ニュース・指標

トルコ、裏口利上げ!?トルコリラ19円台回復!【2018年5月トルコ工業生産】

投稿日:2018年8月16日 更新日:

トルコショックから徐々に回復しつつあるトルコリラ。

本日8月16日には、19円台まで回復!!!

  • 牧師解放を改めて否定
  • カタールがトルコへの直接投資を確約
  • IMFへの要請なし
  • 指標:2018年5月工業生産
  • トルコ、裏口利上げ?

この辺の出来事について、チェックしていこう。

トルコリラ・ズロチのサヤ取りがアツい!

もう、社畜しない。タイアップ用

当ブログ限定でキャッシュバック+3,000円
僕がメイン口座をFXプライム byGMOにした理由

 

牧師解放を改めて否定

トルコ裁判所、米牧師の釈放を認めず ギリシャ兵2人は帰国 -CNN 2018年8月16日

トルコ・イスタンブール(CNN) トルコの裁判所は15日、米国人の牧師アンドルー・ブランソン氏による釈放の請求を棄却した。ブランソン氏の弁護士が明らかにした。一方で、拘束されていたギリシャ兵2人と人権活動家1人ついては釈放を認めた。

https://www.cnn.co.jp/world/35124126.html

このギリシャ兵は昨日の記事で触れたもの。

解放の流れでブランソン牧師も・・・と思ったが、裁判所が棄却した上にトルコ政府としても改めて否定したようだ。

問題の根底は先送りに・・・。

 

カタールがトルコへの直接投資を確約

カタール、トルコに直接投資150億ドルを約束-リラは上げ幅拡大 -ブルームバーグ 2018年8月16日

カタールはトルコに150億ドル(約1兆6600億円)の直接投資を約束した。米国との対立でトルコ市場には動揺が広がっている。

カタールのタミム首長は15日、トルコのエルドアン大統領とアンカラで会談しこの投資を約束したと、トルコ国営アナドル通信が伝えた。両国の財務相も会談に同席した。

独アリアンツの主任経済顧問、モハメド・エラリアン氏は「国際通貨基金(IMF)を避けてほかの外部支援を模索する戦略の一環だ」とツイートで指摘。「持続可能な安定化要因となるには、資金はもっと大きい規模で、中銀に届く必要がある」と述べた。

エルドアン大統領の報道官を務めるイブラヒム・カリン氏はツイートで同投資額を確認。この報道を受けて、リラは上げ足を速め、対ドルで5.5%高。国営カタール通信も投資について確認した。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-08-16/PDIZUA6S972S01

トルコへの嬉しい外貨流入。

1兆円を超える規模ということもあり、多少の効果は期待できそうだ。

 

IMFへの支援要請なし!

トルコ、IMFへの支援要請を検討している兆候ない=IMF報道官 -ロイター 2018年8月16日

国際通貨基金(IMF)の報道官は15日、声明を発表し、トルコの当局がIMFへの金融支援要請を検討している兆候はみられないと述べた。

声明は「最近の市場の乱高下を踏まえ、新政権はマクロ経済の安定を促進し、不均衡を是正するため、健全な経済政策に専心する姿勢を示す必要がある」としている。

https://jp.reuters.com/article/turkey-currency-imf-idJPL4N1V71OI

アルゼンチンもIMF支援である程度持ち直したんだし、素直に支援受けるのも手なのに・・・と思うのだが、やはりこれはエルドアンのプライドなのだろう。

牧師を解放しない件といい、利上げの件といい、この件といい、完全にエルドアン起因で問題が長引いている(というかそもそもの発端)んだよねえ・・・

 

指標:2018年5月工業生産

8月16日 16:00 トルコ5月工業生産(前年比)

予想+5.0%に対し、今回+3.2%(前回+6.4%)

昨日の失業率は良かったが、今日の工業生産は残念指標!!

神経質に動く時期に、こういう指標はちょっと頂けない・・・。

 

が、どうやら後述する利上げの効果もありトルコリラの上昇基調は崩れていない。タイミングに救われた!

 

トルコ、水面下で裏口利上げ?

トルコリラが上昇、牧師拘束で進展の見方 -日本経済新聞 2018年8月16日

中央銀行が中心となる政策金利(17.75%)よりも割高な金利を使い市中銀行に資金供給する「裏口利上げ」に乗り出したこともリラ買い材料となっている。投機筋の売り一服も重なった。

(抜粋)

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO34197170V10C18A8EAF000/

何をしているかというと、政策金利は上げていないけど実際に提供する金利は引き上げるということをやっている。

これにより実質の後期流動性貸出金利(市場金利)20%超の水準。

政策金利のシンプル化とはなんだったのか・・・・。

 

何故こんなことをやっているかというと、エルドアンへの忖度に他ならないだろう。

一応政策金利は上げていない、でも実質的には上げている。

それに何の意味があるかはともかく・・・

  • エルドアンの圧力があっても中銀は動ける!
  • この状況下でもコソコソせざるを得ないことが露呈した

どちらの解釈をするかによって、様子は変わってくるかもしれない。

 

これを受けてトルコリラ

トルコリラ円(TRY/JPY)15分足

事の善悪はともかく、とりあえず一時19円には回復した!

