運用記録

トルコリラスワポ生活、2017年12月を振り返る。

投稿日:2017年12月30日 更新日:

毎月恒例、トルコリラスワップ運用、その実態2017年12月版。

今月を一言にまとめると・・・「先月末の対策が効いてじわじわ上昇ムード!」

さて、そんな中の出来事を見て行こう。

トルコリラズロチのサヤ取りがアツい!

もう、社畜しない。タイアップ用

当ブログ限定でキャッシュバック+3,000円
僕がメイン口座をFXプライム byGMOにした理由

 

月初のポジション

トルコリラ円ロング 10万通貨(29.500円)
ドル円ショート なし
時価評価総額 997,570円
(評価損益) -100,200円

 

使用口座はFXプライム byGMO

スワップポイントの高低は若干順位の構図が変わりながらも、一概にどこが強い!とは言えない状況。

約定力等々の優位性もあるので引き続きFXプライム byGMOを使っていく予定。

最新スワップポイントはこちら:トルコリラ円最新スワップポイントランキング!【毎週更新】

もう、社畜しない。タイアップ用


僕がトルコリラ口座をFXプライム byGMOに変更した5つの理由。

スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【FXプライム byGMO 選べる外貨】

 

おさらい:先月の出来事

今月の様子を語る上では、先月末の出来事を押さえておこう。

11月20日:外貨比率引き下げの銀事実上の介入発表
11月21日:金利誘導による事実上の緊急利上げ
11月30日:市場介入を明言

先月下旬に中銀がいくつか介入を行い、急騰を招く程のインパクトはないながらもその効果がじわじわと現れてきている

 

インフレは相々々変わらずイマイチ

2017年11月のトルコインフレ率、相変わらず悪いがトルコリラは強気。29円回復を目指す!

トルコ中銀は年末インフレ見通しを9.8%に修正したのだが、11月インフレ率(前年比)は12.98%

運命の12月インフレ率は年明け早々、1月3日16:00に発表予定。華麗に前回比マイナス3ポイントと・・・・無理か。

 

雇用統計の頃からトルコリラ回復

2017年10月のトルコ工業生産・小売売上と11月雇用統計!トルコリラは29.5円を突破!

雇用統計や指標で・・・というよりは、冒頭に申し上げた中銀の各種介入が効いてきたといった印象である。

 

トルコついに利上げ!

トルコ0.5ポイントの利上げ!期待に届かずトルコリラ一時29円割れ!【2017年12月トルコ政策金利】

一般に政策金利と呼ばれる一週間物レポ金利は据え置きだったが、事実上の市場金利となる後期流動性貸出金利を0.5ポイント引き上げ

4月以来、8ヶ月ぶりの利上げである。

しかしながら、11月末からの下落ムード・介入宣言などを受けて市場の期待は1.0ポイント以上の利上げであったことから、トルコリラは一時売り込まれる展開。

 

その後はじわ上げ

トルコ、12月政策金利での下落を全戻し。30円再び見えてきた?【12月消費者信頼感】

薄商いの中、密かにドルトルコリラ一時3.8割れ。【2017年12月トルコ設備稼働率・景況感】

政策金利の初動こそトルコリラ売りだったが、やはり利上げの効果自体は見込めるだろうという観測や、レザ・ザラブ問題などの懸念事項の熱が冷めてきたことからじわじわと回復。

年末の薄商いで大きく動くエネルギーはないが、30円回復を目指せそうな気配である。

 

ビザ発給完全再開

米トルコビザ発給完全再開!だが30円回復はお預け?【トルコ12月経済楽観指数・11月貿易収支、観光客数】

10月からの下落の引き金となったビザ問題。何とか年内に発給再開というところで、一先ず解決の糸口が見えた。

しかし役所とは言えアメリカがクリスマス後のこの時期に動きを見せるのは、やはりアメリカ的にも年を越したくないという判断があったのだろうか。

だとすれば、それは両国の関係的にプラスと受け止めても良さそうだ。

今月は中銀の介入がじわじわ効いてきたように、年明けはこの辺りがじわじわ効いて、まずは30円回復。だね。

 

嫌な祝砲にはご注意を

さて、最近は市場にもかまって貰えなくなった某国の総書記

12月30日説はスルーされ、年明け早々にもまたミサイル発射の兆候なんて報道が出ているので、薄いマーケットでの急変にだけはご注意されたし。

 

12月のトルコリラ値動き

ドルトルコリラ(USD/TRY)4時間足

ドルトルコリラ4時間足

政策金利で一度反発をしながらも綺麗な下落を見せ、無事に3.80を割り込んだ。

文句なしだね、来月もこんな感じで是非・・・

 

トルコリラ円(TRY/JPY)4時間足

トルコリラ円4時間足

円相場の影響は薄く、概ねドルトルコリラを反転させたような形で綺麗に上昇。

強いて言えば月末に節目30円を抜けられなったのが残念。

 

参考:ドル円(USD/JPY)4時間足

ドル円4時間足

こちらは112円-113.5円の非常に狭い動きだった。

 

結果、11月末のポジション

トルコリラ円ロング 10万通貨(29.500円)
ドル円ショート なし
時価評価総額 1,138,020円
(評価損益) +14,700円(前月比+114,900円)
(当月スワップポイント +25,550円)

スワップポイント抜きの評価損益も無事にプラ転

是非このまま30円突破して順調に安定軌道に入ってほしい。

 

スワップ運用おすすめFX会社!

