ニュース・指標

トルコ27円を巡ってウロウロ・・・【2018年3月トルコ消費者信頼感・景況感・設備稼働率】【FOMC】

投稿日:2018年3月22日 更新日:

ちょっと先日更新をサボってしまったので、先日の分からトルコ指標など色々。

3月20日16:00 トルコ3月消費者信頼感
3月20日23:30 トルコ2月中央政府債務

3月22日03:00 米FOMC
3月22日20:30 トルコ3月景況感
3月22日20:30 トルコ3月設備稼働率

特にFOMCでは米利上げがほぼ確実視されており、注目は今回よりも2018年の利上げ回数、そして既に2019年の利上げ回数にまで関心が向けられている。

米金利が上がるとトルコとの金利差が縮小してしまい、トルコリラ的には辛いところ・・・。

トルコリラズロチのサヤ取りがアツい!

もう、社畜しない。タイアップ用

当ブログ限定でキャッシュバック+3,000円
僕がメイン口座をFXプライム byGMOにした理由

 

まずは3月20日の指標

3月20日 16:00 トルコ3月消費者信頼感

予想71.7に対し、今回71.3(前回72.25)

3月20日 23:30 トルコ2月中央政府債務

予想8929億トルコリラに対し、今回8968億トルコリラ(前回8927億トルコリラ)

 

こちらは両方とも予想のちょっと下という感じ。

中央政府債務も単独では別に気にしなくてもいいのだろうが、昨今経常収支の悪化が懸念されている中で僅かとはいえ過去最高値を更新しているのはちょっと頂けないか。

 

これらを受けてトルコリラ円(TRY/JPY)15分足

トルコリラ円15分足

中央政府債務発表前、21時のタイミングではあるが、27円に回復。

まあ何とか26円定着は阻止・・・?という雰囲気。

 

次いで3月22日 FOMC

ドル・円下落、FOMC声明は予想されたほどタカ派的にならず -ブルームバーグ 2018年3月22日

東京外国為替市場のドル・円相場は下落。前日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で市場予想通りに利上げが決定された半面、政策スタンスが市場が予想していたほどタカ派的ではなかったことを受けたドル売りの流れを引き継いだ。

ドル・円は22日午後3時7分現在、前日比0.2%安の1ドル=105円88銭で推移。前日のニューヨーク市場での取引終盤のドル売りの流れを引き継ぎ朝方から弱含む中、仲値公示にかけて一段安となり、一時は7日以来の水準となる105円58銭まで下値を拡大した。

NBCフィナンシャル・マーケッツ・アジアのディレクター、デービッド・ルー氏(香港在勤)は、ドル・円相場について「パウエルFRB(連邦準備制度理事会)議長の記者会見が慎重姿勢で、特にタカ派的な発言も無かったことから、会見後にドルが売られた流れが続いている」と説明。今後について「米国による中国への関税措置が発表され、それに対して中国がどう反応するか、貿易戦争への懸念が高まるかがポイント」との見方を示した。

東海東京調査センターの柴田秀樹金利・為替シニアストラテジストは、FOMCで米経済成長見通しは引き上げられた半面、「パウエル議長が議会証言でタカ派的だったため、今年の利上げ回数について4回を織り込んでいたのが、結果的に3回だったため、ドルの調整が入った」と述べた。

オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)マーケッツ本部の吉利重毅外国為替・コモディティー営業部長は、米中の通商問題について「すでにいろいろと報じられていることから、おおむね織り込まれてはいるものの、米国による中国に対する関税の詳細やそれに対する中国の反応や対抗措置に対する懸念は意識されている」と述べた。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-03-22/P5Z0YX6TTDS401

FF金利自体は予想通り25bp引き上げられ、1.25-1.50% → 1.50-1.75%に。

更に、2019年の利上げ見通しは3回、2020年は2回となった。

いつの間にか一部で2018年・2019年の一方、あるいは両方が4回利上げとの期待も一部で出ていたようで、そこまでは行かないという意味で期待以下。

このペースで25bpずつ引き上げられると2019年末にはFF金利の上限が3.0%になる見込みだが・・・

 

これを受けてドル円(USD/JPY)15分足

ドル円15分足

一度は上に向かったものの、その後は急落。

再び105円・・・というよりも、こう勢いがあると3月頭のドル円最安値(105.25円)を割りそうな気配を見せている。

105円割るとグングン行きそうで、トルコリラ円的にもちょっと勘弁してほしいところである・・・

 

そして3月22日指標!

3月22日 20:30 トルコ3月景況感

予想110.5に対し、今回111.9(前回110.8)

3月22日 20:30 トルコ3月設備稼働率

予想77.5%に対し、今回77.8%(前回77.8%)

どちらも予想を上回る良好な結果!

特に設備稼働率は2017年4月から良い数字が続いているので、実に一年続いた形に。

ここのところのトルコ、イマイチな結果はあっても酷い結果はないので全体的に良い感じである。

 

クルド攻撃、目途が立ったと思ったら・・・?

エルドアン大統領 「イラクのシンジャルでも作戦開始の可能性がある」 -TRT 2018年3月21日

レジェプ・ターイプ・エルドアン大統領は、テロとの戦いの内容で、イラクのシンジャル地域でも一晩で一気に作戦が開始される可能性があると仄めかした。

アフリンでの活動はまだ終わっていないと述べたエルドアン大統領は、テロリストが仕掛けた爆弾を無力状態にする作業が続いていると話した。

イラク政府に対し、テロとの戦いに協力するよう呼びかけたエルドアン大統領は、「シンジャルへも一晩で一気に進軍する。そこにいるテロ組織PKKのメンバーも一掃する。友人であれば、我々に必要な支援を行うべきだ。この活動が長引けば、新たなオリーブの枝作戦もそこで行われることになる。」と語った。

(抜粋)

https://www.trt.net.tr/japanese/toruko/2018/03/19/erudoanda-tong-ling-irakunosinziyarudemozuo-zhan-kai-shi-noke-neng-xing-gaaru-933165

先日、アフリンを制圧して一先ず落ち着くかと思ったら、今度はイラクへの進行を示唆。

これが実施され、長期化となるとトルコリラの更なる下落は避けられないかも・・・?

