ニュース・指標

ドル103円台、トルコリラ最安値更新!利上げも追加緩和も不発。

投稿日:2016年6月17日 更新日:

usd103-try35-500

6月16日未明のFOMC声明では案の定利上げを見送る内容だった。

FOMC全会一致で利上げ見送り決定、7月の利上げは除外せず -ロイター 2016年6月16日

米連邦準備制度理事会(FRB)は連邦公開市場委員会(FOMC)で市場の予想通り利上げを見送り同時に、金利や成長見通しを引き下げた。利上げ見送りが全会一致の決定となったことも前回会合に比べてハト派に傾斜した内容ととれる。前回4月会合ではジョージ米カンザスシティー地区連銀総裁が政策金利であるFF金利誘導目標を現行の0.25−0.50%のレンジから0.5−0.75%へのレンジ引き上げを支持した。

https://jp.reuters.com/article/idJP00093300_20160616_00120160615

内容自体は大方の予想通りだろう。

まだ年2回の利上げが無くなった訳ではないという表現をしているが、個人的にはドル安を食い止める為の虚勢のようにも思える。

とは言え、FOMC後はややドルが買われる展開。虚勢かもしれないが超絶ネガティブではないから安心したのか、その後の黒田総裁への期待か。

トルコリラズロチのサヤ取りがアツい!

もう、社畜しない。タイアップ用

当ブログ限定でキャッシュバック+3,000円
僕がメイン口座をFXプライム byGMOにした理由

 

そして日銀金融政策決定会合

日銀は「緩和カード」温存、東京でドル一時103円台に突入 -日本経済新聞電子版

日銀は16日開いた金融政策決定会合で追加金融緩和を見送った。23日に英国の欧州連合(EU)離脱の是非を巡る国民投票を控えており、結果次第で円高・株安に拍車がかかりかねない。もしもの場合に備え、残り少ない緩和カードの温存を決めたといえる。

https://www.nikkei.com/article/DGXLASDF16H02_W6A610C1000000/

追加緩和、なし。

usdjpy20160616

ドーン

103円台半ばまでまっしぐら。

追加緩和期待されて、結局無くてガク落ちのパターン。デジャヴを感じる。

今回は更に、Brexit不安感の反面どこかに思っていた「でも追加緩和あるんじゃ・・」という思いが吹き飛んだという形での円高にも思える。そう捉えると、これでBrexitまあまあ織り込んだんじゃね?そうでもない?

しかし黒田総裁は相変わらず「準備はある」というスタンスは変わらず。Brexitで更に円高に振れたらカードを切るのだろうか。ほんとにカードがあるのか、イエレン議長の虚勢とも重なる。

 

トルコリラも最安値更新

tryjpy20160616

円高に釣られる形でトルコリラも非常によく似た曲線を描いた

底は35.22円、5月4日の悪夢の最安値を更新した。とは言え今回はトルコリラ安ではなく円高なので、ドル円ショートでヘッジしていればダメージは防げる。

 

usdtry20160616

ドルトルコリラで見ると、ほぼ無風。

事実、僕の口座の評価額はほぼ横ばい。もうトルコリラするならドル円ショート必須だよ、必須。まじで。いっそユーロ円ショートという手もあるだろうけど、イギリスがEU残留した時が怖いからやらない。

 

追記

その後、更に円高が進み・・・

tryjpy20160617

更に最安値を更新、あわや35円割れに。

スプレッド拡大の影響か、一部FX会社では35.0のロスカットが刈られたとの声も。

 

最安値更新のこの機に

このタイミングでトルコリラ初めてみては如何だろうか。

僕のおすすめのインヴァスト証券は各社スワップポイントが下落する中、1万通貨あたり1日100円を維持している。

トライオート

 

ドル円ショートを入れてリスクヘッジも忘れずにね。

参考:トルコリラおすすめFX会社は?取引ルールとスワップポイントで比較!


おすすめ記事

1

僕が今ゾッコンなトルコリラの『スワップポイント』について話をしたい。 寝てる間に毎月10万円弱をお財布に入れてくれる可愛い奴だ。   この記事では、そんなトルコリラについて・・・ トルコリラ ...

2

  バイアンドホールド、積立、サヤ取り、リピート・・・ 一言にスワップ運用と言っても色々な手法があるが、具体的にはどんな特徴があって、何を基準に選んだら良いのか。 この記事では、これからスワ ...

3

2018年8月の急落から徐々に回復しつつあるトルコリラだが、『やはり下落は心配なので全力で買うのは怖い・・・』なんて方も多いのではないだろうか。 スワップポイントは確かに魅力だが、それ以上に通貨価値が ...

4

ポーランドズロチという通貨をご存知だろうか。 その名の通りポーランドで流通している通貨で、雑に言うと以下のような特徴がある。 ユーロと非常に良く似た値動き 買いスワップポイントはやや高め ということは ...

5

スワップポイント運用といえば、トルコリラが人気! でもトルコリラよりも前から高金利通貨として各社取り扱いのあった南アランド(南アフリカランド)や、最近くりっく365に上場して注目を集めるメキシコペソも ...

6

高いスワップポイントが魅力の、トルコリラ。 高金利通貨の中でも特に高い政策金利 & スワップポイントが人気のポイント。 せっかく運用するのならば、やはりスワップポイントの高いFX会社で運用をし ...

7

高いスワップポイントが魅力の、南アフリカランド。 トルコリラよりも落ち着いた値動きなのが魅力である。 せっかく運用するのならば、やはりスワップポイントの高いFX会社で運用をしたいところ。   ...

8

高いスワップポイントが魅力の、メキシコペソ。 南アフリカランドよりもちょっとスワップポイントが高く、トルコリラよりも値動きが落ち着いている割といい塩梅なのが人気のポイント。 せっかく運用するのならば、 ...

9

ここまで雑然と記事を並べてしまったので、これからトルコリラを初めようとしている貴方に『これだけは読んでおいて欲しい』このブログのおすすめ記事をまとめた。 トルコリラに限らず、南アランド・メキシコペソと ...

-ニュース・指標

Copyright© もう、社畜しない。 , 2019 All Rights Reserved.