また、トルコが来週休場であり今日の分の取引を持ち越すとマイナススワップが大きい為売り建を買い戻しているというのも一つの背景。

日本のFX会社も本日や明日の持ち越し分がスワップ6倍デー、7倍デーとなっているところも。

 

背景には流動性が低下していて、小さな要因で大きく動く状況であるというのもあるが・・・まあ今は喜んでおこう。

注意すべきは、逆もまた然りで落ちる時はすぐ落ちる可能性があるということ。

 

ドルトルコリラ(USD/TRY)15分足

対ドルでも5.8付近まで回復。一時5.6辺りへ。

とりあえず目標は5.0辺りまで頑張ってほしい・・・!

 

スワップ運用おすすめFX会社!

トルコリラなら:サクソバンク証券

トルコリラなら、スワップポイント爆増中のサクソバンク証券がおすすめ!

  • スワップポイント123.64円(1月平均実績)
  • スプレッド2.9銭(1月平均)
  • 月曜午前3時から取引可能

軒並みハイスペックで、とりあえず抑えておいて間違いないFX会社。

更に、当ブログ限定で口座開設&新規5万通貨以上の取引でキャッシュバック+3,000円!

サクソバンク証券

スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【サクソバンク証券】

 

南アフリカランドなら:FXプライム byGMO!

南アフリカランドは、スワップポイント最高峰のFXプライム byGMOがおすすめ!

  • スワップポイント15.07円(1月平均実績)
  • スプレッド1.0銭

毎月1,2位を争うスワップポイントをキープしており、安定感が強い。

もう、社畜しない。タイアップ用

今、この記事のバナー・リンクから口座開設して翌月末までに新規3万通貨以上の取引をすると限定でキャッシュバックが最大+3,000円になるキャンペーン中!

 

詳細スペック:スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【FXプライム byGMO 選べる外貨】

口座開設はこちら:FXプライムbyGMO

 

メキシコペソなら:セントラル短資FX!

メキシコペソなら、セントラル短資FXがおすすめ!

  • メキシコペソ円スワップポイント平均15.00円/1万通貨!
  • スプレッド0.5銭!

2018年11月からメキシコペソ円の取り扱いを開始し、最高水準のスワップポイント & 最狭スプレッドを提供し続けている!

FXダイレクトプラス

スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【セントラル短資FX】

 

トルコリラはサヤ取り(アービトラージ)も視野に!

トルコショックもあり、昨今下落が止まらないトルコリラ。

下落への対策として、サヤ取りという手段を検討してみては如何だろうか。

僕はトルコリラ運用の主軸をこちらにシフトしている、

通貨下落リスクなし!スワップポイントサヤ取り(アービトラージ)を徹底解説!

2018年8月の急落から徐々に回復しつつあるトルコリラだが、『やはり下落は心配なので全力で買うのは怖い・・・』なんて方も多いのではないだろうか。 スワップポイントは確かに魅力だが、それ以上に通貨価値が ...

続きを見る

 

関連コンテンツ

おすすめ記事

1

僕が今ゾッコンなトルコリラの『スワップポイント」について話をしたい。 寝てる間に毎月10万円弱をお財布に入れてくれる可愛い奴だ。   この記事では、そんなトルコリラについて・・・ トルコリラ ...

2

  バイアンドホールド、積立、サヤ取り、リピート・・・ 一言にスワップ運用と言っても色々な手法があるが、具体的にはどんな特徴があって、何を基準に選んだら良いのか。 この記事では、これからスワ ...

3

2018年8月の急落から徐々に回復しつつあるトルコリラだが、『やはり下落は心配なので全力で買うのは怖い・・・』なんて方も多いのではないだろうか。 スワップポイントは確かに魅力だが、それ以上に通貨価値が ...

4

スワップポイント運用といえば、トルコリラが人気! でもトルコリラよりも前から高金利通貨として各社取り扱いのあった南アランド(南アフリカランド)や、最近くりっく365に上場して注目を集めるメキシコペソも ...

5

高いスワップポイントが魅力の、トルコリラ。 高金利通貨の中でも特に高い政策金利 & スワップポイントが人気のポイント。 せっかく運用するのならば、やはりスワップポイントの高いFX会社で運用をし ...

6

高いスワップポイントが魅力の、南アフリカランド。 トルコリラよりも落ち着いた値動きなのが魅力である。 せっかく運用するのならば、やはりスワップポイントの高いFX会社で運用をしたいところ。   ...

7

高いスワップポイントが魅力の、メキシコペソ。 南アフリカランドよりもちょっとスワップポイントが高く、トルコリラよりも値動きが落ち着いている割といい塩梅なのが人気のポイント。 せっかく運用するのならば、 ...

8

ここまで雑然と記事を並べてしまったので、これからトルコリラを初めようとしている貴方に『これだけは読んでおいて欲しい』このブログのおすすめ記事をまとめた。 トルコリラに限らず、南アランド・メキシコペソと ...

-ニュース・指標
-, ,

Copyright© もう、社畜しない。 , 2019 All Rights Reserved.