トルコリラ-指標

2017年8月のトルコ失業率、やや改善だがトルコリラは28円台へ!

投稿日:

11月15日16:00に発表された、8月のトルコ失業率

トルコリラが29円の攻防を繰り広げる中、せめてもの支えとなるか・・・!?

スワップ運用おすすめFX会社!

もう、社畜しない。タイアップ用

トルコリラ・メキシコペソならFXプライム byGMO!
南アフリカランドもスワップポイント大幅上昇!
当ブログ限定でキャッシュバック+3,000円
僕がメイン口座をFXプライム byGMOにした理由

 

結果発表!

11月15日 16:00 トルコ8月失業率

予想11.0%に対し、今回10.6%(前回10.7%)

僅かではあるが予想を下回り、前月よりも改善!

トルコの失業率は、5月頃を底を付け、冬に向けて上昇していく傾向がある為、この時期に前月より改善というのは比較的珍しい動きである。

これをトルコ経済の回復と見るか、それとも昨年が悪すぎたと見るか。

いずれにせよ、今回の指標自体は良い結果だったと言えるだろう。

 

トルコ指標に疑問の声も

良い指標に水を差す訳ではないのだが・・・

ここのところ、トルコ指標の信憑性を問う声がチラホラ聞こえてきている。

貿易や観光客数など、対外的なものを誤魔化すのはハードルが高いが、今回の失業率のように国内に閉じたものであれば多少の操作は容易であって、数字を弄っているのではないかというものだ。

この点に関して真相は知る由もないのだが、僕個人としては、多少はあるだろうと思っている。

ただ、これはトルコリラが下落しているから、ではなく、そもそも新興国の指標なんて多かれ少なかれ疑わしい部分はあるだろう、という。(たまに先進国でも怪しいが)

じゃあ指標なんて何の役にも立たないかというと決してそんなことはなく、かといって真に受けすぎも良くない。

七掛け程度に見ておくのが適切なのだろう。

真実はお役人のみぞ知る。

 

新興国危うし?

トルコとは直接関係の無い話なのだが、ここにきて新興国での危うい報道が出てきている。

これを機に世界的にリスクオフムードが広がる・・・なんてことにならないと良いのだが。

 

ベネズエラ・デフォルト危機

ベネズエラ「一部デフォルト」 長期国債でS&P -日本経済新聞 2017年11月15日

米格付け大手S&Pグローバルは14日までに、財政危機に直面している南米ベネズエラの外貨建て長期国債格付けを一部の債務を履行しない「選択的デフォルト」に下げた。英フィッチ・レーティングスも国営石油会社の社債を同じ意味合いの格付けに引き下げた。ベネズエラ政府は利払いの遅延を認めたうえで入金を再開したと発表したが、同国の債務返済をめぐる混乱が続いている。

13日の債務再編交渉の破談を受け、S&Pやフィッチは国債と国営石油会社であるPDVSAの社債について一部債務の利払いが実行されていない状態と認定した。S&Pとフィッチはともに、ベネズエラ政府が返済の拒否を表明していないため完全なデフォルトだとはしていないものの、債務問題の深刻化が鮮明になった。

格下げを受け、ベネズエラ政府は14日、国債とPDVSAの社債利払いを再開したと発表した。マドゥロ大統領はこれまで、対立している米国の主導による金融機関の妨害で入金ができていないだけだと主張し、利払いの遅延を認めていなかった。

ベネズエラ政府が利払い再開を表明したのは、完全なデフォルト状態と認定されて、同国経済の屋台骨である製油所やタンカーなどの資産が差し押さえられることを防ぐ目的とみられる。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23494950V11C17A1MM0000/

ベネズエラでのデフォルト危機。

背景にはベネズエラが独裁体制を強めたことに対する米国の経済制裁による資金繰りの悪化があるとされる。

トルコもあまりアメリカと喧嘩しない方が良さそうだ・・・

 

ジンバブエはクーデター?

ジンバブエ軍、国営放送局を占拠 「大統領は無事」と -BBCニュース 2017年11月15日

アフリカ南部ジンバブエで14日夜から15日未明にかけ、軍が国営放送局を占拠した。テレビ演説したシブシソ・モヨ少将はロバート・ムガべ大統領とその家族は無事だと語った。

シブシソ・モヨ少将は、軍はムガベ氏周辺で「社会的かつ経済的な苦難」をもたらしている人物だけを標的にしていると述べた。

軍の行動は、ムガべ大統領が後継者問題をめぐってエマーソン・ムナンガグワ第1副大統領を解任したことを受けたもの。現在93歳で1980年から政権の座にある同大統領は妻のグレース・ムガベ氏を支持している。

首都ハラレの北部では15日に激しい銃声や砲撃の音が響いた。

テレビ演説で原稿を読み上げたモヨ少将は、クーデターではないと述べ、ムガベ氏は無事だと語ったが、居場所は明らかにしなかった

ムガベ氏自身からのコメントは現地点で出ていない。ムガベ氏は、英国の植民地だったジンバブエが独立国家となった1980年以来、政治権力の中心にいた。

英外務省はハラレに現在滞在する英市民に対し、「状況がよりはっきりするまで」安全のため自宅やホテル内に留まるよう勧告した。一方、ハラレの米国大使館は米市民に対し、新たな連絡が来るまで「外出しないよう」求めた。

ハラレの米国大使館はツイッターに、「現在の不透明な状況のため」15日は閉館すると投稿した。

https://www.bbc.com/japanese/41993142

否定してるけど、完全にクーデターでしょ、これ・・・。

ちなみに、ムガベ大統領は30年近く大統領の座に君臨する、世界最高齢の国家元首にしてアサド大統領と並び最悪の独裁者と称される人物。

ジンバブエといえば超絶スーパーインフレのジンバブエドル、だが、現在は南アランドや米ドルが主な流通通貨であり、南アフリカとは隣接している。影響が及ばなければ良いのだが。