 

これらを受けてトルコリラ

ドルトルコリラ(USD/TRY)15分足

ドルトルコリラ15分足

FOMCでのドル売りを受け、一度は3.9割れも見えたのだが再び上昇。

どうも本日18時からの動きは、ユーロ指標によるドル買いの流れのようだ。

本日20:30の指標も初動はトルコリラ売りで反応。

 

トルコリラ円(TRY/JPY)15分足

トルコリラ円15分足

再びの26円台。

対円ではユーロ指標での動きが大きく、27円を割り込みきっかけとなった。

 

スワップ運用おすすめFX会社!

トルコリラなら:サクソバンク証券

トルコリラなら、スワップポイント爆増中のサクソバンク証券がおすすめ!

  • スワップポイント123.64円(1月平均実績)
  • スプレッド2.9銭(1月平均)
  • 月曜午前3時から取引可能

軒並みハイスペックで、とりあえず抑えておいて間違いないFX会社。

更に、当ブログ限定で口座開設&新規5万通貨以上の取引でキャッシュバック+3,000円!

サクソバンク証券

スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【サクソバンク証券】

 

南アフリカランドなら:FXプライム byGMO!

南アフリカランドは、スワップポイント最高峰のFXプライム byGMOがおすすめ!

  • スワップポイント15.07円(1月平均実績)
  • スプレッド1.0銭

毎月1,2位を争うスワップポイントをキープしており、安定感が強い。

もう、社畜しない。タイアップ用

今、この記事のバナー・リンクから口座開設して翌月末までに新規3万通貨以上の取引をすると限定でキャッシュバックが最大+3,000円になるキャンペーン中!

 

詳細スペック:スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【FXプライム byGMO 選べる外貨】

口座開設はこちら:FXプライムbyGMO

 

メキシコペソなら:セントラル短資FX!

メキシコペソなら、セントラル短資FXがおすすめ!

  • メキシコペソ円スワップポイント平均15.00円/1万通貨!
  • スプレッド0.5銭!

2018年11月からメキシコペソ円の取り扱いを開始し、最高水準のスワップポイント & 最狭スプレッドを提供し続けている!

FXダイレクトプラス

スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【セントラル短資FX】

 

トルコリラはサヤ取り(アービトラージ)も視野に!

トルコショックもあり、昨今下落が止まらないトルコリラ。

下落への対策として、サヤ取りという手段を検討してみては如何だろうか。

僕はトルコリラ運用の主軸をこちらにシフトしている、

通貨下落リスクなし!スワップポイントサヤ取り(アービトラージ)を徹底解説!

2018年8月の急落から徐々に回復しつつあるトルコリラだが、『やはり下落は心配なので全力で買うのは怖い・・・』なんて方も多いのではないだろうか。 スワップポイントは確かに魅力だが、それ以上に通貨価値が ...

続きを見る

 


おすすめ記事

1

僕が今ゾッコンなトルコリラの『スワップポイント』について話をしたい。 寝てる間に毎月10万円弱をお財布に入れてくれる可愛い奴だ。   この記事では、そんなトルコリラについて・・・ トルコリラ ...

2

  バイアンドホールド、積立、サヤ取り、リピート・・・ 一言にスワップ運用と言っても色々な手法があるが、具体的にはどんな特徴があって、何を基準に選んだら良いのか。 この記事では、これからスワ ...

3

2018年8月の急落から徐々に回復しつつあるトルコリラだが、『やはり下落は心配なので全力で買うのは怖い・・・』なんて方も多いのではないだろうか。 スワップポイントは確かに魅力だが、それ以上に通貨価値が ...

4

ポーランドズロチという通貨をご存知だろうか。 その名の通りポーランドで流通している通貨で、雑に言うと以下のような特徴がある。 ユーロと非常に良く似た値動き 買いスワップポイントはやや高め ということは ...

5

スワップポイント運用といえば、トルコリラが人気! でもトルコリラよりも前から高金利通貨として各社取り扱いのあった南アランド(南アフリカランド)や、最近くりっく365に上場して注目を集めるメキシコペソも ...

6

高いスワップポイントが魅力の、トルコリラ。 高金利通貨の中でも特に高い政策金利 & スワップポイントが人気のポイント。 せっかく運用するのならば、やはりスワップポイントの高いFX会社で運用をし ...

7

高いスワップポイントが魅力の、南アフリカランド。 トルコリラよりも落ち着いた値動きなのが魅力である。 せっかく運用するのならば、やはりスワップポイントの高いFX会社で運用をしたいところ。   ...

8

高いスワップポイントが魅力の、メキシコペソ。 南アフリカランドよりもちょっとスワップポイントが高く、トルコリラよりも値動きが落ち着いている割といい塩梅なのが人気のポイント。 せっかく運用するのならば、 ...

9

ここまで雑然と記事を並べてしまったので、これからトルコリラを初めようとしている貴方に『これだけは読んでおいて欲しい』このブログのおすすめ記事をまとめた。 トルコリラに限らず、南アランド・メキシコペソと ...

-ニュース・指標
-, , , ,

Copyright© もう、社畜しない。 , 2019 All Rights Reserved.