供していたが、2018年からはちょっと低下してサヤ取りの売り口座としても使われていたFX会社。

しかし、この7月からトルコリラ円のスワップポイントが上昇、『100円/1万通貨』での提供が続いていた。

そして、この付与額は先日の政策金利利下げ後も変わらず提供されている。

 

当サイトでスワップポイントを集計しているFX会社のうち、利下げ後も変わらないスワップポイントを提供しているのはFXプライムbyGMOだけである。

これは、今後のトルコリラスワップ運用の主力になり得るかもしれないということで、利下げ後の各社のスワップ付与額についてまとめていく。

 

この記事のポイント

  • 7月25日の利下げを受け、スワップ付与額は下落傾向
  • FXプライムbyGMOは利下げ後も高水準のスワップを維持
  • サヤ取りは現状のままだとメキシコペソの方が有利

※2019年7月29日現在で確認できるスワップポイント付与額などに基いて執筆

 

トルコリラズロチのサヤ取りがアツい!

もう、社畜しない。タイアップ用

当ブログ限定でキャッシュバック+3,000円
僕がメイン口座をFXプライム byGMOにした理由

 

各社のスワップポイント付与額推移

FX会社7/227/237/247/257/267/29平均
FXプライムbyGMO1001001009010010096.25
マネーパートナーズ(nano)10010090909092.86
みんなのFX100100100100878796.75
LIGHT FX100100100100878796.75
サクソバンク証券981021041068799.40
マネーパートナーズ(PFX)10010090858291.00
くりっく365979695.7868192.44
ヒロセ通商90101901011028093.00
インヴァスト証券808080808080.00
SBI FXトレード858580807881.14
GMOクリック証券86858782777483.13
セントラル短資FX666666656064.71

※太字は3倍デーを1日あたりに換算して表記。平均は3倍デーを3日分に戻した上で算出。7月29日現在確認できる範囲での最終日の付与額順。

見ての通り、各社軒並み金利発表直後の26日から付与額を落としている。

ヒロセ通商は26日まで維持していたのだが、週明けの29日には付与額80円まで下落。

 

そんな中、FXプライムbyGMOだけが100円の付与額をキープしている。

 

何故FXプライムbyGMOは付与額をキープしているのか?

トルコリラ円キャッシュバックキャンペーン

FXプライムbyGMOのトルコリラ円キャッシュバックキャンペーン

金利低下という逆風の中、何故スワップポイントを維持しているのか…

これは完全に推測なのだが、同社が今トルコリラに力を入れているということだろう。

  • 7月からトルコリラ円取引量に応じたキャッシュバックキャンペーンを実施
  • 6月まで80円付近だったスワップポイント付与額が、7月から100円(3倍デーは270円に)

という状況から、今はトルコリラに注力しているので、多少金利が下がっても維持しているということではないだろうか。

 

同様の事象は2017年にもあったと記憶している。

当時は金利低下ではなくトルコとアメリカがビザの発給を相互に停止したことでトルコリラが急落したことが原因だったが、その時もFXプライムbyGMOは数ヶ月に渡りスワップポイントを引き下げることなく維持していた。

その時も同社はトルコリラに力を入れていたので、今回も同様にスワップポイントを維持してくれるのでは…と期待している。

 

一方、サヤ取りはかなり厳しい状況に

買いスワップが低下する一方で、売りスワップも同様に下落しているかというと必ずしもそうではない。

比較的マイナススワップが小さいところを挙げると…

  • SBI FXトレード:-83円/1万通貨(7月26日)
  • GMOクリック証券:-84円/1万通貨(7月29日)
  • セントラル短資FX:-85円/1万通貨(7月26日)

といったところ。

先月までは20円前後のサヤが抜けていたが、現状では精々15円ほど。

全くの不可能という訳ではないが、利益はかなり圧縮されてしまった。

 

しばらくして付与額が落ち着けばいいのだが、現状ではサヤ取りはメキシコペソの方が現実的である。

(買い:セントラル短資FX、売り:GMOクリック証券

GMOクリック証券のメキシコペソ取扱い開始によりメキシコペソサヤ取りがアツい!

2019年7月8日、GMOクリック証券がメキシコペソ円の取り扱いを開始した。 これによって競争が激化し、メキシコペソの取引条件もどんどん良く…と思ったのだが、スプレッドは狭いものの残念ながらスワップポ ...

続きを見る

 

まとめ

  • 7月25日の利下げを受け、スワップ付与額は下落傾向
  • FXプライムbyGMOは利下げ後も高水準のスワップを維持
  • サヤ取りは現状のままだとメキシコペソの方が有利

スワップポイントは常に一定という訳ではない。

今回の利下げに加え、エルドアン大統領が『利下げは不十分』と言っていることに加え、市場予想でも年内に2.0ポイントの利下げが有力視されている。

その時々の付与額を見ながら、最も有利なFX会社を使っていきたいところである。

 

もう、社畜しない。タイアップ用

 

スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【FXプライム byGMO 選べる外貨】

スワップ運用スペック比較:FXプライムbyGMO編! トルコリラ円のスプレッド4.8銭原則固定の恒常化、メキシコペソの取扱開始などワクワクする情報も多い中、そのスペックや特徴についてまとめてみた。 & ...

続きを見る

 


人気記事

1

僕が今ゾッコンなトルコリラの『スワップポイント』について話をしたい。 寝てる間に毎月10万円弱をお財布に入れてくれる可愛い奴だ。   この記事では、そんなトルコリラについて・・・ トルコリラ ...

2

バイアンドホールド、積立、サヤ取り、リピート・・・ 一言にスワップ運用と言っても色々な手法があるが、具体的にはどんな特徴があって、何を基準に選んだら良いのか。 この記事では、これからスワップ運用を始め ...

3

2018年8月の急落から徐々に回復しつつあるトルコリラだが、『やはり下落は心配なので全力で買うのは怖い・・・』なんて方も多いのではないだろうか。 スワップポイントは確かに魅力だが、それ以上に通貨価値が ...

4

ポーランドズロチという通貨をご存知だろうか。 その名の通りポーランドで流通している通貨で、雑に言うと以下のような特徴がある。 ユーロと非常に良く似た値動き 買いスワップポイントはやや高め ということは ...

5

スワップポイント運用といえば、トルコリラが人気! でもトルコリラよりも前から高金利通貨として各社取り扱いのあった南アランド(南アフリカランド)や、最近くりっく365に上場して注目を集めるメキシコペソも ...

6

  >ランキングまでジャンプ<   高いスワップポイントが魅力の、トルコリラ。 高金利通貨の中でも特に高い政策金利 & スワップポイントが人気の通貨である。 せっかく運用す ...

7

  >ランキングまでジャンプ<   高いスワップポイントが魅力の、南アフリカランド。 トルコリラよりも落ち着いた値動きなのが魅力である。 そんな南アフリカランド、せっかく運用するな ...

8

  >ランキングまでジャンプ<   高いスワップポイントが魅力の、メキシコペソ。 南アフリカランドよりもちょっとスワップポイントが高く、トルコリラよりも値動きが落ち着いている割とい ...

9

ここまで雑然と記事を並べてしまったので、これからトルコリラを初めようとしている貴方に『これだけは読んでおいて欲しい』このブログのおすすめ記事をまとめた。 トルコリラに限らず、南アランド・メキシコペソと ...

-FX会社スペック

Copyright© もう、社畜しない。 , 2019 All Rights Reserved.