ニュース・指標

2017年9月のトルコ経済楽観指数。クルド住民投票結果はトルコリラに影響出るか?

投稿日:2017年9月28日 更新日:

9月28日16:00に発表された9月のトルコ経済楽観指数

クルド住民投票で若干警戒高まる中、それを覆す・・・程の指標ではないね。

投票結果などと併せて見ていこう。

トルコリラズロチのサヤ取りがアツい!

もう、社畜しない。タイアップ用

当ブログ限定でキャッシュバック+3,000円
僕がメイン口座をFXプライム byGMOにした理由

 

まずは指標結果発表!

9月28日 16:00 トルコ9月経済楽観指数

予想106.8に対し、今回102.8(前回106.0)

残念ながら予想を下回るも、3ヶ月連続の100超という数字自体は決して悪くない。

 

クルド住民投票は?

「クルド独立」賛成93% -ロイター 2017年9月28日

イラク北部クルド自治政府の独立を巡る住民投票で、投票管理委員会は27日、賛成票が92・73%に達したとする最終開票結果を正式に発表した。「国家を持たない最大の民族」とされるクルド人は、圧倒的多数の民意で悲願の独立へ意思を表明した。結果に法的拘束力はなく、イラク中央政府は「違憲で無効」として独立交渉に応じない姿勢だ。

クルド民族運動の広がりを恐れる周辺国も一斉に反発、強硬な対抗措置を打ち出す構え。

国際社会では、米政府が「統一されたイラクを望む」と投票強行に失望感を表明するなど、中東の不安定化につながる動きへの警戒が広がった。

(元記事は削除または移動された模様)

賛成約93%という圧倒的多数。

元々、投票前から賛成多数とは予想されていたがこれ程とは。

逆に反対ってどういうタイプなのだろう・・・保守的、というか今の生活を変えたくない高齢層とかなのだろうか。何の根拠もないけど。

 

これに対しイラク政府は無効化要求

イラク政府、クルド自治政府に住民投票の無効化要求 孤立へ圧力 -ロイター 2017年9月28日

イラク北部のクルド自治政府の独立機運が高まる中、イラク中央政府は自治政府を孤立させるための圧力を強めている。

イラク中央政府は27日、自治政府に対し、対話に応じる条件として住民投票を無効とするよう求め、自治政府内の国際空港の管理を引き渡すことも要求。自治政府側はこれらの要求を拒否した。

中央政府や周辺国、欧米諸国の反対にもかかわらず、自治政府が住民投票を強行したことで、新たな地域紛争の勃発が懸念されている。

投票実施を受け、イラクの軍事使節団は軍事協力のため隣国イランに派遣された。国内にクルド人が居住し、独立運動の飛び火を恐れるイランとトルコはすでにイラクのクルド自治政府との国境地帯で合同軍事演習を開始している。

イラク中央政府は外国政府に自治政府の主要都市エルビルにある在外公館の閉鎖を要求

イラク航空当局は27日、自治政府内のエルビルとスレイマニヤに到着する国際線の運航停止を要請し、外国航空各社はこれに応じている

https://jp.reuters.com/article/mideast-crisis-kurds-referendum-isolatio-idJPKCN1C30JG

 

上記の通り、特にイラクがかなりの圧力を掛けている。

しかし元々法的効力のない住民投票を無効とするよう要求というのも不思議な話である。言いたいことは分かるけど。訳の関係かもしれないが。

 

これらを受けて市場の反応

ドル円(USD/JPY)15分足

ドル円15分足

昨日113円を突破したドル円。

上昇要因としては、第一にイエレン議長講演を通して12月利上げ予想が80%超まで上昇し、長期金利が上昇したことが大きい。講演自体特に新しい内容は無かったのだが。

9月当初は30%程度だったことを考えると、この一月で急激な上昇である。

加えて、トランプ大統領の税制改革によって法人税が引き下げられることへの期待。

更に日本の選挙・・・はオマケ程度か。

 

ドルトルコリラ(USD/TRY)15分足

ドルトルコリラ15分足

充分に織り込む時間があったからか、それとも圧倒的多数は予想通りだからか。投票結果を受けてトルコリラ安、という動きは無かった。

指標については、予想の下ながら多少トルコリラ買いの動きが出ている。引き続き難しい位置だ。

 

結果、トルコリラ円(TRY/JPY)15分足

トルコリラ円15分足

31円台半ばで小幅な動き。

クルド独立を求める動きがトルコにまで波及することは懸念されるが、材料としては出尽くした感もある。

むしろドルが強くて下落する展開の方が現実的か。だとすればトルコに起因する話ではないので、悲観することはなさそうだ。

 

スワップ運用おすすめFX会社!

