運用記録

トルコリラスワポ生活、2017年8月を振り返る。

投稿日:2017年9月1日 更新日:

毎月恒例、トルコリラスワップ運用、その実態2017年8月版。

もとい、トルコリラ2017年8月まとめ。

トルコリラズロチのサヤ取りがアツい!

もう、社畜しない。タイアップ用

当ブログ限定でキャッシュバック+3,000円
僕がメイン口座をFXプライム byGMOにした理由

 

月初のポジション

トルコリラ円ロング 10万通貨(29.500円)
ドル円ショート なし
時価評価総額 1,094,850円
(評価損益) +182,800円

 

使用口座はFXプライム byGMO

スワップ競争激化の感はあるものの、日々の上下に一喜一憂するのではなく今までの信頼感があるFXプライム byGMOで継続運用中。

8月は固定スワップの恩恵もあり、安定した日々であった。

【最新スワップポイントはこちら】トルコリラ円最新スワップポイントランキング!【毎週更新】

もう、社畜しない。タイアップ用


僕がトルコリラ口座をFXプライム byGMOに変更した5つの理由。

 

観光客爆増!

2017年7月の製造業PMI指数と6月観光客数と。観光客爆増!

本来だったら7月末に発表予定だった6月の観光客数。何と対前年比+43.0%という驚異の数字。

・・・なのだが、トルコリラはさして上昇せず。

 

インフレはパッとせず

2017年7月のトルコ消費者物価指数&生産者物価指数。生産者が大幅に悪化・・・!

6月インフレ率(7月発表)は前月比改善と非常に好感される結果だったのだが、7月はパッとしない結果に・・・

やはりトルコの最も頭が痛い課題なので、注視したい。

 

北朝鮮色々

グアム攻撃計画は本気?北の緊張高まる中、トルコリラは31円の攻防続く。

2017年7月のトルコ貿易収支と8月経済信頼感。ミサイル上空通過もトルコリラ強い?

また太平洋に撃つみたいなこと言ってるらしいが、あの国って言ったらやらないよね。まあ、油断はできないけど。

 

米のぐだぐだ

2017年7月FOMC議事録、次回バランスシート縮小着手示唆・利上げ観測後退でドル下落。

トランプリスク再燃?再々燃?色々と円高でトルコリラ再び30円台。

デフォルトなど話が進むのが来週からだろう。まあ、あり得ない話だと思いたいが・・・

 

ジャクソンホール

2017年ジャクソンホールはイエレン議長・ドラギ総裁共に金融政策言及なし。トルコリラ爆上げ!

ここを機に、トルコリラは急上昇の構え。

このままの勢いでサクっと32円突破して欲しい。

 

色々始めたよ

GMOクリック証券でトルコリラ円買い下がり運用開始!

ドルコスト平均法によるトルコリラ&南アランド積立開始!

8月から、買い下がり運用積立を開始。

この上昇ムード、好ましいことなのだが買い下がり運用で買い増す機会が無いというのはちょっと寂しい。

 

8月のトルコリラの値動き

ドルトルコリラ(USD/TRY)4時間足

ドルトルコリラ4時間足

やはり大きな節目は8月21日週。

そこまでは3.50-3.55間で方向感の無い動きが続いていたのだが、週明けに3.50を割り込み、週末にジャクソンホールを通過して3.45を割り込んだ。

これでトルコリラ上昇ムードが出たと言っていいだろう。

 

トルコリラ円(TRY/JPY)4時間足

トルコリラ円4時間足

8月11日を底に、綺麗な上昇を描いている。

下落といえばFOMC議事録を受けての円高ミサイル日本上空通過くらいなもので、非常に順調な上昇である。

31.5円あたりまで落ちなければこの上昇ムード維持と見て良いのではないだろうか。

とりあえずサクっと32円突破を。

 

参考:ドル円(USD/JPY)4時間足

ドル円4時間足

こちらは色々あった気もするが・・・終わってみれば概ね109円-111円のレンジである。

9月もバランスシート縮小やらデフォルトやら色々動く要素があるので、どっちに転ぶか・・・

 

結果、8月末のポジション

トルコリラ円ロング 10万通貨(29.500円)
ドル円ショート なし
時価評価総額 1,188,430円
(評価損益) +235,300円(前月比+52,500円)
(当月スワップポイント +38,080円)

トルコリラ堅調を受けて非常に良い感じである。

更に、112円固定の力でスワップが大きい!

 

スワップ運用おすすめFX会社!

