スワップポイントの基礎知識

金融庁、FXのレバレッジ上限を10倍程度まで引き下げ検討。トルコリラはどうなる?

投稿日:2017年9月27日 更新日:

ドル円が113円を突破する中、結構なインパクトのニュースが飛び込んできた。

FXのレバレッジが最大25倍から、10倍程度まで引き下げる方向で検討されているとのこと。

FX業界全体に大きな衝撃を与えるこの方針。トルコリラ的にはどうなのか、という目線で考えて行きたい。

2018年6月追記:レバレッジ規制について、見送りとの報道が行われている。本記事は掲載当時(2017年9月)の情報に基づくものとしてご認識頂きたい。

トルコリラズロチのサヤ取りがアツい!

もう、社畜しない。タイアップ用

当ブログ限定でキャッシュバック+3,000円
僕がメイン口座をFXプライム byGMOにした理由

 

早ければ来年!?

FX証拠金倍率を引き下げ 10倍程度に、金融庁検討 リスク管理を懸念、最大25倍の規制見直し -日本経済新聞 2017年9月27日

金融庁は外国為替証拠金取引(FX)の証拠金倍率(レバレッジ)を引き下げる検討に入った。現行の最大25倍から10倍程度に下げる案が有力だ。外国為替相場が急変動した際、個人投資家や金融機関が想定を超える損失を抱えるリスクが高まっていると判断した。国内の取引高は約5千兆円に上る一方、FX業者への規制は銀行などに比べ緩い面がある。規制見直しで日本発の市場混乱を防ぐ。

金融庁はFXの業界団体、金融先物取引業協会と規制見直しに向け協議を始めた。早ければ来年にも内閣府令を改正して実施する可能性がある。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO21595840X20C17A9I00000/

無料会員でも読めるとは言え要ログインなので、全文引用は自粛。

この後の文を見ると、つまるところ1日の最大変動幅が主要10通貨ペアで10%程度であり、元本以上の損失が出ることを防ぐ、ということらしい。

個人的には当然反対なので、反論的なことを申し上げると要はロスカット発動するか否かの話であって、1日の変動幅を元に語るのは不毛ではないかと。

強制決済すら約定しないような急変時には効果があるのか、ナントカショック級の話になったら4%だろうが10%だろうが元本超の損失は出るのでは、という。

まあ勿論ダメージは減るんだろうけど・・・

何はともあれ、この案がお蔵入りすることを祈る。

 

参考:FXレバレッジ規制の推移

~2010年8月:規制なし
2010年8月~:最大50倍
2011年8月~:最大25倍

僕は2015年からの新参なので25倍の時代しか経験していないが、かつては100倍、200倍、400倍という時代があった訳で。

50倍規制、25倍規制当時の記事を探してみるとやはり取引数量の減少など少なからず影響はあったようだ。

とはいえ、長期的にはFX人口は増えており、ご存知の通り業界が滅亡した訳でもない。今回の10倍規制も、FX終了のお知らせみたいなレベルではないだろう。

スキャルパー減少などスタイルの変化は起きるだろうけど。

 

ロスカットラインの変化

この影響、トルコリラにとっては取引できる数量が減るというよりは、必要証拠金が膨れることによってロスカットラインが引き上げられることが問題となる。

※以下、トルコリラ=32円の時にポジションを建てたものとする。

 

例えば、100万円で10万通貨取引の場合

現在の最大レバレッジ25倍の場合、トルコリラ10万通貨の必要証拠金は128,000円。

資金が100万円であれば、872,000円の余力がある。つまり、この分は下落してもOK。レートの低下による証拠金の変化も含めて考えると、9.08円の下落まで耐えられる。

これがレバレッジ10倍となると、余力が680,000円となり、許容できる下落は7.55円

つまり、最大レバレッジの引き下げによってロスカットレートが約1.5円引き上げられる。

 

例えば、100万円で15万通貨保有の場合

同様に15万通貨保有の場合、現行のレバレッジ25倍では5.61円の下落まで耐えられる。

これがレバレッジ10倍となると、許容できる下落は3.85円

つまり、最大レバレッジの引き下げによってロスカットレートが約1.8円引き上げられる。

 

並べてみると

上記は32円でトルコリラを買建した際の、ロスカット発動レートの変化。

どうだろう、あくまで個人的な感想なのだが、100万円あたり10万通貨、つまりレバレッジ3倍程度で保有している人にとってはまあ許容できる範囲ではないだろうか。

勿論、これよりもレバレッジが低い人にとっては、より影響は小さいものとなる。

反面、ちょっと多めの100万円あたり15万通貨、つまりレバレッジ5倍程度の人にとってはちょっと無視できない域になってくるのでは。

 

言い換えれば必要資金の増加、資金効率の悪化

さて、上記を言い換えると、今までと同じ水準での運用をする為には今まで以上の証拠金が必要ということになる。

レバレッジ3倍を想定すると、約15%の必要資金増。資金効率にして約13%の低下

今までが年率30%だったら、それが約26%になる。スワップポイント90円だったのが、78円相当になる。面白くはないね。

 

まとめ

最大レバレッジ10倍になったらトルコリラ終了、なんてことはない。一先ず安心。

ただし、元がハイレバの人にとっては少し痛手、枚数を減らすなど対策が必要かもしれない。

低レバの人にとっても、資金効率の低下は決して面白くはない。

あとはこれが杞憂に終わることを祈るばかり。

 

スワップ運用おすすめFX会社!