トルコリラなら:サクソバンク証券

トルコリラなら、スワップポイント爆増中のサクソバンク証券がおすすめ!

  • スワップポイント123.64円(1月平均実績)
  • スプレッド2.9銭(1月平均)
  • 月曜午前3時から取引可能

軒並みハイスペックで、とりあえず抑えておいて間違いないFX会社。

更に、当ブログ限定で口座開設&新規5万通貨以上の取引でキャッシュバック+3,000円!

サクソバンク証券

スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【サクソバンク証券】

 

南アフリカランドなら:FXプライム byGMO!

南アフリカランドは、スワップポイント最高峰のFXプライム byGMOがおすすめ!

  • スワップポイント15.07円(1月平均実績)
  • スプレッド1.0銭

毎月1,2位を争うスワップポイントをキープしており、安定感が強い。

もう、社畜しない。タイアップ用

今、この記事のバナー・リンクから口座開設して翌月末までに新規3万通貨以上の取引をすると限定でキャッシュバックが最大+3,000円になるキャンペーン中!

 

詳細スペック:スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【FXプライム byGMO 選べる外貨】

口座開設はこちら:FXプライムbyGMO

 

メキシコペソなら:セントラル短資FX!

メキシコペソなら、セントラル短資FXがおすすめ!

  • メキシコペソ円スワップポイント平均15.00円/1万通貨!
  • スプレッド0.5銭!

2018年11月からメキシコペソ円の取り扱いを開始し、最高水準のスワップポイント & 最狭スプレッドを提供し続けている!

FXダイレクトプラス

スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【セントラル短資FX】

 

トルコリラはサヤ取り(アービトラージ)も視野に!

トルコショックもあり、昨今下落が止まらないトルコリラ。

下落への対策として、サヤ取りという手段を検討してみては如何だろうか。

僕はトルコリラ運用の主軸をこちらにシフトしている、

通貨下落リスクなし!スワップポイントサヤ取り(アービトラージ)を徹底解説!

2018年8月の急落から徐々に回復しつつあるトルコリラだが、『やはり下落は心配なので全力で買うのは怖い・・・』なんて方も多いのではないだろうか。 スワップポイントは確かに魅力だが、それ以上に通貨価値が ...

続きを見る

 


おすすめ記事

1

僕が今ゾッコンなトルコリラの『スワップポイント』について話をしたい。 寝てる間に毎月10万円弱をお財布に入れてくれる可愛い奴だ。   この記事では、そんなトルコリラについて・・・ トルコリラ ...

2

  バイアンドホールド、積立、サヤ取り、リピート・・・ 一言にスワップ運用と言っても色々な手法があるが、具体的にはどんな特徴があって、何を基準に選んだら良いのか。 この記事では、これからスワ ...

3

2018年8月の急落から徐々に回復しつつあるトルコリラだが、『やはり下落は心配なので全力で買うのは怖い・・・』なんて方も多いのではないだろうか。 スワップポイントは確かに魅力だが、それ以上に通貨価値が ...

4

ポーランドズロチという通貨をご存知だろうか。 その名の通りポーランドで流通している通貨で、雑に言うと以下のような特徴がある。 ユーロと非常に良く似た値動き 買いスワップポイントはやや高め ということは ...

5

スワップポイント運用といえば、トルコリラが人気! でもトルコリラよりも前から高金利通貨として各社取り扱いのあった南アランド(南アフリカランド)や、最近くりっく365に上場して注目を集めるメキシコペソも ...

6

高いスワップポイントが魅力の、トルコリラ。 高金利通貨の中でも特に高い政策金利 & スワップポイントが人気のポイント。 せっかく運用するのならば、やはりスワップポイントの高いFX会社で運用をし ...

7

高いスワップポイントが魅力の、南アフリカランド。 トルコリラよりも落ち着いた値動きなのが魅力である。 せっかく運用するのならば、やはりスワップポイントの高いFX会社で運用をしたいところ。   ...

8

高いスワップポイントが魅力の、メキシコペソ。 南アフリカランドよりもちょっとスワップポイントが高く、トルコリラよりも値動きが落ち着いている割といい塩梅なのが人気のポイント。 せっかく運用するのならば、 ...

9

ここまで雑然と記事を並べてしまったので、これからトルコリラを初めようとしている貴方に『これだけは読んでおいて欲しい』このブログのおすすめ記事をまとめた。 トルコリラに限らず、南アランド・メキシコペソと ...

-ニュース・指標
-

Copyright© もう、社畜しない。 , 2019 All Rights Reserved.