トルコリラなら:サクソバンク証券

トルコリラなら、スワップポイント爆増中のサクソバンク証券がおすすめ!

  • スワップポイント123.64円(1月平均実績)
  • スプレッド2.9銭(1月平均)
  • 月曜午前3時から取引可能

軒並みハイスペックで、とりあえず抑えておいて間違いないFX会社。

更に、当ブログ限定で口座開設&新規5万通貨以上の取引でキャッシュバック+3,000円!

サクソバンク証券

スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【サクソバンク証券】

 

南アフリカランドなら:FXプライム byGMO!

南アフリカランドは、スワップポイント最高峰のFXプライム byGMOがおすすめ!

  • スワップポイント15.07円(1月平均実績)
  • スプレッド1.0銭

毎月1,2位を争うスワップポイントをキープしており、安定感が強い。

もう、社畜しない。タイアップ用

今、この記事のバナー・リンクから口座開設して翌月末までに新規3万通貨以上の取引をすると限定でキャッシュバックが最大+3,000円になるキャンペーン中!

 

詳細スペック:スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【FXプライム byGMO 選べる外貨】

口座開設はこちら:FXプライムbyGMO

 

メキシコペソなら:セントラル短資FX!

メキシコペソなら、セントラル短資FXがおすすめ!

  • メキシコペソ円スワップポイント平均15.00円/1万通貨!
  • スプレッド0.5銭!

2018年11月からメキシコペソ円の取り扱いを開始し、最高水準のスワップポイント & 最狭スプレッドを提供し続けている!

FXダイレクトプラス

スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【セントラル短資FX】

 

トルコリラはサヤ取り(アービトラージ)も視野に!

トルコショックもあり、昨今下落が止まらないトルコリラ。

下落への対策として、サヤ取りという手段を検討してみては如何だろうか。

僕はトルコリラ運用の主軸をこちらにシフトしている、

通貨下落リスクなし!スワップポイントサヤ取り(アービトラージ)を徹底解説!

2018年8月の急落から徐々に回復しつつあるトルコリラだが、『やはり下落は心配なので全力で買うのは怖い・・・』なんて方も多いのではないだろうか。 スワップポイントは確かに魅力だが、それ以上に通貨価値が ...

続きを見る

 


おすすめ記事

1

僕が今ゾッコンなトルコリラの『スワップポイント』について話をしたい。 寝てる間に毎月10万円弱をお財布に入れてくれる可愛い奴だ。   この記事では、そんなトルコリラについて・・・ トルコリラ ...

2

  バイアンドホールド、積立、サヤ取り、リピート・・・ 一言にスワップ運用と言っても色々な手法があるが、具体的にはどんな特徴があって、何を基準に選んだら良いのか。 この記事では、これからスワ ...

3

2018年8月の急落から徐々に回復しつつあるトルコリラだが、『やはり下落は心配なので全力で買うのは怖い・・・』なんて方も多いのではないだろうか。 スワップポイントは確かに魅力だが、それ以上に通貨価値が ...

4

ポーランドズロチという通貨をご存知だろうか。 その名の通りポーランドで流通している通貨で、雑に言うと以下のような特徴がある。 ユーロと非常に良く似た値動き 買いスワップポイントはやや高め ということは ...

5

スワップポイント運用といえば、トルコリラが人気! でもトルコリラよりも前から高金利通貨として各社取り扱いのあった南アランド(南アフリカランド)や、最近くりっく365に上場して注目を集めるメキシコペソも ...

6

高いスワップポイントが魅力の、トルコリラ。 高金利通貨の中でも特に高い政策金利 & スワップポイントが人気のポイント。 せっかく運用するのならば、やはりスワップポイントの高いFX会社で運用をし ...

7

高いスワップポイントが魅力の、南アフリカランド。 トルコリラよりも落ち着いた値動きなのが魅力である。 せっかく運用するのならば、やはりスワップポイントの高いFX会社で運用をしたいところ。   ...

8

高いスワップポイントが魅力の、メキシコペソ。 南アフリカランドよりもちょっとスワップポイントが高く、トルコリラよりも値動きが落ち着いている割といい塩梅なのが人気のポイント。 せっかく運用するのならば、 ...

9

ここまで雑然と記事を並べてしまったので、これからトルコリラを初めようとしている貴方に『これだけは読んでおいて欲しい』このブログのおすすめ記事をまとめた。 トルコリラに限らず、南アランド・メキシコペソと ...

-運用記録

Copyright© もう、社畜しない。 , 2019 All Rights Reserved.