ニュース・指標

2017年2月のトルコ失業率、若干改善するもトルコリラ32円には届かず・・・!

投稿日:2017年5月15日 更新日:

再びの北朝鮮ミサイル報道から一夜明けた5月15日16:00に発表された2月のトルコ失業率

他の指標がまあまあ堅調な様子の中、イマイチ感を漂わせているこの指標・・・。

個人的には消費者物価指数(及び生産者物価指数)と並んで二大アタマイタイ指標なのだが、そろそろ改善してくれないものか。

トルコリラズロチのサヤ取りがアツい!

もう、社畜しない。タイアップ用

当ブログ限定でキャッシュバック+3,000円
僕がメイン口座をFXプライム byGMOにした理由

 

結果発表

5月15日 16:00 2月失業率

予想13.0%に対し、今回12.6%(前回13.0%)

 

僅かながら改善!

前月比改善したのは2016年4月指標以来。実に10ヶ月ぶりである。

なお、上昇前の底である2016年4月失業率は9.3%。一先ずこの水準・・・というか、10%を割って欲しいところだ。

 

これを受けてトルコリラ

ドルトルコリラ(USD/TRY)15分足

ドルトルコリラ15分足

発表の初動はトルコリラ売りだったものの、その後反転しヨコヨコ~ややトルコリラ買い。

指標で、というよりは一日の全体ムードとして小上げな感じに。

なお、北朝鮮ミサイルは無風。

 

トルコリラ円(TRY/JPY)15分足

トルコリラ円15分足

後述ドル円の影響を受け、上昇ムード。

しかしまたも32円には届かず、31.9円辺りで反発してしまう・・・。

 

ドル円(USD/JPY)15分足

ドル円15分足

北朝鮮ミサイル発射の影響は限定的で、小幅な窓を開けてすぐ埋めて終了。

しかし30分で800kmとかいう飛行、第一報を聞いた時は失敗かと思ったが意図的なものだったそうで。

迎撃は困難だが地下に退避する猶予は生まれる・・・。どっちがいいのか。

 

明日はエルドアン大統領が訪米

一帯一路フォーラム終了 エルドアン大統領、その足でアメリカへ 明日、米トランプ大統領と会談 -TRT 2017年5月15日

エルドアン大統領は、中国で一帯一路国際協力フォーラムのワーキングランチに出席した。

エルドアン大統領は、ワーキングランチ後、専用機「ジャン」に乗り、トルコ時間の9時25分にペキン(北京)からアメリカへと出発した。

エルドアン大統領は、ワシントンで明日(5月16日)、アメリカのトランプ大統領との二者会談や代表団間会談を行う

エルドアン大統領とトランプ大統領との二者会談では、地域問題や国際問題が取り上げられると見られている。

今回の訪問で行われる高官レベルの会談では、二国間関係のほか、「フェト」こと、フェトフッラー派テロ組織・パラレル国家構造(FETÖ/PDY)の首謀者フェトフッラー・ギュレンの身柄引き渡し、シリアとイラクの情勢、テロとの戦いに関し意見交換が行われることが予定されている。

https://www.trt.net.tr/japanese/toruko/2017/05/15/dai-lu-huoramuzhong-liao-erudoanda-tong-ling-sonozu-deamerikahe-ming-ri-mi-toranpuda-tong-ling-tohui-tan-732312

エルドアン大統領、中国で記者団の質問に答える -TRT 2017年5月15日

アメリカ訪問とドナルド・トランプ大統領と行う会談に関する敏感さを繰り返し述べたエルドアン大統領は、中国で記者団の質問に答えた。

「我々が行う会談は続きがあるのではなく、解決策のために行われる。この観点から重要である。」と述べたエルドアン大統領は、

「もし同盟国なら同盟関係の枠内で決定を下す必要がある。同盟関係に影を投げかけるならば、自分たちでやって行くことを考えなければならない。我々はこの同盟関係をトルコに反するアプローチに押しつぶさせることはない。このことを特に申し上げたい。」と述べた。

エルドアン大統領は質問を受けて、テロ組織DEASH(ISIL)対策でトルコが遅れているとの主張は嘘であると語った。

アメリカがテロ組織DEASHの危険を認識する前にトルコがこの危険を察知して最も明確に姿勢を明らかにしたことを振り返ったエルドアン大統領は、

「もし我々がこの姿勢を明示していなければテロ組織DEASHにこのような動揺は起こらなかったであろう。」と述べた。

アメリカで一部身の程をわきまえない者らが駆け引きをしてメディアで「トルコはDEASHに対してすべきことを行わなかった。」と述べて中傷しようとしたものの、実際はこのテロ組織に対して最大の戦いを行っている国こそトルコであると強調したエルドアン大統領は、

「最初から私レジェプ・ターイプ・エルドアンはなぜ欧米メディア同様、テロ組織 DEASHの標的でもあるのか。DEASHの標的には私もいる。自分たちの報道媒体で私のさまざまな写真がある。この中傷を行った者たちの写真はこの報道媒体にあるか。ない。我々は信じたことを信じた形で行う。このようにこの道を出発し、このように進めている。」と強調した。

エルドアン大統領は、テロ組織 DEASH対策で別のテロ組織と協力することも有志連合軍とアメリカの尊厳を消し去る意味を持っていると強調した。

「ここでテロ組織YPGもテロ組織 PYDも必要ではない。これらはテロ組織である。」と述べたエルドアン大統領は、

DEASH対策のためにテロ組織YPGと協力することを条件として検討することは、実際は有志連合軍とアメリカの尊厳を消し去ることである。我々はこの戦いを北大西洋条約機構(NATO)で同盟国である勢力やこの地域にある諸国サウジアラビアをはじめカタール、レバノン、ヨルダンと共に上手くやって行くことができる。これらテロ組織は必要ではない。我々はこのことをジェラブルス、ダビク、ライ、アル・バーブで証明した。そして今マンビジやラッカでも証明すると申し上げている。」と語った。

