FX会社スペック

FXプライム byGMOがメキシコペソ円の取り扱いを発表!競争激化なるか?

投稿日:2017年10月30日 更新日:

本日(10月30日)より、くりっく365でメキシコペソの取り扱いが開始。

スワップ界隈で盛り上がりを見せる中、FXプライム byGMOも遅れながらメキシコペソ円の取り扱いを発表した!

関連:今、メキシコペソがアツい!?10月30日、くりっく365でメキシコペソ円取扱い開始!

取り扱いは2018年1月20日から

11月にも開始?と思ったらスタートは約3ヶ月先の2018年1月20日予定。

2016年10月のトルコリラ取扱い開始のお知らせは直前(4日前?)だったことを考えると、やたらと気が早い印象である。

やはりくりっく365で盛り上がっているタイミングに被せて・・・ということなのだろうか。

 

併せてポーランドズロチも

そして、同じタイミングでポーランドズロチ/円も取扱いを開始!

・・・正直、ズロチという音を初めて聞いたレベルである。

ポーランドズロチの略称はPLN。2017年10月現在の為替レートは1ポーランドズロチ = 約31円

表記によっては、ズウォーティー、ズローティーとカナ表記することも。

2017年10月現在のポーランド政策金利は1.5%。豪・NZと同水準であり、高金利通貨とは言い難い水準。

つまり、このブログにおいてはあまり触れることがない通貨だろう。

 

スペックは闇の中だが・・・

さて、今回の発表、正直言って『2018年1月20日から』『メキシコペソ円(とポーランドズロチ円)を取扱い開始』の2点しか情報がない。

スプレッド・スワップポイントは不明。

だが、だがしかし、だ。

7月17日にマネーパートナーズがメキシコペソ取扱い開始、10月30日にくりっく365、そして1月20日にFXプライム byGMO・・・

この続々参入してくる感じ、トルコリラの取り扱いFX会社が次々に増え、その後のスワップポイント・スプレッド競争が激化した流れを彷彿させるものがある。

 

トルコリラ円競争激化の流れ

2016年10月:FXプライム byGMOが取扱い開始。
2016年11月:SBI FXトレードが取扱い開始。
2017年5月:マネーパートナーズGMOクリック証券が取扱い開始、スプレッド・スワップポイント競争激化。

メキシコペソここまでの流れ

2016年7月:マネーパートナーズが取扱い開始。
2017年10月:くりっく365に上場。
2018年1月:FXプライム byGMOが取扱い開始。

 

このまま行けば1~2月頃にもう一社くらい参入、競争激化という同じ轍を辿るかも・・・!?

というのは全く根拠のない妄想なのだが、そうなってくれという願望でもある。

 

トルコリラに取って代わり得る?

現在、メキシコペソのスワップポイントはマネーパートナーズ15円/1万通貨程度で提供している。

通貨レートが約6円とトルコリラの1/5程度なので、トルコリラのスワップポイントに換算すると75円/1万通貨相当ということになる、

じゃあこの15円が、競争激化によって18円とか19円になってくれば、90円、95円相当ということになる。

そうなってくると、格付けで勝るメキシコペソは非常に魅力的な通貨となり得る・・・かもしれない。

 

そんな訳でFXプライム byGMO

メキシコペソの取り扱いはまだ先、そしてスペックもブラックボックスではあるのだが、現状のトルコリラを考えるに期待は出来るのでは!?

個人的に非常に信頼を置いているFX会社だけに、期待したいところである。

目に見えない所もハイスペック?FXプライム byGMOの隠れた魅力。

もう、社畜しない。タイアップ用

 

今、この記事のバナー・リンクから口座開設して翌月末までに新規3万通貨以上の取引をすると限定でキャッシュバックが最大+3,000円になるキャンペーン中!

注意事項等の詳細は移動先のページでもご確認を。

 

 

1月まで待てない人はマネーパートナーズ?

どうやら10月31日のスワップポイントを見るに、現時点ではくりっく365よりもマネーパートナーズに軍配が挙がりそうだ。

外国為替証拠金取引のマネーパートナーズ

 


人気記事

1

僕が今ゾッコンなトルコリラの『スワップポイント』について話をしたい。 寝てる間に毎月10万円弱をお財布に入れてくれる可愛い奴だ。   この記事では、そんなトルコリラについて・・・ トルコリラ ...

2

バイアンドホールド、積立、サヤ取り、リピート・・・ 一言にスワップ運用と言っても色々な手法があるが、具体的にはどんな特徴があって、何を基準に選んだら良いのか。 この記事では、これからスワップ運用を始め ...

3

2018年8月の急落から徐々に回復しつつあるトルコリラだが、『やはり下落は心配なので全力で買うのは怖い・・・』なんて方も多いのではないだろうか。 スワップポイントは確かに魅力だが、それ以上に通貨価値が ...

4

ポーランドズロチという通貨をご存知だろうか。 その名の通りポーランドで流通している通貨で、雑に言うと以下のような特徴がある。 ユーロと非常に良く似た値動き 買いスワップポイントはやや高め ということは ...

5

スワップポイント運用といえば、トルコリラが人気! でもトルコリラよりも前から高金利通貨として各社取り扱いのあった南アランド(南アフリカランド)や、最近くりっく365に上場して注目を集めるメキシコペソも ...

6

高いスワップポイントが魅力の、トルコリラ。 高金利通貨の中でも特に高い政策金利 & スワップポイントが人気の通貨である。 せっかく運用するのならば、やはりスワップポイントの高いFX会社で運用を ...

7

高いスワップポイントが魅力の、南アフリカランド。 トルコリラよりも落ち着いた値動きなのが魅力である。 そんな南アフリカランド、せっかく運用するならやはりスワップポイントの高いFX会社で運用をしたいとこ ...

8

高いスワップポイントが魅力の、メキシコペソ。 南アフリカランドよりもちょっとスワップポイントが高く、トルコリラよりも値動きが落ち着いている割といいバランスなのが人気の通貨。 せっかく運用するのならば、 ...

9

ここまで雑然と記事を並べてしまったので、これからトルコリラを初めようとしている貴方に『これだけは読んでおいて欲しい』このブログのおすすめ記事をまとめた。 トルコリラに限らず、南アランド・メキシコペソと ...

-FX会社スペック
-,

Copyright© もう、社畜しない。 , 2019 All Rights Reserved.