運用記録

トルコリラスワポ生活、2016年を振り返る。

投稿日:2017年1月2日 更新日:

tryswap-matme2016-header

僕がトルコリラによるスワップ運用を始めたのが、2016年1月8日。

ほぼ1年間運用していた訳だが、毎月の振り返りとは別に一年間の運用実態をまとめて振り返ってみたい。

なお、毎月の振り返りは以下をご参照。

トルコリラ運用実態2016年1月~4月
トルコリラ運用実態2016年5月
トルコリラ運用実態2016年6月
トルコリラ運用実態2016年7月
トルコリラ運用実態2016年8月
トルコリラ運用実態2016年9月
トルコリラ運用実態2016年10月
トルコリラ運用実態2016年11月
トルコリラ運用実態2016年12月

トルコリラズロチのサヤ取りがアツい!

もう、社畜しない。タイアップ用

当ブログ限定でキャッシュバック+3,000円
僕がメイン口座をFXプライム byGMOにした理由

 

2016.1 あの頃は良かった

僕がトルコリラ運用を始めた2016年1月は、トルコリラがついに40円割れ!史上最安値!!なんて言われていた頃だった。

そしてスワップポイントも110円台と、今の1.5倍近い水準で付与されていたのである・・・。

当時僕は100万円で15万通貨×2回を建て、30万通貨(平均レート38.530)・証拠金200万円という状態で運用を開始したのだった。

この赤字箇所、あとでテストで出るので頭の片隅に入れておくように。

 

2016.4 円高対策に行き着く

2016年中盤はは米利上げ・日銀追加緩和のダブルするする詐欺に遭い、円高ムードむんむん。

4月頃になってようやく『トルコリラ円の下落にはトルコリラ安と円高の二通りがある』という至極当たり前のことに気付き、ここからトルコリラ円(TRY/JPY)ロングをドル円(USD/JPY)ショートでヘッジする(つまり疑似的なドルトルコリラ(USD/JPY)ポジション)スタイルに行き着く。

今でも非常に有効な方法だと思いつつも、これで欲張って失敗する場面も多々あった・・・。

ドル円ショートは上で掴んで下で売る、もしくは同値決済。半端に持ち直したりは考えずに一度だけと思うべし。

反省を踏まえ、一度まとめ直そうかと検討中。

 

ダウトオール首相辞任

トルコリラ一時35円台に!ダウトオール首相退任報道で

ゴールデンウィークをのんびり過ごすミセスワタナベを狙い撃ちするかのようなタイミングで、エルドアン大統領の側近だったダウトオール首相が辞任するとの報道があり、トルコリラは暴落。

2016年最初のハードパンチだったのではないだろうか。非常に印象的な出来事。

 

2016.6.24 まさかのBrexit

イギリスまさかのEU離脱!全面円高でドル円は一時100円割れ!

事前の世論調査では残留優位と報じられていた中、全世界の予想を覆してイギリスのEU離脱が決定。

圧倒的リスクオフムードになり、円高・トルコリラ安という最悪の状況に・・・。もっとも、トルコリラよりもポンド・ユーロに走った衝撃の方が遥かに大きかったのだが。

 

2016.7.16 まさかのクーデター

トルコでクーデーター、現在の概況。週明けのトルコリラは?

そして2ヶ月連続のハードパンチ。トルコにとっては2016年最強に強烈な一撃だった。(現地時間は2016年7月15日)

元々テロ等頻発はしており治安面での不安はあったのだが、これを引き金に政治不安にまで広がりながらトルコ不信が拡大。そして各社による格下げ、各種指標の下落に続いていく・・・。

 

2016.3-9 翌日物貸出金利の引き下げ

2016年3月から9月まで、実に7ヶ月連続でトルコの翌日物貸出金利(上限金利)が引き下げられた。

これにより、各社のスワップポイントは軒並み低下。1月頃110円前後だったスワップポイントも70円前後に。

資金に対する収益率において、トルコリラと南アランドの差がかなり小さくなった。

改めて、トルコリラと南アランドを比較する。

 

2016.11.9 まさかの米大統領選トランプ氏勝利

まさかのトランプショック!トルコリラ一時30円台!

クリントン氏勝利が確実視されていた米大統領選だが、トランプ氏が圧勝するという予想外の結果に終わった。

これを受けてトランプショック、そしてトランプラリーとドル円は乱高下し、僕のドル円ショートは焼き殺されドルトルコリラ(USD/TRY)も大幅なトルコリラ安となっていった。

 

2016.11.24 トルコ政策金利引き上げ

2016年11月のトルコ政策金利はまさかの利上げ!スワポ増加来る?

トランプラリーによる米長期金利の上昇・トルコリラ安への通貨防衛策としてか、市場の予想を裏切ってトルコの政策金利(1週間物レポ金利及び翌日物貸出金利)引き上げられた。

しかし、トルコリラ上昇の効果はあまりなく、スワップポイント上昇にも繋がらなかった・・・。

 

1年間の通貨の動き(日足)

ドル円(USD/JPY)

usdjpy-20170102-day

 

ドルトルコリラ(USD/TRY)

usdtry-2016day-event-1

トルコリラ円

tryjpy-2016day-event-1

 

それぞれの値動きへの影響を加味し、『Brexit』『クーデター』『米大統領選』2016年三大ショックとしたい。

(主要イベントをチャート上に追記。)

 

結果、2016年末の口座状況

2016年12月の振り返りにもある通り。

トルコリラ円ロング 30万通貨(-496,200円)(平均34.750円)
ドル円ショート ポジションなし
証拠金預託額 1,599,754円
有効証拠金額 1,103,554円
評価損益 -496,200円

