ドル他全般-ニュース

FOMCとドル103円割れとトルコリラ円再び最安値更新と。

投稿日:2016年11月4日 更新日:

11月3日3:00にFOMCを終え、予想通り11月の利上げはなし

時期についても明言したりすることはなくソフトタッチ。

そこは良いのだが、前回は反対票が3に対し、今回の反対票は2。『大統領選直前は控えるべき』として賛成(見送り)に転じたのならいいのだが。

トルコリラ・ズロチのサヤ取りがアツい!

もう、社畜しない。タイアップ用

当ブログ限定でキャッシュバック+3,000円
僕がメイン口座をFXプライム byGMOにした理由

 

12月米利上げへ地ならし、FOMC金利据え置き

米連邦準備理事会(FRB)は2日まで開催した連邦公開市場委員会(FOMC)で金利据え置きを決定した。ただ米経済が勢いを増し、インフレが上向くなか、12月に利上げに踏み切る可能性があることを示唆した。

FOMCは、米経済は勢いを増しており、雇用創出は底堅い状態が続いているとの認識を表明。インフレ率がFRBが目標とする2%に向け上昇していくことについても、これまでより楽観的な見方を示した。

声明は「委員会はフェデラルファンド(FF)金利を引き上げる根拠は引き続き強まった(the case for an increase in the federal funds rate has continued to strengthen)と判断するが、当面は、目標に向けて続く進展に関するさらにいくらかの証拠を待つこと(for the time being, to wait for some furth er evidence of continued progress toward its objectives)に決めた」とした。

こうした文言から、12月半ばに予定されている年内最後のFOMCで利上げに踏み切るハードルは低いと推察される。

今回の声明では「インフレ率は今年の初めからやや上昇した(has increased somewhat)」としたほか、目先はインフレ率が低い水準にとどまるとした従来の文言を削除。FRBが物価上昇に自信を深めていることをうかがわせた。

今回のFOMCではカンザスシティー地区連銀のジョージ総裁と クリーブランド地区連銀のメスター総裁が利上げを主張し反対票を投じた。前回のFOMCでは両総裁に加えボストン地区連銀のローゼングレン総裁の3人が反対票を投じていた。

https://jp.reuters.com/article/fomc-trunk-idJPKBN12X27T

 

 

ドル103円割れ、トルコリラ33円割れ。

終了直後はそれほど大きな動きはなかったのだが、しばらくして昼前頃に円高進行

FOMCというよりも、やはり雇用統計・大統領選前のポジション調整の色が濃いだろう。

 

usdjpy-20161103-5m

ドルは103円を割れ102円台に。

 

tryjpy-20161103-5m

そしてトルコリラ円は史上最安値を再び更新し、32円台に・・・。

 

その後の指標いくつか

トルコ10月消費者物価指数(前月比)

予想1.68%に対し、今回1.44%(前回0.18%)

トルコ10月消費者物価指数(前月比)

予想7.40%に対し、今回7.16%(前回7.28%)

 

11月3日16:00発表。どちらも予想よりもやや低めの値ながら、幸いにも33円割れから加速することはなかった。

 

米ISM非製造業景況指数

予想56.0に対し、結果54.8(前回57.1)

11月3日23:00発表。こちらもイマイチながら、チャートへの影響はほぼ無し。

 

トルコリラはやや回復!

ドルは一時103円台に回復するも、再び102円台に。トルコリラは一応33円台に回復。どちらもまだまだ怪しいが・・・

今夜(11月4日)は雇用統計。そして週明け火曜日、11月8日は米大統領選。しばらくは油断できなさそうだ。

 

なお、出先の為アイキャッチは使いまわし。

 

スワップ運用おすすめFX会社!

トルコリラなら:サクソバンク証券

トルコリラなら、スワップポイント爆増中のサクソバンク証券がおすすめ!

  • スワップポイント123.64円(1月平均実績)
  • スプレッド2.9銭(1月平均)
  • 月曜午前3時から取引可能

軒並みハイスペックで、とりあえず抑えておいて間違いないFX会社。

更に、当ブログ限定で口座開設&新規5万通貨以上の取引でキャッシュバック+3,000円!

