ニュース・指標

シリア空爆でバグダディ容疑者死亡?IS崩壊でトルコリスク低減なるか。

投稿日:2017年6月16日 更新日:

トルコリラを運用する上での大きなリスクである、テロ・地政学問題

トルコでテロというと、クルド人労働党(PKK)等のクルド人勢力IS系勢力によるものが頻発している。

その一方であるIS指導者、バグダディ容疑者が空爆により殺害された可能性があるとの報道が。

トルコリラ・ズロチのサヤ取りがアツい!

もう、社畜しない。タイアップ用

当ブログ限定でキャッシュバック+3,000円
僕がメイン口座をFXプライム byGMOにした理由

 

バグダディ容疑者死亡の可能性

シリア空爆でIS指導者死亡の可能性─ロシア国防省=通信社 -ロイター 2017年6月16日

ロシア国防省は16日、シリアの都市ラッカ周辺で5月下旬に実施した空爆で過激派組織「イスラム国」(IS)指導者のバグダディ容疑者が死亡した可能性があるとの情報について確認していると明らかにした。複数のロシア通信社が伝えた。

報道によると、空爆はIS指導者の会合を狙って5月28日に行われた

RIA通信は国防省の発表として「様々な経路で現在確認中の情報によると、会合にはIS指導者のバグダディ容疑者も出席しており、空爆により同容疑者は殺害された」と伝えた。

https://jp.reuters.com/article/mideast-crisis-syria-baghdadi-idJPKBN1970UH

・・・という報道。

まだ真偽は確認されていないような報道だが、空爆から三週間近く経っての報道、複数社ということもあり信憑性はまあまあありそうか。

尻尾を掴むための情報操作という線もゼロでは・・・考えすぎか。

仮にこれが事実だとすると、指導者を失ったISは後継争いの内乱的に自滅、小規模に分散・・・というストーリーを期待してしまう。

とはいえ、また別の勢力ないしIS自体が再び勢いを取り戻すこともあるし、残党によるテロも続く可能性があるので、楽観視は出来ないのだが。IS自体アルカイダから派生した存在だしね。

 

余談:僕が昨日見た記事

ISIS指導者バグダディ、「カリフ」から逃亡人生への転落 -NewsWeek 2017年6月15日

過激派組織「イスラム国(IS)」の指導者バグダディ容疑者は、自身の「カリフ国家」(預言者ムハンマドの後継者カリフが指導する国家)の主要2拠点を失う危機に直面している。

とはいえ、逃走中の同容疑者を拘束あるいは殺害するまでには、数年はかかるだろうと、当局者や専門家は指摘する。

ISが支配地域で「首都」と位置づける2都市、イラクのモスルとシリアのラッカは陥落間近とみられ、バグダディ容疑者は両都市にまたがる広大な砂漠地帯に身を潜めていると当局者は語る。

(抜粋)

https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/06/isis-120.php

数年とは。

 

テロのリスクは減るか?

さて、トルコ的な視点で重要なのはこれによってテロのリスクが減退するかである。

これは完全に僕個人の感覚なのだが、組織立った大規模なもの、計画的なものは減っても信奉者的な存在による単発テロ及び残党による自爆的なテロは当面残るのではなかろうか。

とはいえ、クルド人勢力によるものと併せ100が90になる程度かもしれないが減ることには間違いないだろう。このニュースが事実ならね。

あわよくばIS崩壊してほしいものだが。

しかし経済面・政治面が一服しつつある中、このリスクの減退というのは非常に大きいように思う。

シリア問題にも解決の糸口が見つかれば難民の受け入れも減り、更にプラスの循環が期待できる。

 

そんなこんなでトルコリラ

ドルトルコリラ(USD/TRY)15分足

ドルトルコリラ15分足

3.50は割れない渋めの値動き。

 

ドル円(USD/JPY)15分足

ドル円15分足

こちらは綺麗な上昇。

ドルトルコリラは横這いながら、ドル円が上昇。つまりトルコリラ≒ドル>円

 

ということはトルコリラ円(TRY/JPY)15分足

トルコリラ円15分足

31.6円台まで上昇!

これは月初の節目を超える大きなポイントである。

 

トルコリラ円(TRY/JPY)日足で見てみる

200日平均移動線へのチャレンジ。

次の節目は32円!この勢いで突き抜けてほしいものだ。

 

スワップ運用おすすめFX会社!

トルコリラなら:サクソバンク証券

トルコリラなら、スワップポイント爆増中のサクソバンク証券がおすすめ!

