ニュース・指標

クリスマス休暇シーズンは大きな波乱なく無事通過!トルコリラ20円台後半キープ【週刊スワップポイント2018.12.24~12.28】

投稿日:2018年12月30日 更新日:

先週はクリスマス休暇に向けて全体的にリスクオフムード。

トルコリラもその例に漏れず20円台に下落してしまったが、さて今週の『週刊スワップポイント』のトピックスは・・・

  • トルコ:今週も指標は全体的にイマイチ
  • トルコ:最低賃金の上昇で景気後退・失業率上昇懸念
  • シリア:クルド勢力YGPとアサド政権が手を結んで再び問題再燃の予感

ざーっとまとめると

トルコの指標は今週もイマイチ。

最低賃金引上げやクルド・アサド政権の結託など来月以降に警戒しておくべき火種は発生。

とはいえ、クリスマス休暇時期ということもあり動きは限定的

・・・といった感じ

トルコリラズロチのサヤ取りがアツい!

もう、社畜しない。タイアップ用

当ブログ限定でキャッシュバック+3,000円
僕がメイン口座をFXプライム byGMOにした理由

 

トルコ:今週も指標は全体的にイマイチ

12月26日 20:30 トルコ12月景況感

予想95.5に対し、今回91.5(前回92.8)

12月26日 20:30 トルコ12月設備稼働率

予想76.5%に対し、今回74.1%(前回74.1%)

12月26日 16:00 トルコ12月経済信託指数

予想78.0に対し、今回75.2(前回73.7)

  • 景況感:回復予想に反して下落。5ヶ月連続100割れ
  • 設備稼働率:何とか横這いだが予想には届かず。4ヶ月連続の下落
  • 経済信託指数:今週の指標の中で唯一改善。しかし9ヶ月連続100割れと決して良い状態ではない。

・・・とまあ、正直言って良い状態ではない。

通貨安が落ち着いてきたので、そろそろこの辺りも回復に向かって欲しいところだが。

 

トルコ:最低賃金の引き上げで景気後退・失業率上昇懸念

トルコ最低賃金26%引き上げ、インフレを反映 -日本経済新聞 12月26日

トルコ政府は25日、2019年1月に最低賃金を26%引き上げ、月額2020リラ(約4万2000円)に改めると発表した。

トルコ通貨リラ相場は18年夏、同国と米国との政治的な緊張が高まったことで急落。

この影響で輸入品の価格が上昇し、インフレ率は一時25%を超えた。物価高騰を最低賃金の引き上げに反映させた。

だが、景気が減速するなかでの最低賃金の大幅引き上げは、企業の雇用意欲を減退させる可能性もある

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39378960W8A221C1EAF000/

インフレを受け、トルコが最低賃金の引き上げを発表。

一見すると景気刺激になるのだが、これが小売価格に反映されたり雇用に響いたりすると結局更なるインフレ・失業率の悪化を招く懸念もある。

トルコ企業は社債が膨らむなど体力を削られているので、果たしてこれに耐えられるか・・・

 

シリア:クルド勢力YGPとアサド政権が手を結んで再び問題再燃の予感

アサド政権軍がクルド要衝に=対トルコで結束-シリア -AFP BB 2018年12月28日

シリアのアサド政権軍は28日、同国のクルド人勢力の要衝である北部マンビジュに部隊を投入した。ロイター通信が伝えた。トルコがシリアのクルド人支配地域での軍事作戦の準備を進める中、クルド人勢力はこれまで緊張関係にあった政権側と手を組んで対抗する姿勢を鮮明にした。

政権軍は声明で、地域の人々に対する「完全な防衛」を約束。クルド人民兵組織の人民防衛部隊(YPG)は「トルコの脅威に直面する中、シリア政府に、部隊を派遣しマンビジュを保護する」ことを求めたと明らかにした。

YPGは従来、米軍の支援を受け、過激派組織「イスラム国」(IS)との戦いで中心的な役割を果たしてきた。しかし、トランプ米政権は19日、「ISを倒した」と主張してシリアからの軍部隊撤収を発表、YPGは後ろ盾を失った。 一方、YPGをテロ組織とみなすトルコは米国の発表を歓迎。撤収を進める米側と調整の上、数カ月以内にシリア北部で対クルド軍事作戦を始める方針を示している。

http://www.afpbb.com/articles/-/3204512

アメリカ軍の撤退・トルコの攻撃などでこのまま収束に向かうかと思われたシリア問題。

今まで敵対していたYGPなどのクルド人組織とアサド政権が手を結んで対トルコの姿勢を固めた。

昨日の敵は今日の友とも言うが・・・それにしても節操なさすぎないか・・・

 

アサド政権軍の後ろ盾にはロシアがいるので、今度はトルコ・ロシアの関係がどうなるのかも注目が必要である。

 

これらを受けて各通貨の反応

トルコリラ円(TRY/JPY)1時間足

トルコリラ円の動きはほぼドル円の動きに沿っていて、12月25日の夜にあわやドル110円割れというタイミングで一時下落している。

それ以外は薄商いということもあり、ほぼ無風。

21円回復とはならなかったが、大きく崩れなかっただけ御の字である。

 

南アフリカランド円(ZAR/JPY)1時間足

南アフリカランドもまた大きな動きなし。

機関投資家は既に休暇に入っているので、当然といえば当然。

 

メキシコペソ円(MXN/JPY)1時間足

三通貨の中ではメキシコペソが一番動いたか。

とはいえアメリカに地理的にも経済的にも近いのでドル円の動きをモロに受けたという側面が大きい。

 

来週のポイント

トルコは大晦日まで指標があるが、大きく動くことはないだろう。

どちらかというと、薄商いの中トランプ大統領やエルドアン大統領が変な事言わないかが一番の心配事。

 

次いで、シリア問題の行方もチェックしておきたい。

 

12月31日はトレードできるFX会社が多いが、取引時間が普段と違っていることも多いのでご注意を。

正直、来週はトレードしないのが吉だろう。

 

スワップ運用おすすめFX会社!