サクソバンク証券

スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【サクソバンク証券】

 

南アフリカランドなら:FXプライム byGMO!

南アフリカランドは、スワップポイント最高峰のFXプライム byGMOがおすすめ!

  • スワップポイント15.07円(1月平均実績)
  • スプレッド1.0銭

毎月1,2位を争うスワップポイントをキープしており、安定感が強い。

もう、社畜しない。タイアップ用

今、この記事のバナー・リンクから口座開設して翌月末までに新規3万通貨以上の取引をすると限定でキャッシュバックが最大+3,000円になるキャンペーン中!

 

詳細スペック:スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【FXプライム byGMO 選べる外貨】

口座開設はこちら:FXプライムbyGMO

 

メキシコペソなら:セントラル短資FX!

メキシコペソなら、セントラル短資FXがおすすめ!

  • メキシコペソ円スワップポイント平均15.00円/1万通貨!
  • スプレッド0.5銭!

2018年11月からメキシコペソ円の取り扱いを開始し、最高水準のスワップポイント & 最狭スプレッドを提供し続けている!

FXダイレクトプラス

スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【セントラル短資FX】

 

トルコリラはサヤ取り(アービトラージ)も視野に!

トルコショックもあり、昨今下落が止まらないトルコリラ。

下落への対策として、サヤ取りという手段を検討してみては如何だろうか。

僕はトルコリラ運用の主軸をこちらにシフトしている、

通貨下落リスクなし!スワップポイントサヤ取り(アービトラージ)を徹底解説!

2018年8月の急落から徐々に回復しつつあるトルコリラだが、『やはり下落は心配なので全力で買うのは怖い・・・』なんて方も多いのではないだろうか。 スワップポイントは確かに魅力だが、それ以上に通貨価値が ...

続きを見る

 

関連コンテンツ

おすすめ記事

1

僕が今ゾッコンなトルコリラの『スワップポイント」について話をしたい。 寝てる間に毎月10万円弱をお財布に入れてくれる可愛い奴だ。   この記事では、そんなトルコリラについて・・・ トルコリラ ...

2

  バイアンドホールド、積立、サヤ取り、リピート・・・ 一言にスワップ運用と言っても色々な手法があるが、具体的にはどんな特徴があって、何を基準に選んだら良いのか。 この記事では、これからスワ ...

3

2018年8月の急落から徐々に回復しつつあるトルコリラだが、『やはり下落は心配なので全力で買うのは怖い・・・』なんて方も多いのではないだろうか。 スワップポイントは確かに魅力だが、それ以上に通貨価値が ...

4

スワップポイント運用といえば、トルコリラが人気! でもトルコリラよりも前から高金利通貨として各社取り扱いのあった南アランド(南アフリカランド)や、最近くりっく365に上場して注目を集めるメキシコペソも ...

5

高いスワップポイントが魅力の、トルコリラ。 高金利通貨の中でも特に高い政策金利 & スワップポイントが人気のポイント。 せっかく運用するのならば、やはりスワップポイントの高いFX会社で運用をし ...

6

高いスワップポイントが魅力の、南アフリカランド。 トルコリラよりも落ち着いた値動きなのが魅力である。 せっかく運用するのならば、やはりスワップポイントの高いFX会社で運用をしたいところ。   ...

7

高いスワップポイントが魅力の、メキシコペソ。 南アフリカランドよりもちょっとスワップポイントが高く、トルコリラよりも値動きが落ち着いている割といい塩梅なのが人気のポイント。 せっかく運用するのならば、 ...

8

ここまで雑然と記事を並べてしまったので、これからトルコリラを初めようとしている貴方に『これだけは読んでおいて欲しい』このブログのおすすめ記事をまとめた。 トルコリラに限らず、南アランド・メキシコペソと ...

-ドル他全般-ニュース
-

Copyright© もう、社畜しない。 , 2019 All Rights Reserved.