 

これらを受けて?トルコリラ

ドルトルコリラ(USD/TRY)15分足

ドルトルコリラ15分足

ドルトルコリラは深夜に一時3.90を超えたものの、何とか踏み留まる。

指標の反応は僅かに・・ではあるものの、トルコリラ買いが起きている。もし悪い内容だったら3.90を突き抜けていたかもしれない。

 

ドル円(USD/JPY)

ドル円15分足

ドルはついに112円台へ。

法人税引き下げ延期に加え、ロシア疑惑に際しセッションズ司法長官が発言を修正したことを受け、氏の過去の発言に対しても信憑性が低下、疑惑深まりドル下げる、といった動きの模様。

 

トルコリラ円(TRY/JPY)15分足

トルコリラ円15分足

29円にタッチしながら反発し、その後も抵抗したもののドル下落(円高)に抗いきれず28円台へ・・・と言う感じ。

指標が悪ければ一気に28円台だったのだろうが、良かったお陰で何とかこの位置にいるような。

トルコリラ起因の下落でないことが救いだが、いつものパターンだとまた0時過ぎに落ちる可能性もある。警戒を。

 

スワップ運用おすすめFX会社!

トルコリラなら:みんなのFX!

トルコリラのスワップ運用なら、スワップポイント・スプレッド等総合的に超ハイスペックなトレイダーズ証券みんなのFXがおすすめ!

最高水準のスワップポイント・スプレッドも最狭水準の1.9銭・1,000通貨単位の取引可!

トレイダーズ証券[みんなのFX]

スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【トレイダーズ証券 みんなのFX】

 

南アフリカランドなら:FXプライム byGMO!

南アフリカランドなら、高スワップ&信頼感のFXプライム byGMOがおすすめ!

高スワップポイントはもちろん、約定力などの面でも信頼感が厚く、自信をもっておすすめできるFX会社。

更に、このブログから口座開設&翌月末までに新規3万通貨取引でキャッシュバック+3,000円の限定キャンペーン中!

もう、社畜しない。タイアップ用

スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【FXプライム byGMO】

僕がトルコリラ口座をFXプライム byGMOに変更した5つの理由。

 

メキシコペソなら:マネーパートナーズ!

メキシコペソなら、高スワップ&100通貨単位の取引に対応のマネーパートナーズ(FX nano)がおすすめ!

最高水準のスワップポイント・スプレッド1.0銭・100通貨単位の取引可能の超ハイスペック!

外国為替証拠金取引のマネーパートナーズ

スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【マネーパートナーズ PFX / nano】

 

トルコリラはサヤ取り(アービトラージ)も視野に!

昨今下落が止まらないトルコリラ。

下落への対策として、サヤ取りという手段を検討してみては如何だろうか。

僕はトルコリラ運用の主軸をこちらにシフトしている、

通貨下落リスクなし!スワップポイントサヤ取り(アービトラージ)を徹底解説!

エルドアンの退陣を期待していた僕にとって、先日の大統領選は正直残念な結果であった。 これを機にトルコリラが反転してくれればと思っていたが、まだ受難が続きそうだ。 『即・急落』という訳ではないと思うが、 ...

続きを見る

 

関連コンテンツ

おすすめ記事

1

僕が今ゾッコンなトルコリラの『スワップポイント」について話をしたい。 寝てる間に毎月10万円弱をお財布に入れてくれる可愛い奴だ。 トルコリラとは何か 何故10万円貰えるのか どのようにしたら良いか と ...

2

8月に入ってトルコリラ積立と買い下がり運用を開始したのだが、バラバラと記事を書いてしまったので記事が散らばってしまった感がある。 過去に書いたものの整理の意味も含めて、トルコリラ円運用の手法についてま ...

3

エルドアンの退陣を期待していた僕にとって、先日の大統領選は正直残念な結果であった。 これを機にトルコリラが反転してくれればと思っていたが、まだ受難が続きそうだ。 『即・急落』という訳ではないと思うが、 ...

4

「元手が○○万円でトルコリラ始めたいんですけど、どうするのがいいですか?」 このブログのお問合せページや、TwitterのDMで時折頂く質問だ。 これに対して僕は、原資を分割して積み立てていくことをお ...

5

スワップポイント運用といえば、トルコリラが人気! でもトルコリラよりも前から高金利通貨として各社取り扱いのあった南アランド(南アフリカランド)や、最近くりっく365に上場して注目を集めるメキシコペソも ...

6

高いスワップポイントが魅力の、トルコリラ。 高金利通貨の中でも特に高い政策金利 & スワップポイントが人気のポイント。 せっかく運用するのならば、やはりスワップポイントの高いFX会社で運用をし ...

7

高いスワップポイントが魅力の、南アフリカランド。 トルコリラよりも落ち着いた値動きなのが魅力である。 せっかく運用するのならば、やはりスワップポイントの高いFX会社で運用をしたいところ。   ...

8

高いスワップポイントが魅力の、メキシコペソ。 南アフリカランドよりもちょっとスワップポイントが高く、トルコリラよりも値動きが落ち着いている割といい塩梅なのが人気のポイント。 せっかく運用するのならば、 ...

9

ここまで雑然と記事を並べてしまったので、これからトルコリラを初めようとしている貴方に『これだけは読んでおいて欲しい』このブログのおすすめ記事をまとめた。 トルコリラに限らず、南アランド・メキシコペソと ...

-トルコリラ-指標

Copyright© もう、社畜しない。 , 2018 All Rights Reserved.