ニュース・指標

米テロとBrexitと日本国債と。結果トルコリラは穏やかな風向き。

投稿日:2016年6月13日 更新日:

usterro-brexit-jgb-500

週明けは凄惨なニュースから始まった。

米フロリダ州の乱射で50人死亡、容疑者は警備最大手に勤務 -ロイター 2016年6月13日

米フロリダ州オーランドの、同性愛者が集まるナイトクラブで12日未明、男が銃を乱射し、少なくとも50人が死亡、53人が負傷する米国史上最悪の乱射事件が起きた。

過激派組織「イスラム国」(IS)は12日に犯行声明を出したが、米当局は事件とISを直接結びつける証拠は確認できていないとしている。

https://jp.reuters.com/article/florida-shooting-islamic-state-idJPKCN0YY10T

イギリスのEU離脱問題で神経質な市場は、これを受けて円高ムードからのスタートとなった。

20160613-1

トルコリラズロチのサヤ取りがアツい!

もう、社畜しない。タイアップ用

当ブログ限定でキャッシュバック+3,000円
僕がメイン口座をFXプライム byGMOにした理由

 

円高か、ドル安か。

この状況下でのこの値動き。ドル円だけ見るとBrexit(英EU離脱)懸念での円買いとも受け取れる。

しかしながら、ユロドルの動きを見るにドル売られの方が優勢に見える。

20160613-2

明け方はユロ売りの方が強いものの、9時頃からドル売り気配。

 

1ドル=105円台はGW以来の水準

上記一枚目の画像でも分かるように、ドル円は昼過ぎに一時105円台に突入した。

これは日本市場お休みの間に仕掛けられた感のある、GW以来の水準。そして、ここを割り込むと2014年10月以来、20ヶ月ぶりの領域にこんにちは。

20160613-3

ここを割り込んで、かつ『英EU離脱』『追加緩和無し』『米利上げ無し』と三拍子揃ったら100円割れもあり得る水準かもねえ。

 

で、そのBrexitはと言うと

英EU残留確率、64%に一段と低下=ベットフェア賭けオッズ -ロイター 2016年6月13日

英ブックメーカー(賭け業者)ベットフェアの予想オッズで、今月の国民投票で英国の欧州連合(EU)残留が支持される確率が一段と低下し、直近では64%だった。先週からおよそ14%ポイント低下した。

先週9日には、予想オッズが示す残留確率は78%となっていた。

https://jp.reuters.com/article/britain-eu-odds-probability-idJPKCN0YZ0XM

先日の記事で紹介したニュースと違い、こちらはブックメーカーのオッズ。

まだ2/3は残留派』と見るか『残留派の20%が意見を変えた』と見るかによって意味合いが異なるニュース。

 

ドルとかバタバタしている横で

20160613-4

ドルトルコリラは先週末売られた分を緩やかに戻す、穏やかな風向き。平和だ

なお、トルコリラ円は円高の影響で一時36円を割り込んだ模様。やはりドル円ショートでのヘッジは偉大。

 

最後に日本国債

日本国債の格付け見通し「弱含み」に下げ フィッチ -日経電子版 2016年6月13日

大手格付け会社のフィッチ・レーティングスは13日、日本国債の格付け見通しを「安定的」から「弱含み」に引き下げたと発表した。消費税率10%への引き上げ再延期などを受けて「財政再建に対する(日本)当局のコミットメントへの信頼が低下した」ことを理由にあげた。格付け自体はいまと同じ「A」に据え置いた。

安倍晋三首相が今月上旬に消費税率10%への引き上げの見送りを表明して以降、欧米の主要格付け会社が見通しを引き下げるのは初めて。弱含みへの変更は1~2年後に格下げする可能性があることを示す。

格付けは変更無いものの、見通しは弱含み。S&Pは『直ちに影響することはない』みたいな事を表明していたけど、裏返せばこの見通し引き下げも含めて『中長期的に打開策示さなきゃ格下げだよ』ということか。

この報道の辺りからドルの下落ペースは緩和。乱高下する程のインパクトはなかった、つまり消費増税延期の時点でこのくらいは織り込み済みであったということか。

 

とか書いていたら

20160613-5

6月13日22:30過ぎ、謎のドル円ライジング。

今のところ原因不明。何だろう。誤発注とかだったりして。

 

スワップ運用おすすめFX会社!

トルコリラなら:サクソバンク証券

トルコリラなら、スワップポイント爆増中のサクソバンク証券がおすすめ!

