トルコリラ-指標

2017年10月のトルコ工業生産・小売売上と11月雇用統計!トルコリラは29.5円を突破!

投稿日:2017年12月8日 更新日:

トルコリラは先週の底打ちから徐々に回復。

インフレもイマイチながら指標発表を乗り越え、久々の29円台をキープしながら迎えた12月8日16:00のトルコ10月工業生産 & 小売売上

そして、同日22:30は注目の米雇用統計!併せて見て行こう!

トルコリラ・ズロチのサヤ取りがアツい!

もう、社畜しない。タイアップ用

当ブログ限定でキャッシュバック+3,000円
僕がメイン口座をFXプライム byGMOにした理由

 

米トルコ小競り合い

ビザやらレザ・ザラブやら賄賂ほどインパクトは大きくないと思われるが、米トルコ関係がまた悪化しそうな火種たち。

国内的には、アメリカに噛み付いた方が支持を得られるのだろうけど・・・それで通貨安、経済悪化したら見切りを付ける国民も多そうなものだが。

 

エルサレム首都認定問題

先日の記事の中で触れた、アメリカがエルサレムをイスラエルの首都と認めた件。

当然イスラム圏にとっては面白くない話で、エルドアン大統領もまた猛抗議

これ自体を切り出せば当然の対応なのだが、この状況下で揉め事増やしてほしくないな、というのが正直なところ。

 

YPG武器供与

シリア・IS問題解決の為、アメリカがクルド人武装組織に武器提供をしていた件。

沈静化と共に武器提供は停止されたと報じられていたが、どうやら供給が続けられていた模様。

トルコはYPGをテロ組織としてみなしている為、これまたトルコにとっては面白くない話である。

 

トルコ指標!

実は工業生産・小売の前に、昨日7日23:30に11月財務省現金残高が発表されている。

こちらは大して注目すべき指標でもないのだが、一応順に見ておきたい。

 

12月7日 23:30 トルコ11月財務省現金残高

予想情報なし、今回56.50億トルコリラ(前回-45.00億トルコリラ)

 

12月8日 16:00 トルコ10月工業生産(前月比)

予想+0.3%に対し、今回+0.7%(前回+0.7%)

12月8日 16:00 トルコ10月工業生産(前年比)

予想+5.3%に対し、今回+7.3%(前回+0.7%)

12月8日 16:00 トルコ10月小売売上(前月比)

予想+0.4%に対し、今回+0.1%(前回-0.6%)

12月8日 16:00 トルコ10月小売売上(前年比)

予想-0.2%に対し、今回+2.4%(前回-1.2%)

 

まあまあ、全体的にまずまずの結果なのでは?

特に小売。前月比は何とかプラスというところだが、前年比についてはマイナス予想を覆してそこそこ良い数字が出ている。

前月といえばビザ発給停止での急落があったが、通貨安の中でも小売が伸びているというのは中々頼もしい。

 

それでは雇用統計!

12月8日 22:30 米11月非農業部門雇用者数変化

予想+20.0万人に対し、今回+22.8万人(前回+24.4万人)

12月8日 22:30 米11月失業率

予想4.1%に対し、今回4.1%(前回4.1%)

12月8日 22:30 米11月平均時給(前月比)

予想+0.3%に対し、今回+0.2%(前回-0.1%)

 

雇用者数は予想よりも良し!概ねADPと(珍しく)合ってる結果に。

しかし、こっそりと前回平均時給が±0% → -0.1%に下方修正されており、こちらに注目が集まる可能性も。

 

これらを受けてトルコリラ

ドル円(USD/JPY)15分足

上下しつつも、全体的な方向としては下へ!

昨日からかなり買われていたので、一旦調整の向きもあるのだろう。ただし雇用統計なので全戻しも充分あり得る

 

ドルトルコリラ(USD/TRY)15分足

ドルトルコリラ15分足

ドルが売られるということは、相対的にトルコリラが買われる!

これは3.80を射程に捉えたのでは・・・!

トルコリラに勢いがない時は、ドル円が下がるだけでドルトルコリラ横這い(つまり、ただ円が買われておしまい)というパターンが多いけど、しっかり反応するときは勢いがある時の証!

 

トルコリラ円(TRY/JPY)15分足

トルコリラ円15分足

ついに29.5円に到達!

これはもしかして来週の政策金利を待たずして30円到達してしまう可能性も・・・!?