トルコリラなら:サクソバンク証券

トルコリラなら、スワップポイント爆増中のサクソバンク証券がおすすめ!

  • スワップポイント99.90円
  • スプレッド3.4銭
  • 月曜午前3時から取引可能

軒並みハイスペックで、とりあえず抑えておいて間違いないFX会社。

サクソバンク証券

スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【サクソバンク証券】

 

南アフリカランドなら:FXプライム byGMO!

南アフリカランドは、スワップポイント最高峰のFXプライム byGMOがおすすめ!

  • スワップポイント15.00円
  • スプレッド1.0銭

毎月1,2位を争うスワップポイントをキープしており、安定感が強い。

もう、社畜しない。タイアップ用

今、この記事のバナー・リンクから口座開設して翌月末までに新規3万通貨以上の取引をすると限定でキャッシュバックが最大+3,000円になるキャンペーン中!

 

詳細スペック:スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【FXプライム byGMO 選べる外貨】

口座開設はこちら:FXプライムbyGMO

 

メキシコペソなら:セントラル短資FX!

メキシコペソなら、セントラル短資FXがおすすめ!

  • スワップポイント平均15.03円
  • スプレッド0.4銭

2018年11月からメキシコペソ円の取り扱いを開始し、最高水準のスワップポイント & 最狭スプレッドを提供し続けている!

FXダイレクトプラス

スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【セントラル短資FX】

 

サヤ取り(アービトラージ)も視野に!

トルコリラを筆頭に、通貨の下落がネックなのがスワップ運用の悩み。

下落への対策として、サヤ取りという手段を検討してみては如何だろうか。

僕は運用の主軸をこちらにシフトしている、

通貨下落リスクなし!スワップポイントサヤ取り(アービトラージ)を徹底解説!

2018年8月の急落から徐々に回復しつつあるトルコリラだが、『やはり下落は心配なので全力で買うのは怖い・・・』なんて方も多いのではないだろうか。 スワップポイントは確かに魅力だが、それ以上に通貨価値が ...

続きを見る

 


人気記事

1

僕が今ゾッコンなトルコリラの『スワップポイント』について話をしたい。 寝てる間に毎月10万円弱をお財布に入れてくれる可愛い奴だ。   この記事では、そんなトルコリラについて・・・ トルコリラ ...

2

バイアンドホールド、積立、サヤ取り、リピート・・・ 一言にスワップ運用と言っても色々な手法があるが、具体的にはどんな特徴があって、何を基準に選んだら良いのか。 この記事では、これからスワップ運用を始め ...

3

2018年8月の急落から徐々に回復しつつあるトルコリラだが、『やはり下落は心配なので全力で買うのは怖い・・・』なんて方も多いのではないだろうか。 スワップポイントは確かに魅力だが、それ以上に通貨価値が ...

4

ポーランドズロチという通貨をご存知だろうか。 その名の通りポーランドで流通している通貨で、雑に言うと以下のような特徴がある。 ユーロと非常に良く似た値動き 買いスワップポイントはやや高め ということは ...

5

スワップポイント運用といえば、トルコリラが人気! でもトルコリラよりも前から高金利通貨として各社取り扱いのあった南アランド(南アフリカランド)や、最近くりっく365に上場して注目を集めるメキシコペソも ...

6

  >ランキングまでジャンプ<   高いスワップポイントが魅力の、トルコリラ。 高金利通貨の中でも特に高い政策金利 & スワップポイントが人気の通貨である。 せっかく運用す ...

7

  >ランキングまでジャンプ<   高いスワップポイントが魅力の、南アフリカランド。 トルコリラよりも落ち着いた値動きなのが魅力である。 そんな南アフリカランド、せっかく運用するな ...

8

  >ランキングまでジャンプ<   高いスワップポイントが魅力の、メキシコペソ。 南アフリカランドよりもちょっとスワップポイントが高く、トルコリラよりも値動きが落ち着いている割とい ...

9

ここまで雑然と記事を並べてしまったので、これからトルコリラを初めようとしている貴方に『これだけは読んでおいて欲しい』このブログのおすすめ記事をまとめた。 トルコリラに限らず、南アランド・メキシコペソと ...

-運用記録
-

Copyright© もう、社畜しない。 , 2019 All Rights Reserved.