今年の入金額が200万円+50万円+15万円。計265万円なので、含み損を計上すると1,546,446円の損失!!!(確定で1,050,246円の損失。)

しかし、この多くはドル円で下手こいた損失なのである・・・。

 

みんな大好き、たられば話

1月に買ったトルコリラをそのまま持ち続けていたら、どうだっただろうか?冒頭を振り返ると・・・

30万通貨(平均レート38.530)・証拠金200万円という状態で運用を開始

インヴァスト証券の12月末のトルコリラ円終値が33.084円なので、含み損が1,633,800円。

期間損益報告書によると2016年のスワップポイントが982,354円なのだが、これにはドル円ショートのマイナススワップ(マイナス要因)・45万通貨保有していた時期(プラス要因)・ノーポジだった時期(マイナス要因)も含まれている。

凄く雑に、三つの変動要因が±0だったと仮定すると、差引651,446円の損失。うん、下手に動かない方がいいという典型的な例である。

とはいえ、マイナスはマイナス。これが2017年に反転してくれるか?そこが全ての問題だ。

トルコリラ円日足は雲を抜けているので、このまま上昇ムードになってくれることを祈る!

 

スワップ運用おすすめFX会社!

トルコリラなら:サクソバンク証券

トルコリラなら、スワップポイント爆増中のサクソバンク証券がおすすめ!

  • スワップポイント123.64円(1月平均実績)
  • スプレッド2.9銭(1月平均)
  • 月曜午前3時から取引可能

軒並みハイスペックで、とりあえず抑えておいて間違いないFX会社。

更に、当ブログ限定で口座開設&新規5万通貨以上の取引でキャッシュバック+3,000円!

サクソバンク証券

スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【サクソバンク証券】

 

南アフリカランドなら:FXプライム byGMO!

南アフリカランドは、スワップポイント最高峰のFXプライム byGMOがおすすめ!

  • スワップポイント15.07円(1月平均実績)
  • スプレッド1.0銭

毎月1,2位を争うスワップポイントをキープしており、安定感が強い。

もう、社畜しない。タイアップ用

今、この記事のバナー・リンクから口座開設して翌月末までに新規3万通貨以上の取引をすると限定でキャッシュバックが最大+3,000円になるキャンペーン中!

 

詳細スペック:スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【FXプライム byGMO 選べる外貨】

口座開設はこちら:FXプライムbyGMO

 

メキシコペソなら:セントラル短資FX!

メキシコペソなら、セントラル短資FXがおすすめ!

  • メキシコペソ円スワップポイント平均15.00円/1万通貨!
  • スプレッド0.5銭!

2018年11月からメキシコペソ円の取り扱いを開始し、最高水準のスワップポイント & 最狭スプレッドを提供し続けている!

FXダイレクトプラス

スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【セントラル短資FX】

 

トルコリラはサヤ取り(アービトラージ)も視野に!

トルコショックもあり、昨今下落が止まらないトルコリラ。

下落への対策として、サヤ取りという手段を検討してみては如何だろうか。

僕はトルコリラ運用の主軸をこちらにシフトしている、

通貨下落リスクなし!スワップポイントサヤ取り(アービトラージ)を徹底解説!

2018年8月の急落から徐々に回復しつつあるトルコリラだが、『やはり下落は心配なので全力で買うのは怖い・・・』なんて方も多いのではないだろうか。 スワップポイントは確かに魅力だが、それ以上に通貨価値が ...

続きを見る

 


おすすめ記事

1

僕が今ゾッコンなトルコリラの『スワップポイント』について話をしたい。 寝てる間に毎月10万円弱をお財布に入れてくれる可愛い奴だ。   この記事では、そんなトルコリラについて・・・ トルコリラ ...

2

  バイアンドホールド、積立、サヤ取り、リピート・・・ 一言にスワップ運用と言っても色々な手法があるが、具体的にはどんな特徴があって、何を基準に選んだら良いのか。 この記事では、これからスワ ...

3

2018年8月の急落から徐々に回復しつつあるトルコリラだが、『やはり下落は心配なので全力で買うのは怖い・・・』なんて方も多いのではないだろうか。 スワップポイントは確かに魅力だが、それ以上に通貨価値が ...

4

ポーランドズロチという通貨をご存知だろうか。 その名の通りポーランドで流通している通貨で、雑に言うと以下のような特徴がある。 ユーロと非常に良く似た値動き 買いスワップポイントはやや高め ということは ...

5

スワップポイント運用といえば、トルコリラが人気! でもトルコリラよりも前から高金利通貨として各社取り扱いのあった南アランド(南アフリカランド)や、最近くりっく365に上場して注目を集めるメキシコペソも ...

6

高いスワップポイントが魅力の、トルコリラ。 高金利通貨の中でも特に高い政策金利 & スワップポイントが人気のポイント。 せっかく運用するのならば、やはりスワップポイントの高いFX会社で運用をし ...

7

高いスワップポイントが魅力の、南アフリカランド。 トルコリラよりも落ち着いた値動きなのが魅力である。 せっかく運用するのならば、やはりスワップポイントの高いFX会社で運用をしたいところ。   ...

8

高いスワップポイントが魅力の、メキシコペソ。 南アフリカランドよりもちょっとスワップポイントが高く、トルコリラよりも値動きが落ち着いている割といい塩梅なのが人気のポイント。 せっかく運用するのならば、 ...

9

ここまで雑然と記事を並べてしまったので、これからトルコリラを初めようとしている貴方に『これだけは読んでおいて欲しい』このブログのおすすめ記事をまとめた。 トルコリラに限らず、南アランド・メキシコペソと ...

-運用記録

Copyright© もう、社畜しない。 , 2019 All Rights Reserved.