※とか言ってると大概、来週前半で一旦調整される。

注目の政策金利は14日(木)20:00。利上げ期待が先行している感もあるので、トルコリラ回復したから利上げやーめた、ってなると失望売りを招く恐れも。しっかり利上げして、インフレも抑え込んで頂きたい。

足元、懸念材料はありながらもトルコリラに勢いがあるので、この状況下で利上げすれば30円は期待できそうか。

 

スワップ運用おすすめFX会社!

トルコリラなら:サクソバンク証券

トルコリラなら、スワップポイント爆増中のサクソバンク証券がおすすめ!

  • スワップポイント123.64円(1月平均実績)
  • スプレッド2.9銭(1月平均)
  • 月曜午前3時から取引可能

軒並みハイスペックで、とりあえず抑えておいて間違いないFX会社。

更に、当ブログ限定で口座開設&新規5万通貨以上の取引でキャッシュバック+3,000円!

サクソバンク証券

スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【サクソバンク証券】

 

南アフリカランドなら:FXプライム byGMO!

南アフリカランドは、スワップポイント最高峰のFXプライム byGMOがおすすめ!

  • スワップポイント15.07円(1月平均実績)
  • スプレッド1.0銭

毎月1,2位を争うスワップポイントをキープしており、安定感が強い。

もう、社畜しない。タイアップ用

今、この記事のバナー・リンクから口座開設して翌月末までに新規3万通貨以上の取引をすると限定でキャッシュバックが最大+3,000円になるキャンペーン中!

 

詳細スペック:スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【FXプライム byGMO 選べる外貨】

口座開設はこちら:FXプライムbyGMO

 

メキシコペソなら:セントラル短資FX!

メキシコペソなら、セントラル短資FXがおすすめ!

  • メキシコペソ円スワップポイント平均15.00円/1万通貨!
  • スプレッド0.5銭!

2018年11月からメキシコペソ円の取り扱いを開始し、最高水準のスワップポイント & 最狭スプレッドを提供し続けている!

FXダイレクトプラス

スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【セントラル短資FX】

 

トルコリラはサヤ取り(アービトラージ)も視野に!

トルコショックもあり、昨今下落が止まらないトルコリラ。

下落への対策として、サヤ取りという手段を検討してみては如何だろうか。

僕はトルコリラ運用の主軸をこちらにシフトしている、

通貨下落リスクなし!スワップポイントサヤ取り(アービトラージ)を徹底解説!

2018年8月の急落から徐々に回復しつつあるトルコリラだが、『やはり下落は心配なので全力で買うのは怖い・・・』なんて方も多いのではないだろうか。 スワップポイントは確かに魅力だが、それ以上に通貨価値が ...

続きを見る

 

関連コンテンツ

おすすめ記事

1

僕が今ゾッコンなトルコリラの『スワップポイント」について話をしたい。 寝てる間に毎月10万円弱をお財布に入れてくれる可愛い奴だ。   この記事では、そんなトルコリラについて・・・ トルコリラ ...

2

  バイアンドホールド、積立、サヤ取り、リピート・・・ 一言にスワップ運用と言っても色々な手法があるが、具体的にはどんな特徴があって、何を基準に選んだら良いのか。 この記事では、これからスワ ...

3

2018年8月の急落から徐々に回復しつつあるトルコリラだが、『やはり下落は心配なので全力で買うのは怖い・・・』なんて方も多いのではないだろうか。 スワップポイントは確かに魅力だが、それ以上に通貨価値が ...

4

スワップポイント運用といえば、トルコリラが人気! でもトルコリラよりも前から高金利通貨として各社取り扱いのあった南アランド(南アフリカランド)や、最近くりっく365に上場して注目を集めるメキシコペソも ...

5

高いスワップポイントが魅力の、トルコリラ。 高金利通貨の中でも特に高い政策金利 & スワップポイントが人気のポイント。 せっかく運用するのならば、やはりスワップポイントの高いFX会社で運用をし ...

6

高いスワップポイントが魅力の、南アフリカランド。 トルコリラよりも落ち着いた値動きなのが魅力である。 せっかく運用するのならば、やはりスワップポイントの高いFX会社で運用をしたいところ。   ...

7

高いスワップポイントが魅力の、メキシコペソ。 南アフリカランドよりもちょっとスワップポイントが高く、トルコリラよりも値動きが落ち着いている割といい塩梅なのが人気のポイント。 せっかく運用するのならば、 ...

8

ここまで雑然と記事を並べてしまったので、これからトルコリラを初めようとしている貴方に『これだけは読んでおいて欲しい』このブログのおすすめ記事をまとめた。 トルコリラに限らず、南アランド・メキシコペソと ...

-トルコリラ-指標
-, , , ,

Copyright© もう、社畜しない。 , 2019 All Rights Reserved.