テロ組織DEASHはイスラムとまったく関係がないとも強調したエルドアン大統領は、この組織はイスラムにとって汚点であると付け加えた。

https://www.trt.net.tr/japanese/toruko/2017/05/15/erudoanda-tong-ling-zhong-guo-deji-zhe-tuan-nozhi-wen-nida-eru-732041

やはりエルドアン大統領的には、会談の主題はギュレン師とYPG問題のようで。

アメリカがクルド人武装組織に武器提供。トルコとしては面白くないが・・・

すぐに解決策が出るとも思わないが、この辺りはEU加盟交渉にも少なからず関わってくる可能性があるので注目していきたい。

 

スワップ運用おすすめFX会社!

トルコリラなら:サクソバンク証券

トルコリラなら、スワップポイント爆増中のサクソバンク証券がおすすめ!

  • スワップポイント123.64円(1月平均実績)
  • スプレッド2.9銭(1月平均)
  • 月曜午前3時から取引可能

軒並みハイスペックで、とりあえず抑えておいて間違いないFX会社。

更に、当ブログ限定で口座開設&新規5万通貨以上の取引でキャッシュバック+3,000円!

サクソバンク証券

スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【サクソバンク証券】

 

南アフリカランドなら:FXプライム byGMO!

南アフリカランドは、スワップポイント最高峰のFXプライム byGMOがおすすめ!

  • スワップポイント15.07円(1月平均実績)
  • スプレッド1.0銭

毎月1,2位を争うスワップポイントをキープしており、安定感が強い。

もう、社畜しない。タイアップ用

今、この記事のバナー・リンクから口座開設して翌月末までに新規3万通貨以上の取引をすると限定でキャッシュバックが最大+3,000円になるキャンペーン中!

 

詳細スペック:スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【FXプライム byGMO 選べる外貨】

口座開設はこちら:FXプライムbyGMO

 

メキシコペソなら:セントラル短資FX!

メキシコペソなら、セントラル短資FXがおすすめ!

  • メキシコペソ円スワップポイント平均15.00円/1万通貨!
  • スプレッド0.5銭!

2018年11月からメキシコペソ円の取り扱いを開始し、最高水準のスワップポイント & 最狭スプレッドを提供し続けている!

FXダイレクトプラス

スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【セントラル短資FX】

 

トルコリラはサヤ取り(アービトラージ)も視野に!

トルコショックもあり、昨今下落が止まらないトルコリラ。

下落への対策として、サヤ取りという手段を検討してみては如何だろうか。

僕はトルコリラ運用の主軸をこちらにシフトしている、

通貨下落リスクなし!スワップポイントサヤ取り(アービトラージ)を徹底解説!

2018年8月の急落から徐々に回復しつつあるトルコリラだが、『やはり下落は心配なので全力で買うのは怖い・・・』なんて方も多いのではないだろうか。 スワップポイントは確かに魅力だが、それ以上に通貨価値が ...

続きを見る

 


おすすめ記事

1

僕が今ゾッコンなトルコリラの『スワップポイント』について話をしたい。 寝てる間に毎月10万円弱をお財布に入れてくれる可愛い奴だ。   この記事では、そんなトルコリラについて・・・ トルコリラ ...

2

  バイアンドホールド、積立、サヤ取り、リピート・・・ 一言にスワップ運用と言っても色々な手法があるが、具体的にはどんな特徴があって、何を基準に選んだら良いのか。 この記事では、これからスワ ...

3

2018年8月の急落から徐々に回復しつつあるトルコリラだが、『やはり下落は心配なので全力で買うのは怖い・・・』なんて方も多いのではないだろうか。 スワップポイントは確かに魅力だが、それ以上に通貨価値が ...

4

ポーランドズロチという通貨をご存知だろうか。 その名の通りポーランドで流通している通貨で、雑に言うと以下のような特徴がある。 ユーロと非常に良く似た値動き 買いスワップポイントはやや高め ということは ...

5

スワップポイント運用といえば、トルコリラが人気! でもトルコリラよりも前から高金利通貨として各社取り扱いのあった南アランド(南アフリカランド)や、最近くりっく365に上場して注目を集めるメキシコペソも ...

6

高いスワップポイントが魅力の、トルコリラ。 高金利通貨の中でも特に高い政策金利 & スワップポイントが人気のポイント。 せっかく運用するのならば、やはりスワップポイントの高いFX会社で運用をし ...

7

高いスワップポイントが魅力の、南アフリカランド。 トルコリラよりも落ち着いた値動きなのが魅力である。 せっかく運用するのならば、やはりスワップポイントの高いFX会社で運用をしたいところ。   ...

8

高いスワップポイントが魅力の、メキシコペソ。 南アフリカランドよりもちょっとスワップポイントが高く、トルコリラよりも値動きが落ち着いている割といい塩梅なのが人気のポイント。 せっかく運用するのならば、 ...

9

ここまで雑然と記事を並べてしまったので、これからトルコリラを初めようとしている貴方に『これだけは読んでおいて欲しい』このブログのおすすめ記事をまとめた。 トルコリラに限らず、南アランド・メキシコペソと ...

-ニュース・指標

Copyright© もう、社畜しない。 , 2019 All Rights Reserved.