トルコリラなら:サクソバンク証券

トルコリラなら、スワップポイント爆増中のサクソバンク証券がおすすめ!

  • スワップポイント107.50円
  • スプレッド3.4銭
  • 月曜午前3時から取引可能

軒並みハイスペックで、とりあえず抑えておいて間違いないFX会社。

サクソバンク証券

スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【サクソバンク証券】

 

南アフリカランドなら:FXプライム byGMO!

南アフリカランドは、スワップポイント最高峰のFXプライム byGMOがおすすめ!

  • スワップポイント15.00円
  • スプレッド1.0銭

毎月1,2位を争うスワップポイントをキープしており、安定感が強い。

もう、社畜しない。タイアップ用

今、この記事のバナー・リンクから口座開設して翌月末までに新規3万通貨以上の取引をすると限定でキャッシュバックが最大+3,000円になるキャンペーン中!

 

詳細スペック:スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【FXプライム byGMO 選べる外貨】

口座開設はこちら:FXプライムbyGMO

 

メキシコペソなら:セントラル短資FX!

メキシコペソなら、セントラル短資FXがおすすめ!

  • スワップポイント平均16.43円
  • スプレッド0.4銭

2018年11月からメキシコペソ円の取り扱いを開始し、最高水準のスワップポイント & 最狭スプレッドを提供し続けている!

FXダイレクトプラス

スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【セントラル短資FX】

 

トルコリラはサヤ取り(アービトラージ)も視野に!

トルコショックもあり、昨今下落が止まらないトルコリラ。

下落への対策として、サヤ取りという手段を検討してみては如何だろうか。

僕はトルコリラ運用の主軸をこちらにシフトしている、

通貨下落リスクなし!スワップポイントサヤ取り(アービトラージ)を徹底解説!

2018年8月の急落から徐々に回復しつつあるトルコリラだが、『やはり下落は心配なので全力で買うのは怖い・・・』なんて方も多いのではないだろうか。 スワップポイントは確かに魅力だが、それ以上に通貨価値が ...

続きを見る

 


人気記事

1

僕が今ゾッコンなトルコリラの『スワップポイント』について話をしたい。 寝てる間に毎月10万円弱をお財布に入れてくれる可愛い奴だ。   この記事では、そんなトルコリラについて・・・ トルコリラ ...

2

バイアンドホールド、積立、サヤ取り、リピート・・・ 一言にスワップ運用と言っても色々な手法があるが、具体的にはどんな特徴があって、何を基準に選んだら良いのか。 この記事では、これからスワップ運用を始め ...

3

2018年8月の急落から徐々に回復しつつあるトルコリラだが、『やはり下落は心配なので全力で買うのは怖い・・・』なんて方も多いのではないだろうか。 スワップポイントは確かに魅力だが、それ以上に通貨価値が ...

4

ポーランドズロチという通貨をご存知だろうか。 その名の通りポーランドで流通している通貨で、雑に言うと以下のような特徴がある。 ユーロと非常に良く似た値動き 買いスワップポイントはやや高め ということは ...

5

スワップポイント運用といえば、トルコリラが人気! でもトルコリラよりも前から高金利通貨として各社取り扱いのあった南アランド(南アフリカランド)や、最近くりっく365に上場して注目を集めるメキシコペソも ...

6

  >ランキングまでジャンプ<   高いスワップポイントが魅力の、トルコリラ。 高金利通貨の中でも特に高い政策金利 & スワップポイントが人気の通貨である。 せっかく運用す ...

7

  >ランキングまでジャンプ<   高いスワップポイントが魅力の、南アフリカランド。 トルコリラよりも落ち着いた値動きなのが魅力である。 そんな南アフリカランド、せっかく運用するな ...

8

  >ランキングまでジャンプ<   高いスワップポイントが魅力の、メキシコペソ。 南アフリカランドよりもちょっとスワップポイントが高く、トルコリラよりも値動きが落ち着いている割とい ...

9

ここまで雑然と記事を並べてしまったので、これからトルコリラを初めようとしている貴方に『これだけは読んでおいて欲しい』このブログのおすすめ記事をまとめた。 トルコリラに限らず、南アランド・メキシコペソと ...

-スワップポイントの基礎知識

Copyright© もう、社畜しない。 , 2019 All Rights Reserved.