ニュース・指標

Brexit決戦前夜、どう過ごす?世論調査は残留やや優位。

投稿日:2016年6月23日 更新日:

before-brexit-500

さて日本時間6月23日15:00、いよいよイギリスのEU離脱を掛けて国民投票が始まった。

直近の複数の世論調査ではいずれも残留派がやや優勢。

英EU残留派がリード、投票前夜公表の2つの調査 -ロイター 2016年6月23日

英国の欧州連合(EU)離脱の是非を問う国民投票について、22日遅くに公表された2つの世論調査は、ともにEU残留支持が離脱支持をリードする結果となった。国民投票は23日朝に開始される。

EU離脱が英国経済にもたらす悪影響を懸念する投資家は調査結果を好感し、ポンドが対米ドルで年初来高値に急伸した。

デイリーメール紙とITVが公表したComResによる電話調査では、残留支持が48%と、離脱支持の42%を6ポイントリード。

6月14日にサン紙が公表したComResの調査では、残留派のリードはわずか1ポイントだった。

(略)

これとはほぼ同時に、タイムズ紙が公表した調査会社ユーガブによる世論調査の結果は、残留支持が51%、離脱が49%だった。前回調査では離脱派が残留派をリードしていた。

https://jp.reuters.com/article/britain-eu-exit-remain-idJPKCN0Z9036

 

英国のEU残留支持52%、離脱支持48%=イプソスモリ調査 -ロイター 2016年6月23日

調査会社イプソスモリの世論調査によると、英国の欧州連合(EU)残留を支持する人は52%、離脱を支持する人は48%だった。

イブニング・スタンダード紙が伝えた。

調査は、現地時間21日から22日午後9時(2000GMT)にかけて1592人を対象に実施した。

https://jp.reuters.com/article/idJPT9N14R00O

トルコリラズロチのサヤ取りがアツい!

もう、社畜しない。タイアップ用

当ブログ限定でキャッシュバック+3,000円
僕がメイン口座をFXプライム byGMOにした理由

 

オッズは残留派圧倒的優位

上の記事にも書かれているが、イギリスのEU離脱についてのオッズでは残留85%、離脱15%と残留支持が圧倒的に勝っている。

世論調査の類は、というかスコットランドの独立投票が接戦と言いながら残留圧勝だったのが記憶に新しい。(全票では反対=残留55%だが、行政区画単位では残留28、独立4だった)

その辺りもあってだろうか、世論調査の割に世間のムードは残留寄りである。

推測だが、世論調査の世代に偏りがある等の理由もあるのではないだろうか。(高齢者が離脱派、若者が残留派という傾向がある)

なお、イギリスは雨の予報が外れて見事に晴れ上がり、若者の投票率が上がることが予想されている。

 

これを受けて市場の反応

まずはポンド円

gbpjpy20160623

残留ムード高まり、一気に急上昇。

 

usdjpy20160623

釣られてドル円も同じような波形で上昇。

同じような波形だが、ドル円は一瞬下げたところから2円弱、対してポン円は4円以上の上昇である。流石ポン円はスケールが違う。

 

そしてトルコリラ

tryjpy20160623

円安に釣られてトルコリラも急上昇!37円手前まで上昇した。

これはただ円安になっただけではなく、ドルトルコリラを見てみると・・・

usdtry20160623

ドルに対してもトルコリラが買われている!

EU離脱でリスクオフ基調だったのが、どうやら残留しそうなのでリスクオンに寄った、買い戻したというところか。

GW中の首相退任報道依頼、7週間ぶりの水準に。僕の口座の評価損もそれ以来最低になっている。嬉しい。

 

とは言え油断は出来ない

蓋を開けて見るまで何が出るかは分からないのが相場の世界。

結果は残留でも、最初に開票が終わった地域がたまたま離脱優勢でまた暴落、なんてケースが懸念される。

投票終了・開票開始は日本時間24日6:00。それまでポジションを離すも一つ、信じた方向に持つも一つ。

僕のポジションはガチホールドしたまま。

今日は徹夜!という人も多いかもしれないが、開票前に動くのは一過性のものだと思われるので早寝早起きするとしよう。

 

スワップ運用おすすめFX会社!

トルコリラなら:サクソバンク証券

トルコリラなら、スワップポイント爆増中のサクソバンク証券がおすすめ!