  • スワップポイント123.64円(1月平均実績)
  • スプレッド2.9銭(1月平均)
  • 月曜午前3時から取引可能

軒並みハイスペックで、とりあえず抑えておいて間違いないFX会社。

更に、当ブログ限定で口座開設&新規5万通貨以上の取引でキャッシュバック+3,000円!

サクソバンク証券

スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【サクソバンク証券】

 

南アフリカランドなら:FXプライム byGMO!

南アフリカランドは、スワップポイント最高峰のFXプライム byGMOがおすすめ!

  • スワップポイント15.07円(1月平均実績)
  • スプレッド1.0銭

毎月1,2位を争うスワップポイントをキープしており、安定感が強い。

もう、社畜しない。タイアップ用

今、この記事のバナー・リンクから口座開設して翌月末までに新規3万通貨以上の取引をすると限定でキャッシュバックが最大+3,000円になるキャンペーン中!

 

詳細スペック:スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【FXプライム byGMO 選べる外貨】

口座開設はこちら:FXプライムbyGMO

 

メキシコペソなら:セントラル短資FX!

メキシコペソなら、セントラル短資FXがおすすめ!

  • メキシコペソ円スワップポイント平均15.00円/1万通貨!
  • スプレッド0.5銭!

2018年11月からメキシコペソ円の取り扱いを開始し、最高水準のスワップポイント & 最狭スプレッドを提供し続けている!

FXダイレクトプラス

スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【セントラル短資FX】

 

トルコリラはサヤ取り(アービトラージ)も視野に!

トルコショックもあり、昨今下落が止まらないトルコリラ。

下落への対策として、サヤ取りという手段を検討してみては如何だろうか。

僕はトルコリラ運用の主軸をこちらにシフトしている、

通貨下落リスクなし!スワップポイントサヤ取り(アービトラージ)を徹底解説!

2018年8月の急落から徐々に回復しつつあるトルコリラだが、『やはり下落は心配なので全力で買うのは怖い・・・』なんて方も多いのではないだろうか。 スワップポイントは確かに魅力だが、それ以上に通貨価値が ...

続きを見る

 


おすすめ記事

1

僕が今ゾッコンなトルコリラの『スワップポイント』について話をしたい。 寝てる間に毎月10万円弱をお財布に入れてくれる可愛い奴だ。   この記事では、そんなトルコリラについて・・・ トルコリラ ...

2

  バイアンドホールド、積立、サヤ取り、リピート・・・ 一言にスワップ運用と言っても色々な手法があるが、具体的にはどんな特徴があって、何を基準に選んだら良いのか。 この記事では、これからスワ ...

3

2018年8月の急落から徐々に回復しつつあるトルコリラだが、『やはり下落は心配なので全力で買うのは怖い・・・』なんて方も多いのではないだろうか。 スワップポイントは確かに魅力だが、それ以上に通貨価値が ...

4

ポーランドズロチという通貨をご存知だろうか。 その名の通りポーランドで流通している通貨で、雑に言うと以下のような特徴がある。 ユーロと非常に良く似た値動き 買いスワップポイントはやや高め ということは ...

5

スワップポイント運用といえば、トルコリラが人気! でもトルコリラよりも前から高金利通貨として各社取り扱いのあった南アランド(南アフリカランド)や、最近くりっく365に上場して注目を集めるメキシコペソも ...

6

高いスワップポイントが魅力の、トルコリラ。 高金利通貨の中でも特に高い政策金利 & スワップポイントが人気のポイント。 せっかく運用するのならば、やはりスワップポイントの高いFX会社で運用をし ...

7

高いスワップポイントが魅力の、南アフリカランド。 トルコリラよりも落ち着いた値動きなのが魅力である。 せっかく運用するのならば、やはりスワップポイントの高いFX会社で運用をしたいところ。   ...

8

高いスワップポイントが魅力の、メキシコペソ。 南アフリカランドよりもちょっとスワップポイントが高く、トルコリラよりも値動きが落ち着いている割といい塩梅なのが人気のポイント。 せっかく運用するのならば、 ...

9

ここまで雑然と記事を並べてしまったので、これからトルコリラを初めようとしている貴方に『これだけは読んでおいて欲しい』このブログのおすすめ記事をまとめた。 トルコリラに限らず、南アランド・メキシコペソと ...

-ニュース・指標

Copyright© もう、社畜しない。 , 2019 All Rights Reserved.