ニュース・指標

2016年6月のFOMC議事録、やっぱり利上げには消極的。今頃何を話してるだろうか。

投稿日:2016年7月7日 更新日:

fomc-20160614-15-500

7月7日の3:00に、6月14日~15日開催のFOMC議事録が公開された。

5月雇用統計発表の後、イギリス国民投票を控えた時期の議事録だ。

利上げ待つのが賢明、英離脱問題を見極め=米FOMC議事要旨 -ロイター 2016年7月7日(抜粋)

利上げに踏み切る前に国民投票の影響を見極めることが望ましいとの結論に至っていたことが分かった。

議事要旨は「金融緩和をもう一段取り除くことが正当化されるかどうか判断する前に、英国の国民投票がもたらす結果について追加のデータを待つことが賢明だと、メンバーは総じて一致した」としている。

議事要旨によると、複数の政策決定者は米国の雇用急減速も金利据え置きの理由に挙げた。

英国の国民投票以降、ドルは主要通貨に対して2%を超える値上がりとなっている。議事要旨の公表を受けてドルはやや下落した。

「利上げを支持するにはあと数カ月分の堅調な経済指標が必要になる」と指摘。この日の米債券市場では、FRBが2017年にかけて金利を据え置くのではないかとの見方から、米10年債と30年債利回りが過去最低を更新している。

https://jp.reuters.com/article/usa-fed-idJPKCN0ZM2AI?sp=true

トルコリラズロチのサヤ取りがアツい!

もう、社畜しない。タイアップ用

当ブログ限定でキャッシュバック+3,000円
僕がメイン口座をFXプライム byGMOにした理由

 

つまるところ

「今はまだちょっと止めとこ?」ということだよね。国民投票前の段階で。

その後国民投票で離脱派が過半数となり、更に情勢は変化した。『むしろ利下げ』という声が聞こえてきたのもBrexit後の話。

市場にしてみれば予想通り、特に大きな判断材料なし、といったところだろうか。(強いて言えば、Brexitと併せて年内利上げの可能性は極めて低いと再確認された程度か。)

 

この結果ドルの動き

usdjpy20160707

101.5辺りで彷徨っていたところから、101.0前後までやや下降。

あまり大きなインパクトは無かったと言える。むしろ市場としては「Brexit受けての動向はどうなんだよ」という話だろう。

 

黒田総裁は狼少年化?

物価の基調は着実に高まる、必要なら追加緩和=黒田日銀総裁 -ロイター 2016年7月7日

黒田東彦日銀総裁は7日、本店で開かれている支店長会議であいさつし、景気は基調として緩やかな回復を続けており、先行きも緩やかに拡大していく、と語った。物価の基調は着実に高まるとしながらも、2%の目標に必要と判断した場合は、追加緩和措置を講じる姿勢をあらためて示した

(略)

金融政策運営では、2%の物価安定目標の実現を目指して「これを安定的に持続するために必要な時点まで、マイナス金利付き量的・質的金融緩和を継続する」とし、経済・物価のリスク要因を点検し、物価安定目標の実現に必要な場合には「量・質・金利の3つの次元で、追加的な金融緩和措置を講じる」と表明した。

https://jp.reuters.com/article/kuroda-boj-idJPKCN0ZN027

反応は上記チャートの通り。ほぼ無風。

ここ最近の会合はお茶飲み感ある「注視していくことを確認」してばかりだし、「もう緩和出来ないんじゃないか」観測もあるよね。

ちょっと油断したタイミングで追加緩和ありそうだけど。

 

リスクオン来るか

コラム:英離脱の副産物、新興国揺さぶる過剰流動性=西濱徹氏 -ロイター 2016年7月7日

英国民投票での欧州連合(EU)離脱決定は、事前の世論調査で「残留」優勢と伝えられていたこともあって、国際金融市場では当初、大きな驚きをもって受け止められた。

ただし、その後は主要国を中心に十分な流動性対策がとられていることに加え、懸案事項である米追加利上げの先送り観測が強まっていることも手伝って、予想外に早く状況を克服しつつあるようにみえる。

新興国などにおいては、国際金融市場の動揺が資金流出につながり、国内金融市場における信用収縮が景気の下押し圧力を招くとの見方があった。だが、国際金融市場が「流動性相場」の様相を呈するなか、利回りを求める資金流入がかえって強まる動きすらみられる。

https://jp.reuters.com/article/column-forexforum-toru-nishihama-idJPKCN0ZN0SG

行き場を失った資金の一部が新興国に来ようとしている・・・のか?

このままトルコリラも強くなってほしいものだ。

 

スワップ運用おすすめFX会社!

