スワップ-手法など

リスク分散通貨ペア第二弾、ユーロ・南アランドほか。ヒロセ通商編

投稿日:2016年4月13日 更新日:

eurzar-etc-hirose_500

さて先日から円高怖いからクロス円偏重はいかんとか、ドルトルコリラ@ヒロセ通商はどうなのか?とか色々とリスク分散先を模索しているところ。

ドルトルコリラはイマイチと言わざるを得ない結果だったけど、それ以外にも通貨ペアが多いのが特徴のヒロセ通商LION FX。

1通貨ペア(トルコリラ円も含めると2ペアか)だけ見てイマイチ判定下してたらヒロセ通商に失礼なので、他の通貨ペアについても見ていきたい。

前提として、4月13日付与スワップ(水曜なので÷3、小数第三位四捨五入、円換算後の値を取る)、4月13日22時頃のレートを基準に語る。1月は30日で。

 

比較対象

資金100万円、トルコリラ円15万通貨での運用。こことレバレッジを合わせることを基準にする。(1,000通貨未満四捨五入)

ぼくが利用しているインヴァスト証券トライオートFXを基準とし、スワポ日額は110円/1万通貨とする。

よってスワポ日額1,650円、月間49,500円。

 

まずはユーロトルコリラ

ドルトルコリラはイマイチだったけど、世間一般にはクロス円やドルストレートよりもスワポが高めのクロスユーロ。期待。

本日のレートは3.22くらい。よって、15万÷3.22(≒15万÷123×38.3)で取引数量は47,000通貨(ユーロ)。

1000通貨あたりのスワポは11.49円/日なので、スワポ日額は540円!月間16,200円!ドル円と同じくらいの結果!残念!

ちなみに必要証拠金は9,800円/1,000通貨、許容は1148pips、3.335くらいになったらロスカットだ。

 

次いでドル南アランド

いわゆるドルザー。レートは14.6くらい。取引数量は15万÷110×38.3で52,000通貨(ドル)。

1,000通貨あたりのスワポは3.69円/日なのでスワポ日額は192円、月間で5,760円!

許容は1063pipsで、14.71くらいになるとロスカット。

 

最後にユーロ南アランド!

レートは16.45くらい。ユロリラと同じで47,000通貨。スワポ日額243円。月間で7,290円。はい。

必要証拠金はユーロトルコリラとおなじで許容pipsもおなじ。16.57なったらロスカね、はい。(投げやり)

 

結論

やっぱりトルコリラ円がナンバーワンや・・・

まあでも、円高の影響を受けにくい通貨ペアとして持っておくのは悪い選択じゃないよね。

いや、その資金をトルコリラの方に投入して下落バッファとした方が健全か。(レバレッジ下げ)

インヴァスト証券トライオートFXで、100万円の資金、トルコリラ15万通貨で運用すると5円ちょっとの下落に耐えられる。

もう100万円あったら、上記の通貨ペアでリスク分散するのも一つ。でも同じ口座に単純に100万円入れるだけで12円の下落に耐えられるようになる。

ちょっとでもスワポ貰えるのは確かに魅力的、でもリスクと比べて見合うリターンか?という疑問。

他と比較すると際立つけど、必要証拠金の少なさって大きなポイントだね。

そんなこんなでトライオートFX、おすすめです。

トライオート

 

参考:トルコリラおすすめFX会社は?取引ルールとスワップポイントで比較!

関連コンテンツ

おすすめ記事

1

僕が今ゾッコンなトルコリラの『スワップポイント」について話をしたい。 寝てる間に毎月10万円弱をお財布に入れてくれる可愛い奴だ。   この記事では、そんなトルコリラについて・・・ トルコリラ ...

2

8月に入ってトルコリラ積立と買い下がり運用を開始したのだが、バラバラと記事を書いてしまったので記事が散らばってしまった感がある。 過去に書いたものの整理の意味も含めて、トルコリラ円運用の手法についてま ...

3

エルドアンの退陣を期待していた僕にとって、先日の大統領選は正直残念な結果であった。 これを機にトルコリラが反転してくれればと思っていたが、まだ受難が続きそうだ。 『即・急落』という訳ではないと思うが、 ...

4

スワップポイント運用といえば、トルコリラが人気! でもトルコリラよりも前から高金利通貨として各社取り扱いのあった南アランド(南アフリカランド)や、最近くりっく365に上場して注目を集めるメキシコペソも ...

5

高いスワップポイントが魅力の、トルコリラ。 高金利通貨の中でも特に高い政策金利 & スワップポイントが人気のポイント。 せっかく運用するのならば、やはりスワップポイントの高いFX会社で運用をし ...

6

高いスワップポイントが魅力の、南アフリカランド。 トルコリラよりも落ち着いた値動きなのが魅力である。 せっかく運用するのならば、やはりスワップポイントの高いFX会社で運用をしたいところ。   ...

7

高いスワップポイントが魅力の、メキシコペソ。 南アフリカランドよりもちょっとスワップポイントが高く、トルコリラよりも値動きが落ち着いている割といい塩梅なのが人気のポイント。 せっかく運用するのならば、 ...

8

ここまで雑然と記事を並べてしまったので、これからトルコリラを初めようとしている貴方に『これだけは読んでおいて欲しい』このブログのおすすめ記事をまとめた。 トルコリラに限らず、南アランド・メキシコペソと ...

-スワップ-手法など

Copyright© もう、社畜しない。 , 2018 All Rights Reserved.