ニュース・指標

利上げ効果続かずトルコリラ23円綱渡り・・・【2018年5月トルコ景況感・設備稼働率】

投稿日:2018年5月25日 更新日:

先日24円、23円を相次いで割り込み、中銀による緊急利上げが発表されたトルコリラ。

一時24円まで急回復を見せたのだが効果はあまり持続せず、足元では再び23円を割れるかどうかという水準まで下落している。。。

そんな中、5月25日20:30に発表された5月のトルコ景況感・設備稼働率をチェック!

更に、フィッチ・S&Pに続きとうとうIMFからもトルコに警告が・・・?

トルコリラズロチのサヤ取りがアツい!

もう、社畜しない。タイアップ用

当ブログ限定でキャッシュバック+3,000円
僕がメイン口座をFXプライム byGMOにした理由

 

まずは指標をチェック!

5月25日 20:30 トルコ5月景況感

予想108.2に対し、今回109.9(前回111.2)

5月25日 20:30 トルコ5月設備稼働率

予想76.4に対し、今回77.9(前回77.3%)

 

どちらもこの状況下じゃ大して影響ないだろうけど・・・悲観時の良い指標は無視され、悪い指標は売られるという傾向があるので予想を超えて何より。

通貨は下がっている一方で株価は維持している辺り、経済は悪くないんだろうなあという希望が持てる。

 

とうとうラスボス、IMFからの警告・・・

IMF専務理事:トルコは中銀の独立性を尊重するべきだ -ブルームバーグ 2018年5月25日

国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は25日、トルコ政府に中央銀行の独立性を尊重するよう促した

同専務理事はサンクトペテルブルクでブルームバーグテレビジョンのインタビューに応じ、「金融政策については常に、政治指導者が中銀総裁に必要な責務を果たさせ、中銀の独立性を尊重し保証する方が良い」と語った。

トルコのエルドアン大統領が今月に入り、選挙に勝利すれば中銀に対する統制を強めると発言したことから同国は通貨危機に陥っている。

ラガルド専務理事は「一部の発言が国際社会と特に投資家を警戒させた。トルコ中銀が突然、政府の命令と指示、影響にさらされるという懸念が浮上した」と述べた。

同専務理事はアルゼンチンについても語り、IMFは同国の財務省や中銀などの当局と緊密に協力しており、プログラムは有効に機能していると述べた。また、新興市場で見られる資金流出はドル高を踏まえれば予想された事態だとした上で、多くの市場で、2013年に米量的緩和縮小の示唆で相場が荒れた「テーパータントラム」当時よりも状態は良いとも付け加えた。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-05-25/P99U8S6TTDS301

フィッチ、S&Pに続き、とうとうIMFからも警告が。

冷静に考えてこれ、そこそこ重症だと思うのだが・・・エルドアンのことだからまた『トルコを陥れる陰謀』とか言い出しそうだ。

批判を受け入れず、周囲をイエスマンで固める独裁者モデルがますます色濃く。

そんな中でも、トルコ国民の半数近くは『トルコリラは悪意ある取引により価値が毀損されている』という政府見解を盲信しているようだ・・・。

 

参考記事

トルコ大統領の再選あるか、通貨リラ急落が長い影 -ロイター 2018年5月24日

トルコは通貨リラが急落した影響で労働者階級の生活がひっ迫し、エルドアン氏が再選を目指す6月の大統領選に影を落としている。

チャルシャンバ市場で衣料品を商うオズギュル・カミスさんは、リラ安のために5ドルのズボンの仕入れ値がわずか1日で23リラから24.5リラに上がったとこぼす。「大統領が政策判断を誤ったせいだ。今はまだましな方で、大統領選後はもっとひどくなるだろう」という。

エルドアン氏は15年間も政権の座にあり、トルコの急激な経済成長を主導した実績を持つが、近年は国内で強権的な姿勢を強めている。海外投資家からは一様に警戒感を持たれているが、国内でもカミス氏のようにこれまで中核的な支持基盤だった労働者層から課題を突き付けられる可能性がある

 

与党寄りと目されている調査機関MAKが23日公表した調査結果によると、大統領選と同時に実施される総選挙は接戦となっており、エルドアン氏の公正発展党(AKP)と国家主義的な連立政党の支持率が50%となっている。

大統領選の予想はエルドアン氏の支持率が51.4%だが、7月に決戦投票が行われる展開になればエルドアン氏は野党候補などと厳しい戦いを強いられるだろう。

 

ただ、今でも熱心なエルドアン支持者は少なくない。こうした勢力は、リラは外国人投資家に狙い撃ちされているとの政府の見解をうのみにしている。

チャルシャンバ市場の店員のアーメトさんは「外国の勢力はエルドアン氏を引き下ろすためにドルを押し上げている。しかし誰もエルドアン氏を打ち負かすことはできない。最後までAKPを支持する」と話した。

 

トルコの景気サイクルがピークを迎えたとみられることから、エルドアン氏は先月、大統領選を1年以上も前倒しした。政策誌ターキー・アナリストの編集長のハリル・カラベリ氏は「今から1年後に起きると言われる景気後退期の真っただ中に大統領選が行われれば、状況は違っただろう」と述べ、エルドアン氏の勝利を予想した。

ワシントン・インスティテュートの研究員のソネル・チャアプタイ氏は「トルコでは国民の半分がエルドアン氏を憎み、もう半分は熱心に支持している」と話した。

https://jp.reuters.com/article/turkey-election-analysis-idJPKCN1IP0QL

盲信って怖い・・・と思う一方で、この構造って実は笑いごとではなくて、日本国内でも同様なことが起きる・起きているかもね。

 

