運用記録

ドルコスト平均法によるトルコリラ&南アランド+メキシコペソ積立【2017年12月実績】

投稿日:2018年1月11日 更新日:

2017年8月より開始した、SBIFXトレードでのトルコリラ&南アランド積立。

12月の実績と、1月分買付について記録していきたい。11月から開始したメキシコペソ積立についても併せて書いていくよ!

※1月買付は金融機関事情で1月4日に。

トルコリラスワポ生活、2017年12月を振り返る。

毎月恒例、トルコリラスワップ運用、その実態2017年12月版。 今月を一言にまとめると・・・「先月末の対策が効いてじわじわ上昇ムード!」 さて、そんな中の出来事を見て行こう。 月初のポジション トルコ ...

トルコリラズロチのサヤ取りがアツい!

もう、社畜しない。タイアップ用

当ブログ限定でキャッシュバック+3,000円
僕がメイン口座をFXプライム byGMOにした理由

 

ドルコスト平均法による積立とは?

一定期間ごとに、コストベース(※)で買付をすることで安い月に多く・高い月に少なく買うことになり、結果として取得平均単価を引き下げる手法。

※例えば『毎月、10万円×レバレッジ3倍で買う』など。

 

僕の積立のルールは以下の通り。

毎月4万円入金(10月より2万円 → 4万円に増額)
レバレッジは3倍
トルコリラ円・南アランド円各2万円分新規建

つまり、取引数量は60,000 ÷ 各レートで計算する。トルコリラ=30円なら、2,000通貨ということになる。

 

トルコリラに手を出したいけど、上下の動きが不安で、最初から全力投球はちょっと・・・という方は積立がおすすめだよ!

なお、メキシコペソは1通貨単位で買えるFX会社がない為、マネーパートナーズで運用しているよ。

 

 

一ヶ月の値動き振り返り

トルコリラ円(TRY/JPY)4時間足

トルコリラ円4時間足

詳細は12月の振り返り記事など参照して頂ければと思うが、11月末の中銀による介入が功を奏し概ね堅調な動きである。

 

南アフリカランド(ZAR/JPY)4時間足

南アフリカランド円4時間足

ビッグイベントとしては、南アフリカの与党であるANCの議長選現副大統領であるラポマーザ氏が勝利したことを受け、好感する動きから買いが集まった。

このままズマ大統領が人気満了を迎えれば、2019年5月に同氏が大統領となる見込み。

 

メキシコペソ円(MXN/JPY)4時間足

メキシコペソは12月15日に政策金利を7.00% → 7.25%に0.25ポイントの利上げ

また、官僚の汚職疑惑などもありじわじわと下落する展開に。

 

 

トルコリラ&南アランド

12月末日時点

評価損益:+19,824円(前月比+33,165円)
累計スワップポイント:8,676円(前月比+3,288円)

南アランドの評価益が大幅に上昇。

トルコリラは未だマイナス圏であるものの、スワップポイントを含めたトータルではプラ転

この記事執筆時点(1月11日)では再びマイ転しているものの、スワップポイントの積み上げって偉大だなと改めて思うところ。

 

1月4日 入金&買付後

今月もトルコリラ & 南アランド各2万円 × レバレッジ3倍で買付。

ようやく積立額が20万円に到達した。

 

メキシコペソ

12月末日時点

評価損益:-4,910円(前月比-5,860円)
累計スワップポイント:955円(前月比+644円)

トルコリラ & 南アランドとは一点、こちらはマイナスに。

全体では大きくプラスだし、まずはよしとしよう。

 

1月4日 入金&買付後

 

ポジション詳細

今回買付分は

トルコリラ円:2,019通貨 @29.7712
南アランド円:6,596通貨 @9.1069
メキシコペソ円:1万通貨 @5.811

結果として、保有ポジションは

トルコリラ円:7,922通貨 @30.3257 → 9,941通貨 @30.2131
南アランド円:29,135通貨 @8.2411 → 35,731通貨 @8.4009
メキシコペソ円:2万通貨 @5.971 → 3万通貨 @5.918

南アランドが1ヶ月で1円程上昇したことを受け、平均取得単価が上昇。

一方トルコリラ・メキシコペソは引き下げており、分散していると大荒れが減るのを感じさせられる。

 

積立するならSBI FXトレード!

1通貨単位取引&高スワップの条件を満たす、積立におすすめFX会社はやはりSBIFXトレード

実際にやってみて、試算してみて、積立は長期的な資産形成において非常に優れた手法だと再認識しているところ。

まとまった資金がない、始め時に悩む・・・そんな時はまず積立から始めてみては?

SBIFXトレード

 

僕がスワップ運用において積立を勧める最大の理由

スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【SBI FXトレード】

 


人気記事

1

僕が今ゾッコンなトルコリラの『スワップポイント』について話をしたい。 寝てる間に毎月10万円弱をお財布に入れてくれる可愛い奴だ。   この記事では、そんなトルコリラについて・・・ トルコリラ ...

2

バイアンドホールド、積立、サヤ取り、リピート・・・ 一言にスワップ運用と言っても色々な手法があるが、具体的にはどんな特徴があって、何を基準に選んだら良いのか。 この記事では、これからスワップ運用を始め ...

3

2018年8月の急落から徐々に回復しつつあるトルコリラだが、『やはり下落は心配なので全力で買うのは怖い・・・』なんて方も多いのではないだろうか。 スワップポイントは確かに魅力だが、それ以上に通貨価値が ...

4

ポーランドズロチという通貨をご存知だろうか。 その名の通りポーランドで流通している通貨で、雑に言うと以下のような特徴がある。 ユーロと非常に良く似た値動き 買いスワップポイントはやや高め ということは ...

5

スワップポイント運用といえば、トルコリラが人気! でもトルコリラよりも前から高金利通貨として各社取り扱いのあった南アランド(南アフリカランド)や、最近くりっく365に上場して注目を集めるメキシコペソも ...

6

高いスワップポイントが魅力の、トルコリラ。 高金利通貨の中でも特に高い政策金利 & スワップポイントが人気の通貨である。 せっかく運用するのならば、やはりスワップポイントの高いFX会社で運用を ...

7

高いスワップポイントが魅力の、南アフリカランド。 トルコリラよりも落ち着いた値動きなのが魅力である。 そんな南アフリカランド、せっかく運用するならやはりスワップポイントの高いFX会社で運用をしたいとこ ...

8

高いスワップポイントが魅力の、メキシコペソ。 南アフリカランドよりもちょっとスワップポイントが高く、トルコリラよりも値動きが落ち着いている割といいバランスなのが人気の通貨。 せっかく運用するのならば、 ...

9

ここまで雑然と記事を並べてしまったので、これからトルコリラを初めようとしている貴方に『これだけは読んでおいて欲しい』このブログのおすすめ記事をまとめた。 トルコリラに限らず、南アランド・メキシコペソと ...

-運用記録
-, , ,

Copyright© もう、社畜しない。 , 2019 All Rights Reserved.