トルコリラ

南アフリカのサプライズ利下げから考えるトルコ政策金利とスワップポイント。

投稿日:2017年7月26日 更新日:

去る7月20日、南アフリカ7月の政策金利が発表された。

7.0%での据え置き予想に反し、結果は6.75%と0.25ポイントの利下げ

その背景にあったインフレ率の改善や、トルコのインフレとの比較などを見て行きたい。

トルコリラ・ズロチのサヤ取りがアツい!

もう、社畜しない。タイアップ用

当ブログ限定でキャッシュバック+3,000円
僕がメイン口座をFXプライム byGMOにした理由

 

南アフリカ利下げについて

南アフリカの利下げは、2016年3月に6.75% → 7.0%に引き上げられて以来、1年4ヶ月ぶりの政策金利変動。

同時に、貸出金利も10.50% → 10.25%に引き下げられている。(実質的な市場金利はこちらだろう。)

この利下げの要因の一つとなったのは、前日に発表されたインフレ率

年間+5.3%の予想だったのに対し、結果は年間+5.1%2016年以来最も低い水準であった。

南アフリカは2015年末頃から急激にインフレ率が上昇し、それに伴い政策金利を大きく引き上げているので、インフレ改善と共に引き下げというのは自然な流れだろう。

なお、この利下げに伴いなのか様子見の為なのかは定かではないが一部証券会社では既にスワップポイントが1円/1万通貨日程度引き下げられているようだ。

もちろん、据え置きの証券会社も多い。

 

トルコも他人事ではない

一方トルコはというと、2017年6月の年間インフレ率が+10.9%と非常に高く、政策金利8.0%、実際の市場金利である後期流動性貸出金利が12.5%という水準になっている。

トルコ中銀は2017年末でのインフレ率+8%を目標としており、それが実現すれば政策金利は引き下げ(もしくは市場金利を翌日物貸出金利=9.25%程度まで低く誘導)するだろう。

何が言いたいかと言えば、トルコもインフレが改善すればスワップポイント低下が予想されるということ。

 

現実的かは別問題

とは言ったものの、フィッチによる予想では2017年末インフレ率は+10%後半

こちらが正しいとすれば、政策金利引き下げにはちょっと遠いか。

 

ポジティブに考えれば

インフレ改善:キャピタルゲイン(トルコリラ上昇)
インフレ横這い:インカムゲイン(スワップポイント)

という見方が出来る・・・かも!

個人的には、現状のインフレでも経済が堅調な限りは大きな心配はないと考えている。

とはいえ、トルコリラの今後にとってインフレ問題は非常に重要なウェイトを占めてくるのは間違いない。

7月インフレ率(消費者物価指数)は8月3日16:00発表予定。要チェック。

 

その前に重要イベントも。

7月27日03:00には米FOMC、FF金利発表!

7月27日20:00にはトルコ政策金利発表!

どちらも据え置き予想だが、据え置きでも引き金となることは多々あるので、気は抜けない!

 

スワップ運用おすすめFX会社!

トルコリラなら:サクソバンク証券

トルコリラなら、スワップポイント爆増中のサクソバンク証券がおすすめ!

  • スワップポイント123.64円(1月平均実績)
  • スプレッド2.9銭(1月平均)
  • 月曜午前3時から取引可能

軒並みハイスペックで、とりあえず抑えておいて間違いないFX会社。

更に、当ブログ限定で口座開設&新規5万通貨以上の取引でキャッシュバック+3,000円!

サクソバンク証券

スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【サクソバンク証券】

 

南アフリカランドなら:FXプライム byGMO!

南アフリカランドは、スワップポイント最高峰のFXプライム byGMOがおすすめ!

  • スワップポイント15.07円(1月平均実績)
  • スプレッド1.0銭

毎月1,2位を争うスワップポイントをキープしており、安定感が強い。

もう、社畜しない。タイアップ用

今、この記事のバナー・リンクから口座開設して翌月末までに新規3万通貨以上の取引をすると限定でキャッシュバックが最大+3,000円になるキャンペーン中!

 

詳細スペック:スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【FXプライム byGMO 選べる外貨】

口座開設はこちら:FXプライムbyGMO

 

メキシコペソなら:セントラル短資FX!

メキシコペソなら、セントラル短資FXがおすすめ!

  • メキシコペソ円スワップポイント平均15.00円/1万通貨!
  • スプレッド0.5銭!

2018年11月からメキシコペソ円の取り扱いを開始し、最高水準のスワップポイント & 最狭スプレッドを提供し続けている!

FXダイレクトプラス

スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【セントラル短資FX】

 

トルコリラはサヤ取り(アービトラージ)も視野に!

トルコショックもあり、昨今下落が止まらないトルコリラ。

下落への対策として、サヤ取りという手段を検討してみては如何だろうか。

僕はトルコリラ運用の主軸をこちらにシフトしている、

通貨下落リスクなし!スワップポイントサヤ取り(アービトラージ)を徹底解説!

2018年8月の急落から徐々に回復しつつあるトルコリラだが、『やはり下落は心配なので全力で買うのは怖い・・・』なんて方も多いのではないだろうか。 スワップポイントは確かに魅力だが、それ以上に通貨価値が ...

続きを見る

 

関連コンテンツ

おすすめ記事

1

僕が今ゾッコンなトルコリラの『スワップポイント」について話をしたい。 寝てる間に毎月10万円弱をお財布に入れてくれる可愛い奴だ。   この記事では、そんなトルコリラについて・・・ トルコリラ ...

2

  バイアンドホールド、積立、サヤ取り、リピート・・・ 一言にスワップ運用と言っても色々な手法があるが、具体的にはどんな特徴があって、何を基準に選んだら良いのか。 この記事では、これからスワ ...

3

2018年8月の急落から徐々に回復しつつあるトルコリラだが、『やはり下落は心配なので全力で買うのは怖い・・・』なんて方も多いのではないだろうか。 スワップポイントは確かに魅力だが、それ以上に通貨価値が ...

4

スワップポイント運用といえば、トルコリラが人気! でもトルコリラよりも前から高金利通貨として各社取り扱いのあった南アランド(南アフリカランド)や、最近くりっく365に上場して注目を集めるメキシコペソも ...

5

高いスワップポイントが魅力の、トルコリラ。 高金利通貨の中でも特に高い政策金利 & スワップポイントが人気のポイント。 せっかく運用するのならば、やはりスワップポイントの高いFX会社で運用をし ...

6

高いスワップポイントが魅力の、南アフリカランド。 トルコリラよりも落ち着いた値動きなのが魅力である。 せっかく運用するのならば、やはりスワップポイントの高いFX会社で運用をしたいところ。   ...

7

高いスワップポイントが魅力の、メキシコペソ。 南アフリカランドよりもちょっとスワップポイントが高く、トルコリラよりも値動きが落ち着いている割といい塩梅なのが人気のポイント。 せっかく運用するのならば、 ...

8

ここまで雑然と記事を並べてしまったので、これからトルコリラを初めようとしている貴方に『これだけは読んでおいて欲しい』このブログのおすすめ記事をまとめた。 トルコリラに限らず、南アランド・メキシコペソと ...

-トルコリラ

Copyright© もう、社畜しない。 , 2019 All Rights Reserved.