これらを受けてトルコリラは・・・

ドルトルコリラ(USD/TRY)15分足

先日4.5付近まで回復したドルトルコリラも、4.7-4.8辺りの水準まで反発してしまった。

利上げ前の水準に比べれば幾分マシだが、爆発力は持続しなかったと言わざるを得ないだろう。

 

ドル円(USD/JPY)15分足

参考に、ドル円は109円台でウロウロ。

 

結果、トルコリラ円(TRY/JPY)15分足

24円からはだいぶ落ち込み、23円を割り込む局面もチラホラ。

24円とか25円とは言わないので、せめて23円くらいは維持して週末クローズを迎えてほしい・・・!

 

スワップ運用おすすめFX会社!

トルコリラなら:サクソバンク証券

トルコリラなら、スワップポイント爆増中のサクソバンク証券がおすすめ!

  • スワップポイント123.64円(1月平均実績)
  • スプレッド2.9銭(1月平均)
  • 月曜午前3時から取引可能

軒並みハイスペックで、とりあえず抑えておいて間違いないFX会社。

更に、当ブログ限定で口座開設&新規5万通貨以上の取引でキャッシュバック+3,000円!

サクソバンク証券

スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【サクソバンク証券】

 

南アフリカランドなら:FXプライム byGMO!

南アフリカランドは、スワップポイント最高峰のFXプライム byGMOがおすすめ!

  • スワップポイント15.07円(1月平均実績)
  • スプレッド1.0銭

毎月1,2位を争うスワップポイントをキープしており、安定感が強い。

もう、社畜しない。タイアップ用

今、この記事のバナー・リンクから口座開設して翌月末までに新規3万通貨以上の取引をすると限定でキャッシュバックが最大+3,000円になるキャンペーン中!

 

詳細スペック:スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【FXプライム byGMO 選べる外貨】

口座開設はこちら:FXプライムbyGMO

 

メキシコペソなら:セントラル短資FX!

メキシコペソなら、セントラル短資FXがおすすめ!

  • メキシコペソ円スワップポイント平均15.00円/1万通貨!
  • スプレッド0.5銭!

2018年11月からメキシコペソ円の取り扱いを開始し、最高水準のスワップポイント & 最狭スプレッドを提供し続けている!

FXダイレクトプラス

スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【セントラル短資FX】

 

トルコリラはサヤ取り(アービトラージ)も視野に!

トルコショックもあり、昨今下落が止まらないトルコリラ。

下落への対策として、サヤ取りという手段を検討してみては如何だろうか。

僕はトルコリラ運用の主軸をこちらにシフトしている、

通貨下落リスクなし!スワップポイントサヤ取り(アービトラージ)を徹底解説!

2018年8月の急落から徐々に回復しつつあるトルコリラだが、『やはり下落は心配なので全力で買うのは怖い・・・』なんて方も多いのではないだろうか。 スワップポイントは確かに魅力だが、それ以上に通貨価値が ...

続きを見る

 


おすすめ記事

1

僕が今ゾッコンなトルコリラの『スワップポイント』について話をしたい。 寝てる間に毎月10万円弱をお財布に入れてくれる可愛い奴だ。   この記事では、そんなトルコリラについて・・・ トルコリラ ...

2

  バイアンドホールド、積立、サヤ取り、リピート・・・ 一言にスワップ運用と言っても色々な手法があるが、具体的にはどんな特徴があって、何を基準に選んだら良いのか。 この記事では、これからスワ ...

3

2018年8月の急落から徐々に回復しつつあるトルコリラだが、『やはり下落は心配なので全力で買うのは怖い・・・』なんて方も多いのではないだろうか。 スワップポイントは確かに魅力だが、それ以上に通貨価値が ...

4

ポーランドズロチという通貨をご存知だろうか。 その名の通りポーランドで流通している通貨で、雑に言うと以下のような特徴がある。 ユーロと非常に良く似た値動き 買いスワップポイントはやや高め ということは ...

5

スワップポイント運用といえば、トルコリラが人気! でもトルコリラよりも前から高金利通貨として各社取り扱いのあった南アランド(南アフリカランド)や、最近くりっく365に上場して注目を集めるメキシコペソも ...

6

高いスワップポイントが魅力の、トルコリラ。 高金利通貨の中でも特に高い政策金利 & スワップポイントが人気のポイント。 せっかく運用するのならば、やはりスワップポイントの高いFX会社で運用をし ...

7

高いスワップポイントが魅力の、南アフリカランド。 トルコリラよりも落ち着いた値動きなのが魅力である。 せっかく運用するのならば、やはりスワップポイントの高いFX会社で運用をしたいところ。   ...

8

高いスワップポイントが魅力の、メキシコペソ。 南アフリカランドよりもちょっとスワップポイントが高く、トルコリラよりも値動きが落ち着いている割といい塩梅なのが人気のポイント。 せっかく運用するのならば、 ...

9

ここまで雑然と記事を並べてしまったので、これからトルコリラを初めようとしている貴方に『これだけは読んでおいて欲しい』このブログのおすすめ記事をまとめた。 トルコリラに限らず、南アランド・メキシコペソと ...

-ニュース・指標
-, ,

Copyright© もう、社畜しない。 , 2019 All Rights Reserved.