スワップ-FX会社

スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【ヒロセ通商 LION FX】

投稿日:2017年11月5日 更新日:

スワップ運用スペック比較:ヒロセ通商編。

 

かねてよりスワップ運用の雄と言える存在であったが、2017年に度重なるスペック改善を重ねており、総じてハイスペックなFX会社である。

そんなヒロセ通商について、取扱いスペックをまとめた。

なお、過去記事のいくつかはここにリダイレクトされている。

ポイント!

  • 南アフリカランドのスワップは安定 & 高水準
  • スプレッドもかなり狭い
  • 南アフリカランドを運用するなら一押しのFX会社!

口座開設はこちら!

FX取引ならヒロセ通商へ

 

取扱通貨ペア

ヒロセ通商の取扱通貨ペアは非常に多く、その数、実に50

全て列挙すると大変なことになるので、トルコリラ・南アランド絡みだけ挙げると以下の通り。

ドルストレート・ユーロクロスを扱っている数少ないFX会社である。

トルコリラ

  • トルコリラ円(TRY/JPY)
  • ドルトルコリラ(USD/TRY)
  • ユーロトルコリラ(EUR/TRY)

南アランド

  • 南アランド円(TRY/JPY)
  • ドル南アランド(USD/ZAR)
  • ユーロ南アランド(EUR/ZAR)

 

肝心のスワップポイントについて

最新のスワップポイント付与事情については、以下の2記事を参照して頂きたい。

トルコリラ円最新スワップポイントランキング!【毎週更新】
南アランド円最新スワップポイントランキング!【毎週更新】
メキシコペソ円最新スワップポイントランキング!【毎月更新】

以前はトルコリラ115円固定キャンペーンを実施していたが、2017年1月18日を以て終了。

その後一時減少はしたが、現在は回復し高スワップを維持

南アランドについても今は固定と謳っていないようだが、長らく15円という高水準で提供し続けている

 

スワップポイントの引き出し可否について

ヒロセ通商は、スワップポイント部分のみの引き出しは可

任意のタイミングでスワップポイントを振り返ることができ、その後は通常の証拠金同様に出金することができる。(PC版のみ)

 

スプレッドについて

  • トルコリラ円:1.9銭原則固定(15:00~25:00)
  • 南アランド円:1.0銭原則固定
  • メキシコペソ円:0.4銭原則固定

トルコリラ円は時間制限こそあるものの、南アランド・メキシコペソと共に最狭水準のスプレッドである。

なお、公式サイトにはトルコリラ円の取引時間が15:00~25:00との記載があるが、その他の時間も基本的には取引可能。原則固定でレート配信をするのがこの時間、という意味のようだ。

 

必要証拠金について

  • トルコリラ円:4%(100円未満切り上げ)
  • 南アランド円:4%(100円未満切り上げ)
  • メキシコペソ円:4%(100円未満切り上げ)

かつては必要証拠金が非常に高かったのだが、2017年9月から他社同水準の必要証拠金に引き下げられた。

ただし、USD/TRY、EUR/TRY、USD/ZAR、EUR/ZARの必要証拠金は8%(100円未満切り上げ)とやや高い。

 

ロスカットルールについて

ロスカットは、有効証拠金が必要証拠金を下回った時点で発生する。判定は数秒毎。

そして、ロスカットとなったら古いポジションから順に決済されていく。全ポジション一括決済、ではない。

 

ヒロセ通商の主な出来事

2017年1月18日

2015年5月より継続していたトルコリラ円スワップポイント115円固定キャンペーンが終了

2017年2月27日

トルコリラ円の必要証拠金を6,000円/1万通貨 → 3,000円/1万通貨に引き下げ。

2017年5月22日

トルコリラ円のスプレッドを4.9銭原則固定 → 2.9銭原則固定に引き下げ。

2017年7月24日

トルコリラ円のスプレッドを2.9銭原則固定 → 1.9銭原則固定に引き下げ。

南アランド円のスプレッドを1.3銭原則固定 → 1.0銭原則固定に引き下げ。

2017年9月4日

トルコリラ円の必要証拠金を3,000円/1万通貨 → 4%(100円未満切り上げ)に引き下げ。

南アランド円の必要証拠金を8%(100円未満切り上げ) → 4%(100円未満切り上げ)に引き下げ。

 

まとめ

  • スワップポイントは高水準、特に南アフリカランドは安定している
  • トルコリラ円に時間制限はあるものの、スプレッドも最狭水準
  • 必要証拠金も引き下げられ、他社と同じく4%水準に。
  • ドルストレート、ユーロクロスの扱いあり。(必要証拠金は8%)
  • 2017年に入り、スペックが劇的に改善

必要証拠金面など、かつてはネガティブなイメージもあったのだが、今では完全に払拭され、文句なしのハイスペック口座になったと言えるだろう。

FX取引ならヒロセ通商へ

 

関連コンテンツ

おすすめ記事

1

僕が今ゾッコンなトルコリラの『スワップポイント」について話をしたい。 寝てる間に毎月10万円弱をお財布に入れてくれる可愛い奴だ。   この記事では、そんなトルコリラについて・・・ トルコリラ ...

2

  バイアンドホールド、積立、サヤ取り、リピート・・・ 一言にスワップ運用と言っても色々な手法があるが、具体的にはどんな特徴があって、何を基準に選んだら良いのか。 この記事では、これからスワ ...

3

2018年8月の急落から徐々に回復しつつあるトルコリラだが、『やはり下落は心配なので全力で買うのは怖い・・・』なんて方も多いのではないだろうか。 スワップポイントは確かに魅力だが、それ以上に通貨価値が ...

4

スワップポイント運用といえば、トルコリラが人気! でもトルコリラよりも前から高金利通貨として各社取り扱いのあった南アランド(南アフリカランド)や、最近くりっく365に上場して注目を集めるメキシコペソも ...

5

高いスワップポイントが魅力の、トルコリラ。 高金利通貨の中でも特に高い政策金利 & スワップポイントが人気のポイント。 せっかく運用するのならば、やはりスワップポイントの高いFX会社で運用をし ...

6

高いスワップポイントが魅力の、南アフリカランド。 トルコリラよりも落ち着いた値動きなのが魅力である。 せっかく運用するのならば、やはりスワップポイントの高いFX会社で運用をしたいところ。   ...

7

高いスワップポイントが魅力の、メキシコペソ。 南アフリカランドよりもちょっとスワップポイントが高く、トルコリラよりも値動きが落ち着いている割といい塩梅なのが人気のポイント。 せっかく運用するのならば、 ...

8

ここまで雑然と記事を並べてしまったので、これからトルコリラを初めようとしている貴方に『これだけは読んでおいて欲しい』このブログのおすすめ記事をまとめた。 トルコリラに限らず、南アランド・メキシコペソと ...

-スワップ-FX会社
-,

Copyright© もう、社畜しない。 , 2019 All Rights Reserved.