  • スワップポイント123.64円(1月平均実績)
  • スプレッド2.9銭(1月平均)
  • 月曜午前3時から取引可能

軒並みハイスペックで、とりあえず抑えておいて間違いないFX会社。

更に、当ブログ限定で口座開設&新規5万通貨以上の取引でキャッシュバック+3,000円!

サクソバンク証券

スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【サクソバンク証券】

 

南アフリカランドなら:FXプライム byGMO!

南アフリカランドは、スワップポイント最高峰のFXプライム byGMOがおすすめ!

  • スワップポイント15.07円(1月平均実績)
  • スプレッド1.0銭

毎月1,2位を争うスワップポイントをキープしており、安定感が強い。

もう、社畜しない。タイアップ用

今、この記事のバナー・リンクから口座開設して翌月末までに新規3万通貨以上の取引をすると限定でキャッシュバックが最大+3,000円になるキャンペーン中!

 

詳細スペック:スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【FXプライム byGMO 選べる外貨】

口座開設はこちら:FXプライムbyGMO

 

メキシコペソなら:セントラル短資FX!

メキシコペソなら、セントラル短資FXがおすすめ!

  • メキシコペソ円スワップポイント平均15.00円/1万通貨!
  • スプレッド0.5銭!

2018年11月からメキシコペソ円の取り扱いを開始し、最高水準のスワップポイント & 最狭スプレッドを提供し続けている!

FXダイレクトプラス

スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【セントラル短資FX】

 

トルコリラはサヤ取り(アービトラージ)も視野に!

トルコショックもあり、昨今下落が止まらないトルコリラ。

下落への対策として、サヤ取りという手段を検討してみては如何だろうか。

僕はトルコリラ運用の主軸をこちらにシフトしている、

通貨下落リスクなし!スワップポイントサヤ取り(アービトラージ)を徹底解説!

2018年8月の急落から徐々に回復しつつあるトルコリラだが、『やはり下落は心配なので全力で買うのは怖い・・・』なんて方も多いのではないだろうか。 スワップポイントは確かに魅力だが、それ以上に通貨価値が ...

続きを見る

 


おすすめ記事

1

僕が今ゾッコンなトルコリラの『スワップポイント』について話をしたい。 寝てる間に毎月10万円弱をお財布に入れてくれる可愛い奴だ。   この記事では、そんなトルコリラについて・・・ トルコリラ ...

2

  バイアンドホールド、積立、サヤ取り、リピート・・・ 一言にスワップ運用と言っても色々な手法があるが、具体的にはどんな特徴があって、何を基準に選んだら良いのか。 この記事では、これからスワ ...

3

2018年8月の急落から徐々に回復しつつあるトルコリラだが、『やはり下落は心配なので全力で買うのは怖い・・・』なんて方も多いのではないだろうか。 スワップポイントは確かに魅力だが、それ以上に通貨価値が ...

4

ポーランドズロチという通貨をご存知だろうか。 その名の通りポーランドで流通している通貨で、雑に言うと以下のような特徴がある。 ユーロと非常に良く似た値動き 買いスワップポイントはやや高め ということは ...

5

スワップポイント運用といえば、トルコリラが人気! でもトルコリラよりも前から高金利通貨として各社取り扱いのあった南アランド(南アフリカランド)や、最近くりっく365に上場して注目を集めるメキシコペソも ...

6

高いスワップポイントが魅力の、トルコリラ。 高金利通貨の中でも特に高い政策金利 & スワップポイントが人気のポイント。 せっかく運用するのならば、やはりスワップポイントの高いFX会社で運用をし ...

7

高いスワップポイントが魅力の、南アフリカランド。 トルコリラよりも落ち着いた値動きなのが魅力である。 せっかく運用するのならば、やはりスワップポイントの高いFX会社で運用をしたいところ。   ...

8

高いスワップポイントが魅力の、メキシコペソ。 南アフリカランドよりもちょっとスワップポイントが高く、トルコリラよりも値動きが落ち着いている割といい塩梅なのが人気のポイント。 せっかく運用するのならば、 ...

9

ここまで雑然と記事を並べてしまったので、これからトルコリラを初めようとしている貴方に『これだけは読んでおいて欲しい』このブログのおすすめ記事をまとめた。 トルコリラに限らず、南アランド・メキシコペソと ...

-ニュース・指標

Copyright© もう、社畜しない。 , 2019 All Rights Reserved.