トルコリラなら:サクソバンク証券

トルコリラなら、スワップポイント爆増中のサクソバンク証券がおすすめ!

  • スワップポイント123.64円(1月平均実績)
  • スプレッド2.9銭(1月平均)
  • 月曜午前3時から取引可能

軒並みハイスペックで、とりあえず抑えておいて間違いないFX会社。

更に、当ブログ限定で口座開設&新規5万通貨以上の取引でキャッシュバック+3,000円!

サクソバンク証券

スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【サクソバンク証券】

 

南アフリカランドなら:FXプライム byGMO!

南アフリカランドは、スワップポイント最高峰のFXプライム byGMOがおすすめ!

  • スワップポイント15.07円(1月平均実績)
  • スプレッド1.0銭

毎月1,2位を争うスワップポイントをキープしており、安定感が強い。

もう、社畜しない。タイアップ用

今、この記事のバナー・リンクから口座開設して翌月末までに新規3万通貨以上の取引をすると限定でキャッシュバックが最大+3,000円になるキャンペーン中!

 

詳細スペック:スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【FXプライム byGMO 選べる外貨】

口座開設はこちら:FXプライムbyGMO

 

メキシコペソなら:セントラル短資FX!

メキシコペソなら、セントラル短資FXがおすすめ!

  • メキシコペソ円スワップポイント平均15.00円/1万通貨!
  • スプレッド0.5銭!

2018年11月からメキシコペソ円の取り扱いを開始し、最高水準のスワップポイント & 最狭スプレッドを提供し続けている!

FXダイレクトプラス

スワップ運用FX会社、特徴・スペック徹底比較!【セントラル短資FX】

 

トルコリラはサヤ取り(アービトラージ)も視野に!

トルコショックもあり、昨今下落が止まらないトルコリラ。

下落への対策として、サヤ取りという手段を検討してみては如何だろうか。

僕はトルコリラ運用の主軸をこちらにシフトしている、

通貨下落リスクなし!スワップポイントサヤ取り(アービトラージ)を徹底解説!

2018年8月の急落から徐々に回復しつつあるトルコリラだが、『やはり下落は心配なので全力で買うのは怖い・・・』なんて方も多いのではないだろうか。 スワップポイントは確かに魅力だが、それ以上に通貨価値が ...

続きを見る

 


おすすめ記事

1

僕が今ゾッコンなトルコリラの『スワップポイント』について話をしたい。 寝てる間に毎月10万円弱をお財布に入れてくれる可愛い奴だ。   この記事では、そんなトルコリラについて・・・ トルコリラ ...

2

  バイアンドホールド、積立、サヤ取り、リピート・・・ 一言にスワップ運用と言っても色々な手法があるが、具体的にはどんな特徴があって、何を基準に選んだら良いのか。 この記事では、これからスワ ...

3

2018年8月の急落から徐々に回復しつつあるトルコリラだが、『やはり下落は心配なので全力で買うのは怖い・・・』なんて方も多いのではないだろうか。 スワップポイントは確かに魅力だが、それ以上に通貨価値が ...

4

ポーランドズロチという通貨をご存知だろうか。 その名の通りポーランドで流通している通貨で、雑に言うと以下のような特徴がある。 ユーロと非常に良く似た値動き 買いスワップポイントはやや高め ということは ...

5

スワップポイント運用といえば、トルコリラが人気! でもトルコリラよりも前から高金利通貨として各社取り扱いのあった南アランド(南アフリカランド)や、最近くりっく365に上場して注目を集めるメキシコペソも ...

6

高いスワップポイントが魅力の、トルコリラ。 高金利通貨の中でも特に高い政策金利 & スワップポイントが人気のポイント。 せっかく運用するのならば、やはりスワップポイントの高いFX会社で運用をし ...

7

高いスワップポイントが魅力の、南アフリカランド。 トルコリラよりも落ち着いた値動きなのが魅力である。 せっかく運用するのならば、やはりスワップポイントの高いFX会社で運用をしたいところ。   ...

8

高いスワップポイントが魅力の、メキシコペソ。 南アフリカランドよりもちょっとスワップポイントが高く、トルコリラよりも値動きが落ち着いている割といい塩梅なのが人気のポイント。 せっかく運用するのならば、 ...

9

ここまで雑然と記事を並べてしまったので、これからトルコリラを初めようとしている貴方に『これだけは読んでおいて欲しい』このブログのおすすめ記事をまとめた。 トルコリラに限らず、南アランド・メキシコペソと ...

-ニュース・指標

Copyright© もう、社畜しない。 , 2019 All Rights Reserved.