トルコリラなら:サクソバンク証券

トルコリラなら、スワップポイント爆増中のサクソバンク証券がおすすめ!

  • スワップポイント123.64円(1月平均実績)
  • スプレッド2.9銭(1月平均)
  • 月曜午前3時から取引可能

軒並みハイスペックで、とりあえず抑えておいて間違いないFX会社。

更に、当ブログ限定で口座開設&新規5万通貨以上の取引でキャッシュバック+3,000円!

サクソバンク証券

スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【サクソバンク証券】

 

南アフリカランドなら:FXプライム byGMO!

南アフリカランドは、スワップポイント最高峰のFXプライム byGMOがおすすめ!

  • スワップポイント15.07円(1月平均実績)
  • スプレッド1.0銭

毎月1,2位を争うスワップポイントをキープしており、安定感が強い。

もう、社畜しない。タイアップ用

今、この記事のバナー・リンクから口座開設して翌月末までに新規3万通貨以上の取引をすると限定でキャッシュバックが最大+3,000円になるキャンペーン中!

 

詳細スペック:スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【FXプライム byGMO 選べる外貨】

口座開設はこちら:FXプライムbyGMO

 

メキシコペソなら:セントラル短資FX!

メキシコペソなら、セントラル短資FXがおすすめ!

  • メキシコペソ円スワップポイント平均15.00円/1万通貨!
  • スプレッド0.5銭!

2018年11月からメキシコペソ円の取り扱いを開始し、最高水準のスワップポイント & 最狭スプレッドを提供し続けている!

FXダイレクトプラス

スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【セントラル短資FX】

 

トルコリラはサヤ取り(アービトラージ)も視野に!

トルコショックもあり、昨今下落が止まらないトルコリラ。

下落への対策として、サヤ取りという手段を検討してみては如何だろうか。

僕はトルコリラ運用の主軸をこちらにシフトしている、

通貨下落リスクなし!スワップポイントサヤ取り(アービトラージ)を徹底解説!

2018年8月の急落から徐々に回復しつつあるトルコリラだが、『やはり下落は心配なので全力で買うのは怖い・・・』なんて方も多いのではないだろうか。 スワップポイントは確かに魅力だが、それ以上に通貨価値が ...

続きを見る

 


おすすめ記事

1

僕が今ゾッコンなトルコリラの『スワップポイント』について話をしたい。 寝てる間に毎月10万円弱をお財布に入れてくれる可愛い奴だ。   この記事では、そんなトルコリラについて・・・ トルコリラ ...

2

  バイアンドホールド、積立、サヤ取り、リピート・・・ 一言にスワップ運用と言っても色々な手法があるが、具体的にはどんな特徴があって、何を基準に選んだら良いのか。 この記事では、これからスワ ...

3

2018年8月の急落から徐々に回復しつつあるトルコリラだが、『やはり下落は心配なので全力で買うのは怖い・・・』なんて方も多いのではないだろうか。 スワップポイントは確かに魅力だが、それ以上に通貨価値が ...

4

ポーランドズロチという通貨をご存知だろうか。 その名の通りポーランドで流通している通貨で、雑に言うと以下のような特徴がある。 ユーロと非常に良く似た値動き 買いスワップポイントはやや高め ということは ...

5

スワップポイント運用といえば、トルコリラが人気! でもトルコリラよりも前から高金利通貨として各社取り扱いのあった南アランド(南アフリカランド)や、最近くりっく365に上場して注目を集めるメキシコペソも ...

6

高いスワップポイントが魅力の、トルコリラ。 高金利通貨の中でも特に高い政策金利 & スワップポイントが人気のポイント。 せっかく運用するのならば、やはりスワップポイントの高いFX会社で運用をし ...

7

高いスワップポイントが魅力の、南アフリカランド。 トルコリラよりも落ち着いた値動きなのが魅力である。 せっかく運用するのならば、やはりスワップポイントの高いFX会社で運用をしたいところ。   ...

8

高いスワップポイントが魅力の、メキシコペソ。 南アフリカランドよりもちょっとスワップポイントが高く、トルコリラよりも値動きが落ち着いている割といい塩梅なのが人気のポイント。 せっかく運用するのならば、 ...

9

ここまで雑然と記事を並べてしまったので、これからトルコリラを初めようとしている貴方に『これだけは読んでおいて欲しい』このブログのおすすめ記事をまとめた。 トルコリラに限らず、南アランド・メキシコペソと ...

-ニュース・指標
-

Copyright© もう、社畜しない。 , 2019 All Rights Reserved.