  • スワップポイント123.64円(1月平均実績)
  • スプレッド2.9銭(1月平均)
  • 月曜午前3時から取引可能

軒並みハイスペックで、とりあえず抑えておいて間違いないFX会社。

更に、当ブログ限定で口座開設&新規5万通貨以上の取引でキャッシュバック+3,000円!

サクソバンク証券

スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【サクソバンク証券】

 

南アフリカランドなら:FXプライム byGMO!

南アフリカランドは、スワップポイント最高峰のFXプライム byGMOがおすすめ!

  • スワップポイント15.07円(1月平均実績)
  • スプレッド1.0銭

毎月1,2位を争うスワップポイントをキープしており、安定感が強い。

もう、社畜しない。タイアップ用

今、この記事のバナー・リンクから口座開設して翌月末までに新規3万通貨以上の取引をすると限定でキャッシュバックが最大+3,000円になるキャンペーン中!

 

詳細スペック:スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【FXプライム byGMO 選べる外貨】

口座開設はこちら:FXプライムbyGMO

 

メキシコペソなら:セントラル短資FX!

メキシコペソなら、セントラル短資FXがおすすめ!

  • メキシコペソ円スワップポイント平均15.00円/1万通貨!
  • スプレッド0.5銭!

2018年11月からメキシコペソ円の取り扱いを開始し、最高水準のスワップポイント & 最狭スプレッドを提供し続けている!

FXダイレクトプラス

スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【セントラル短資FX】

 

トルコリラはサヤ取り(アービトラージ)も視野に!

トルコショックもあり、昨今下落が止まらないトルコリラ。

下落への対策として、サヤ取りという手段を検討してみては如何だろうか。

僕はトルコリラ運用の主軸をこちらにシフトしている、

通貨下落リスクなし!スワップポイントサヤ取り(アービトラージ)を徹底解説!

2018年8月の急落から徐々に回復しつつあるトルコリラだが、『やはり下落は心配なので全力で買うのは怖い・・・』なんて方も多いのではないだろうか。 スワップポイントは確かに魅力だが、それ以上に通貨価値が ...

続きを見る

 


おすすめ記事

1

僕が今ゾッコンなトルコリラの『スワップポイント』について話をしたい。 寝てる間に毎月10万円弱をお財布に入れてくれる可愛い奴だ。   この記事では、そんなトルコリラについて・・・ トルコリラ ...

2

  バイアンドホールド、積立、サヤ取り、リピート・・・ 一言にスワップ運用と言っても色々な手法があるが、具体的にはどんな特徴があって、何を基準に選んだら良いのか。 この記事では、これからスワ ...

3

2018年8月の急落から徐々に回復しつつあるトルコリラだが、『やはり下落は心配なので全力で買うのは怖い・・・』なんて方も多いのではないだろうか。 スワップポイントは確かに魅力だが、それ以上に通貨価値が ...

4

ポーランドズロチという通貨をご存知だろうか。 その名の通りポーランドで流通している通貨で、雑に言うと以下のような特徴がある。 ユーロと非常に良く似た値動き 買いスワップポイントはやや高め ということは ...

5

スワップポイント運用といえば、トルコリラが人気! でもトルコリラよりも前から高金利通貨として各社取り扱いのあった南アランド(南アフリカランド)や、最近くりっく365に上場して注目を集めるメキシコペソも ...

6

高いスワップポイントが魅力の、トルコリラ。 高金利通貨の中でも特に高い政策金利 & スワップポイントが人気のポイント。 せっかく運用するのならば、やはりスワップポイントの高いFX会社で運用をし ...

7

高いスワップポイントが魅力の、南アフリカランド。 トルコリラよりも落ち着いた値動きなのが魅力である。 せっかく運用するのならば、やはりスワップポイントの高いFX会社で運用をしたいところ。   ...

8

高いスワップポイントが魅力の、メキシコペソ。 南アフリカランドよりもちょっとスワップポイントが高く、トルコリラよりも値動きが落ち着いている割といい塩梅なのが人気のポイント。 せっかく運用するのならば、 ...

9

ここまで雑然と記事を並べてしまったので、これからトルコリラを初めようとしている貴方に『これだけは読んでおいて欲しい』このブログのおすすめ記事をまとめた。 トルコリラに限らず、南アランド・メキシコペソと ...

-ニュース・指標

Copyright© もう、社畜しない。 , 2019 All Rights Reserved.